「黒笑小説」の感想

黒笑小説
東野 圭吾
黒笑小説 (集英社文庫)

あらすじ
作家・塞川が文学賞を受賞するとは考えていない、もしくは受賞して欲しくないと考えている編集者達と、受賞を心待ちにしている塞川の心の動きを描いたユーモア作品「もうひとつの助走」を初めとする13のユーモア短編集。

-----------------------------------------------------------------

黒笑小説というタイトルどおり、人柄を皮肉にしたいわゆるブラックジョーク?な作品集で、人によって好き嫌いがはっきりする作品かと思います。
話の展開・アイディアがいいだけに、オチがなんかしっくりこないのが多い印象を私は受けました。
クスりと笑えなかったので、私は東野圭吾作品の中ではあまりオススメはしません。

特に「シンデレラ百夜行」という話はシンデレラのお話を東野圭吾風にアレンジしているのでしょうが、内容はそのままシンデレラだし、実際のグリム作品の方がグロテスクでそっちの意味でユーモアたっぷりなので、味が薄く感じられました。
関連記事


--------------------------------------------------------------------------------------

コメントの投稿

非公開コメント

このブログについて
  • 全記事一覧(時間順)
  • このブログについて
  • 私のプロフィール
  • 当ブログで扱っている動画について
  • 記事違いなコメントのお返事

  • カテゴリー
    twitter
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    Amazon
    でたらめな当ブログにぴったりな商品を自動で表示するみたいです。



    月別アーカイブ
    プロフィール

    たづみ

    Author:たづみ
    ・1981年生まれの男
    ・もう少し詳細なプロフィールはこちらで

    最新コメント
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    818位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    会社員・OL
    181位
    アクセスランキングを見る>>