「青の炎」の感想

青の炎
貴志 祐介

あらすじ(裏表紙より)
櫛森秀一は、湘南の高校に通う十七歳。女手一つで家計を担う母と素直で明るい妹との三人暮らし。その平和な家庭の一家団欒を踏みにじる闖入者が現れた。母が十年前、再婚しすぐに別れた男、曾根だった。曾根は秀一の家に居座って傍若無人に振る舞い、母の体のみならず妹にまで手を出そうとしていた。警察も法律も家族の幸せを取り返してはくれないことを知った秀一は決意する。自らの手で曾根を葬り去ることを…。完全犯罪に挑む少年の孤独な戦い。その哀切な心象風景を精妙な筆致で描き上げた、日本ミステリー史に残る感動の名作。

------------------------------------------------------------------

うん。名作。
貴志さんの作品といえば、「クリムゾンの迷宮」というとっても面白い作品(ただし、その昔ゲームブックが好きだった人のみが楽しめる本)がありますが、自分の中ではそれを上回る作品でした。
その昔、チャットで誰かがこの作品を強く薦めていた理由が分かりました。

解説によると倒叙推理小説という分野にあたるそうです。
たしかに、犯罪に挑む少年が主軸の話だからなのですが、それよりも青春小説としての傾向が強いように思います。
ですので、犯罪を犯す主人公への感情移入もしやすく、一気読みが苦痛でない作品でした。

この作品は映画にもなっていて、もちろん現在はDVD化されています。
特別版のほかに、主演の二宮和也エディションと松浦亜弥エディションが存在するみたいです。
青の炎 二宮和也コレクターズエディション [DVD]
青の炎 <松浦亜弥コレクターズエディション> [DVD]
関連記事


--------------------------------------------------------------------------------------

コメントの投稿

非公開コメント

このブログについて
  • 全記事一覧(時間順)
  • このブログについて
  • 私のプロフィール
  • 当ブログで扱っている動画について
  • 記事違いなコメントのお返事

  • カテゴリー
    twitter
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    Amazon
    でたらめな当ブログにぴったりな商品を自動で表示するみたいです。



    月別アーカイブ
    プロフィール

    たづみ

    Author:たづみ
    ・1981年生まれの男
    ・もう少し詳細なプロフィールはこちらで

    最新コメント
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    818位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    会社員・OL
    181位
    アクセスランキングを見る>>