「一分間だけ」の感想

一分間だけ
原田マハ

一分間だけ

あらすじ
リラのために住む場所を変えた、生活を変えた。
それは在宅ワーカーの恋人がいるからできることだった。
仕事が生きがいの藍は、しだいにリラと恋人の存在が疎ましくなっていく。

--------------------------------------------------------------

ペットとの愛情がテーマになっているのか、恋愛がテーマなのか。
この本を起承転結でいうならば、
起・・・あ、この本は主人公と犬のリラのお話なのか?と匂わせる。
承・・・リラを飼うきっかけ、浩介との出会い、藍の職場の状況などの説明。
転・・・浩介との別れ、リラの病気
結・・・浩介にリラの世話を頼む、リラ亡くなる、改めて浩介と別々の道を歩むことにする。
おおざっぱに書くと、こんなストーリーです。
起のところでリラのことがたくさん書いてあるのに、結のほんとに最後の部分は浩介のことですか?
ということで、どっちの比重を大きくテーマにして書いているのか分からかった。

おそらく、表紙に犬の写真があるし、起がリラのほうが中心なのでしょう。
そうなると最後の章が必要ないと思った。
最後の最後でタイトルの一分間だけの意味がわかるのですが、それがリラのことではないのが「あれ?変だな」と感じさせる。
おそらく恋愛小説大好きな人はここが泣きどころの1つなのでしょうけれど、恋愛小説が苦手な私にとっては「なんなのだろう?」と思った。

この作品は小説よりも、ドラマなどの映像化のほうが向いている作品ではないかな。
と思ったら、マンガになっているそうです。
アイのリラ一分間だけ 1 (1) (デザートコミックス)
関連記事


--------------------------------------------------------------------------------------

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしています。
このブログについて
  • 全記事一覧(時間順)
  • このブログについて
  • 私のプロフィール
  • 当ブログで扱っている動画について
  • 記事違いなコメントのお返事

  • カテゴリー
    twitter
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    Amazon
    でたらめな当ブログにぴったりな商品を自動で表示するみたいです。



    月別アーカイブ
    プロフィール

    たづみ

    Author:たづみ
    ・1981年生まれの男
    ・もう少し詳細なプロフィールはこちらで

    最新コメント
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    856位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    会社員・OL
    187位
    アクセスランキングを見る>>