スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------------------------------------------------------------------------------------

「夢の工房」の感想

夢の工房
真保裕一

夢の工房 (講談社文庫)

-----------------------------------------------------------

この本は真保裕一さんがさまざまな雑誌などに寄せたエッセイと1つ書き下ろしの短編小説が収録されています。
エッセイに関しては、いろいろな雑誌に書いているためか似たようなお話がチラホラでてきます。
ですが、それらは作家真保裕一とその作品を楽しむために重要な要素であることは間違いなく、真保裕一ファン、またはこれから読んでみようという人はこの本を手にするとさらに楽しめると思います。

この本を読んで、確かに真保裕一原作の映像作品って少ないことに気づきました。
映画となった「ホワイトアウト」は自身が脚本をしているらしいのですが、ドラマ「奇跡の人」は出版社とテレビ局が勝手に話を進め、作者には金が一銭にもなっていないというのはびっくりなのです。
関連記事


--------------------------------------------------------------------------------------

コメントの投稿

非公開コメント

このブログについて
  • 全記事一覧(時間順)
  • このブログについて
  • 私のプロフィール
  • 当ブログで扱っている動画について
  • 記事違いなコメントのお返事

  • カテゴリー
    twitter
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    Amazon
    でたらめな当ブログにぴったりな商品を自動で表示するみたいです。



    月別アーカイブ
    プロフィール

    たづみ

    Author:たづみ
    ・1981年生まれの男
    ・もう少し詳細なプロフィールはこちらで

    最新コメント
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    1650位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    会社員・OL
    325位
    アクセスランキングを見る>>


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。