「予知夢」の感想

予知夢
東野圭吾

予知夢 (文春文庫)

あらすじ
警視庁に勤める草薙は説明のできない難事件にぶつかると、必ず訪れる場所がある。
それは物理学で助教授をしているかつての友人、「ガリレオ」こと湯川である。
この本は草薙と湯川が遭遇した5つの事件の話。
探偵ガリレオの続編

------------------------------------------------------------

感想は探偵ガリレオと読んだときを参照してください。
ここ最近では、映画「容疑者Xの献身」の上映のため、本屋さんに行くとシリーズ3冊が目立つところに陳列されてますね。
それで、このシリーズが改めて有名なのだと知りました。
テレビ、というより福山雅治おそるべし。

湯川教授の口癖「実におもしろい」はテレビ仕様です。
本ではこの言葉、出てこないですからね。
関連記事


--------------------------------------------------------------------------------------

コメントの投稿

非公開コメント

このブログについて
  • 全記事一覧(時間順)
  • このブログについて
  • 私のプロフィール
  • 当ブログで扱っている動画について
  • 記事違いなコメントのお返事

  • カテゴリー
    twitter
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    Amazon
    でたらめな当ブログにぴったりな商品を自動で表示するみたいです。



    月別アーカイブ
    プロフィール

    たづみ

    Author:たづみ
    ・1981年生まれの男
    ・もう少し詳細なプロフィールはこちらで

    最新コメント
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    818位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    会社員・OL
    181位
    アクセスランキングを見る>>