「熱球」の感想

熱球
重松 清

熱球 (徳間文庫)

あらすじ(裏表紙より)
20年前、町中が甲子園の夢に燃えていた。夢が壊れたとき捨てたはずの故郷に戻った悲運のエースは38歳、目下失業中。父と、小学5年の娘と3人の同居生活がはじまった。留学中の妻はメール家族。とまどう日々で見つけたあふれる思いとは? 。

------------------------------------------------------------

私は高校生のとき、部活動をしていなかったので、高校野球などを扱う作品を読むと「部活やってれば良かった」と考えてしまうことがあります。
当時、私はバイトをずっとしてまして、高校1・2年はバイトの思い出がほとんど、そして当時一緒に働いていた人とは、1人しか連絡は取れません、しかもその人はもう結婚して子供が2人いる主婦の方だから、遊んだり食事する機会は皆無です。
ですので、部活の青春って羨ましいなって思ってしまうのです。


ネタバレを書いてしまいますが、熱球では不祥事により県大会予選決勝を辞退してしまいます。
ここ数年でも暴力とか飲酒で有名校が甲子園を辞退するなんてニュースがありましたが、ニュースにならなかった分を含めると、試合に出られずに涙した人々は結構多いのかもしれません。

というわけで名言
手を伸ばせば届くところまで来ていた甲子園は、はるか彼方に遠ざかって、消えた。試合をして負けたのなら、悔しさはあってもあきらめはつく。だが、僕たちには負ける権利さえ与えられなかった。悔しさを噛みしめられるのは幸せなことだと思い知らされた。
関連記事


--------------------------------------------------------------------------------------

コメントの投稿

非公開コメント

このブログについて
  • 全記事一覧(時間順)
  • このブログについて
  • 私のプロフィール
  • 当ブログで扱っている動画について
  • 記事違いなコメントのお返事

  • カテゴリー
    twitter
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    Amazon
    でたらめな当ブログにぴったりな商品を自動で表示するみたいです。



    月別アーカイブ
    プロフィール

    たづみ

    Author:たづみ
    ・1981年生まれの男
    ・もう少し詳細なプロフィールはこちらで

    最新コメント
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    828位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    会社員・OL
    183位
    アクセスランキングを見る>>