スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------------------------------------------------------------------------------------

「密告」の感想

密告
真保裕一

密告 (講談社文庫)


あらすじ
萱野はかつてのライバル、現在は上司である八木沢にある日、ありもないことで怒られる。
警察に身を置く立場であるにもかかわらず接待をしていたという密告があり、その密告者とされた。
自らの汚名を晴らすため、独自に真犯人を探すうちに警察内部の闇が見えてきて・・・。


---------------------------------------

お話は萱野の一人称、「わたし」視点。
密告者扱いされて困る主人公が真犯人を探す。
その背景には8年前の出来事はゆるぎない事実ではあるが、
今回の事件に関して好きな女性に疑いの眼を向けられたため。
彼女の振り向いてもらうために公務や、
事故の被害者に強引に話を聞き出すわけですが、
警察の枠を大きく飛び越えてまで操作をするほど、
女性の魅力が小説内に出てこないので、
動機がちょっと薄すぎないかな?

それと、過去が過去なだけに、ミステリーとはいえ暗い印象があります。
それは、主人公もヒロインもすべてが魅力にかけるため、感情移入する場所がないからだと思います。
関連記事


--------------------------------------------------------------------------------------

コメントの投稿

非公開コメント

このブログについて
  • 全記事一覧(時間順)
  • このブログについて
  • 私のプロフィール
  • 当ブログで扱っている動画について
  • 記事違いなコメントのお返事

  • カテゴリー
    twitter
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    Amazon
    でたらめな当ブログにぴったりな商品を自動で表示するみたいです。



    月別アーカイブ
    プロフィール

    たづみ

    Author:たづみ
    ・1981年生まれの男
    ・もう少し詳細なプロフィールはこちらで

    最新コメント
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    1032位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    会社員・OL
    212位
    アクセスランキングを見る>>


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。