pentaho data integration を使ってSalesforceのデータを抽出したり更新したりする話5(upsert)

前回のupdateしてみるからの続き。

★外部IDを使って登録・更新をしてみる場合。

まず、取引先に外部IDのカスタム項目を定義します。

2015-08-31_pentaho49.jpg

次に、Excelに外部IDの列を入れます。
2015-08-31_pentaho48.jpg

Pentahoのデータ変換では、
Excel入力から、Salesforce挿入/更新へ線をつなぎます。
successとエラーはinserやupdateと同様です。

2015-08-31_pentaho47.jpg

肝心のマッピングです。
「比較フィールド更新」に外部IDとなる項目を指定します。
そして、マッピング編集で外部IDの項目とExcelの項目をしっかりマッピングします。
「外部IDを使用」は"N"にしておきます。

2015-08-31_pentaho46.jpg

これで実行すると、既存のデータに対して登録・更新ができます。


SalesforceIDを使って登録・更新してみる場合。
も同じようにできるようです。
ただし、マッピングにIDを入れてありExcelのID列が空文字の場合、登録ではなくエラーとなってしまいます。
そのため、正直IDでは使いづらい。


挿入/更新の注意点としては、登録だったのか更新だったのか?をsuccessのExcelからは判断できそうにありません。
どうしても判断が必要な場合は挿入・更新前にデータをSelectし、データが存在するかどうか判断してからの分岐を行う必要がありそうです。
関連記事


--------------------------------------------------------------------------------------

コメントの投稿

非公開コメント

このブログについて
  • 全記事一覧(時間順)
  • このブログについて
  • 私のプロフィール
  • 当ブログで扱っている動画について
  • 記事違いなコメントのお返事

  • カテゴリー
    twitter
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    Amazon
    でたらめな当ブログにぴったりな商品を自動で表示するみたいです。



    月別アーカイブ
    プロフィール

    たづみ

    Author:たづみ
    ・1981年生まれの男
    ・もう少し詳細なプロフィールはこちらで

    最新コメント
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    770位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    会社員・OL
    169位
    アクセスランキングを見る>>