スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------------------------------------------------------------------------------------

pentaho data integration を使ってSalesforceのデータを抽出したり更新したりする話(導入)

暇を見つけたときに更新・追記していきます。。。


Salesforceのデータローダを使って、データの移行をしたりする場面が多々あります。
そのたびに、Excelを操作して日付型はyyyy-MM-ddにしたりとか、参照関係を結ぶのにSalesforceIDが必要になって、全データをExportしてからVLOOKUPして・・・最後にCSVに変換してっと。
などやっていたりすると、データ量が半端なく多くなってきたとき、Excelの数式処理が遅くなって時には止まっちゃうときもあったりで不満がたまったり。

そんなわけで、データローダに代わるものでデータ移行できないか?と模索してPentahoでやってみようと社内で提案があったので、ちょっと触ってみました。
もっと効率のいい方法があるとは思いますが、とりあえずやってみた方法について、これから簡易に記述していきます。

なお、当方の使用環境は、win7Proです。

★まずはダウンロードする。

Pentahoのコミュニティサイトでdata-integrationのページを開き、Data Integrationをダウンロードします。
URL:http://community.pentaho.com/projects/data-integration/
この記事を書いているときのダウンロードしたファイルはpdi-ce-5.4.0.1-130.zipでした。

2015-08-26_pentaho01.jpg

★spoonを起動してみる。

ダウンロードしたらzipを解凍。
data-integration/spoon.batを起動します。

2015-08-26_pentaho02.jpg


リポジトリうんぬん聞かれますが、とりあえずキャンセルしときます。
そうすると、ようこそ画面が表示されます。

2015-08-26_pentaho03.jpg

2015-08-26_pentaho04.jpg


次回、Selectしてみるに続く
関連記事


--------------------------------------------------------------------------------------

コメントの投稿

非公開コメント

このブログについて
  • 全記事一覧(時間順)
  • このブログについて
  • 私のプロフィール
  • 当ブログで扱っている動画について
  • 記事違いなコメントのお返事

  • カテゴリー
    twitter
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    Amazon
    でたらめな当ブログにぴったりな商品を自動で表示するみたいです。



    月別アーカイブ
    プロフィール

    たづみ

    Author:たづみ
    ・1981年生まれの男
    ・もう少し詳細なプロフィールはこちらで

    最新コメント
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    1043位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    会社員・OL
    217位
    アクセスランキングを見る>>


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。