「ダイイング・アイ」の感想

ダイイング・アイ
東野圭吾

ダイイング・アイ (光文社文庫 ひ 6-11)


あらすじ
誰もが少しずつ嘘をつき、
誰かを陥れようとしている。

記憶を一部喪失した雨村慎介は、自分が交通事故を起こした過去を知らされる。
なぜ、そんな重要なことを忘れてしまったのだろう。
事故の状況を調べる慎介だが、以前の自分が何を考えて行動していたのか、思い出せない。
しかも、関係者が徐々に怪しい動きを見せ始める……。

俺をみつめるマネキンの眼。
そいつは、確かに生きていた。

-----------------------------------------------------------------------------------

交通事故といえば・・・。
小説やドラマではありふれた内容のように思うけど、そこの部分を記憶喪失にすることによってミステリ仕立てになりました。

あとはいつもの東野圭吾テイストって感じです。
奇を狙ったものではないように思うので、ベタな感じが好きなら☆4つ。
そうでないなら☆2つといった感じでしょうか?
関連記事


--------------------------------------------------------------------------------------

コメントの投稿

非公開コメント

このブログについて
  • 全記事一覧(時間順)
  • このブログについて
  • 私のプロフィール
  • 当ブログで扱っている動画について
  • 記事違いなコメントのお返事

  • カテゴリー
    twitter
    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    Amazon
    でたらめな当ブログにぴったりな商品を自動で表示するみたいです。



    月別アーカイブ
    プロフィール

    たづみ

    Author:たづみ
    ・1981年生まれの男
    ・もう少し詳細なプロフィールはこちらで

    最新コメント
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    1077位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    会社員・OL
    223位
    アクセスランキングを見る>>