「ある閉ざされた雪の山荘で」の感想

ある閉ざされた雪の山荘で
東野圭吾

ある閉ざされた雪の山荘で (講談社文庫)

あらすじ
早春の乗鞍高原のペンションに集まったのは、オーディションに合格した若き男女七名。これから雪に閉ざされ孤立した山荘での殺人劇が始まる。一人また一人と消えていく現実は芝居なのか。一度限りの大技が読者を直撃

--------------------------------------------------------------------------------------

ある閉ざされた山荘っていうのはありふれた設定ですが、殺人事件は現実なのか?芝居なのか?という流れになっていくところは面白いですね。

だけど、一回も死体が登場していないのに、本当に殺人事件が起こったと考える登場人物が出てくるのは違和感を感じました。
ちょっとムリがあるのではないかと。


全体を通した視点と、登場人物からの視点の二つの文章が交互に登場していくのですが、それは最後まで読んだ後に読み返すと、全体を通した視点で語られるのはとある一部でしかない理由が分かりました。
そこはすばらしいトリックかと思います。
関連記事


--------------------------------------------------------------------------------------

コメントの投稿

非公開コメント

このブログについて
  • 全記事一覧(時間順)
  • このブログについて
  • 私のプロフィール
  • 当ブログで扱っている動画について
  • 記事違いなコメントのお返事

  • カテゴリー
    twitter
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    Amazon
    でたらめな当ブログにぴったりな商品を自動で表示するみたいです。



    月別アーカイブ
    プロフィール

    たづみ

    Author:たづみ
    ・1981年生まれの男
    ・もう少し詳細なプロフィールはこちらで

    最新コメント
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    770位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    会社員・OL
    169位
    アクセスランキングを見る>>