「フィッシュストーリー」の感想

フィッシュストーリー
伊坂 幸太郎

フィッシュストーリー (新潮文庫)

あらすじ(裏表紙より)
最後のレコーディングに臨んだ、売れないロックバンド。「いい曲なんだよ。届けよ、誰かに」テープに記録された言葉は、未来に届いて世界を救う。時空をまたいでリンクした出来事が、胸のすくエンディングへと一閃に向かう瞠目の表題作ほか、伊坂ワールドの人気者・黒澤が大活躍の「サクリファイス」「ポテチ」など、変幻自在の筆致で繰り出される中篇四連打。爽快感溢れる作品集

-------------------------------------------------------------------------------------------------

ラッシュライフで登場した黒澤が主役として登場する「サクリファイス」。
「ポテチ」では黒澤は脇役として登場するけれど、万有引力を発見した今村と共においしく調理されています。

この作品は、タイトルでもある「フィッシュストーリー」がいいですね。
ちょっとしたことが過去から未来へとリンクしているっていう、まあありふれたお話といえばお話なのかもしれません。
でもテンポよく、あ、なるほど。っという感じで絶妙にリンクしているのですっきりします。


映画にもなっているそうですね、小説のページ数だと100ページもないのだけれど、どのように映像を撮ったのだろう?
見ないけど。

フィッシュストーリー [DVD]
関連記事


--------------------------------------------------------------------------------------

コメントの投稿

非公開コメント

このブログについて
  • 全記事一覧(時間順)
  • このブログについて
  • 私のプロフィール
  • 当ブログで扱っている動画について
  • 記事違いなコメントのお返事

  • カテゴリー
    twitter
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    Amazon
    でたらめな当ブログにぴったりな商品を自動で表示するみたいです。



    月別アーカイブ
    プロフィール

    たづみ

    Author:たづみ
    ・1981年生まれの男
    ・もう少し詳細なプロフィールはこちらで

    最新コメント
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    831位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    会社員・OL
    176位
    アクセスランキングを見る>>