「終末のフール」の感想

終末のフール
伊坂 幸太郎

終末のフール (集英社文庫)

あらすじ(裏表紙より)
八年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡する。そう予告されてから五年が過ぎた頃。当初は絶望からパニックに陥った世界も、いまや平穏な小康状態にある。仙台北部の団地「ヒルズタウン」の住民たちも同様だった。彼らは余命三年という時間の中で人生を見つめ直す。家族の再生、新しい生命への希望、過去の恩讐。はたして終末を前にした人間にとっての幸福とは?今日を生きることの意味を知る物語。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

今まで読んだ伊坂さんの作品ってちょっとしたミステリな作品だったので、純情物は意外でした。
設定はあと8年後に小惑星が衝突して地球滅亡すると予告されて5年が過ぎた日本の仙台が舞台。
短編集なのですが、残り3年をそれぞれの短編の登場人物はどのように考え過ごすのかというお話。


3年後に地球滅亡っていう設定を除けば、なんといいますか重松清さんのニュータウン系に通じる感じもします。
ほのぼのとした、優しい気持ちになれる作品。
ただ、ものすごく面白いか?といわれるとそうでもないので、伊坂幸太郎が大好きですという人にオススメですかね。
関連記事


--------------------------------------------------------------------------------------

コメントの投稿

非公開コメント

このブログについて
  • 全記事一覧(時間順)
  • このブログについて
  • 私のプロフィール
  • 当ブログで扱っている動画について
  • 記事違いなコメントのお返事

  • カテゴリー
    twitter
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    Amazon
    でたらめな当ブログにぴったりな商品を自動で表示するみたいです。



    月別アーカイブ
    プロフィール

    たづみ

    Author:たづみ
    ・1981年生まれの男
    ・もう少し詳細なプロフィールはこちらで

    最新コメント
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    770位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    会社員・OL
    169位
    アクセスランキングを見る>>