「劇場の神様」の感想

劇場の神様
原田 宗典

劇場の神様

-----------------------------------------------------------------------------------------

以前に書いたかもしれませんが、私が学生だったとき、おそらく2004年くらいの頃、原田宗典さんの出版している文庫本をほぼすべて集めました。
ですので大体の作品は読んでいると思うのですが、劇場の神様は当時文庫本になっていなかったのでノーチェックでした。


エッセイのイメージが強い原田さんですが、このお話は4編の小説で、そのうちの1編が劇場の神様というお話。
その他3編とはまったく話がリンクしてなく、純粋な短編小説。
原田宗典さんのその他の短編作品「しょうがない人」や「優しくって少しばか」のような、ありふれた日常を描いた作品だったり、ちょっと人の心の暗い部分を表現した作品集といった感じですね。


ですが、表題の劇場の神様はちょっと毛色が違うような気がしました。
原田さんのエッセイで何度か演劇の脚本を書いたことや、演劇のすばらしさを語っていることから思い入れも強いのでしょうね。
舞台の様子がありありとイメージさせながらも、主人公の揺れる心が感じ取れる面白い作品になっていました。
関連記事


--------------------------------------------------------------------------------------

コメントの投稿

非公開コメント

このブログについて
  • 全記事一覧(時間順)
  • このブログについて
  • 私のプロフィール
  • 当ブログで扱っている動画について
  • 記事違いなコメントのお返事

  • カテゴリー
    twitter
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    Amazon
    でたらめな当ブログにぴったりな商品を自動で表示するみたいです。



    月別アーカイブ
    プロフィール

    たづみ

    Author:たづみ
    ・1981年生まれの男
    ・もう少し詳細なプロフィールはこちらで

    最新コメント
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    828位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    会社員・OL
    183位
    アクセスランキングを見る>>