「死神の精度」の感想

死神の精度
伊坂 幸太郎

死神の精度 (文春文庫)

あらすじ(裏表紙より)
CDショップに入りびたり、苗字が町や市の名前であり、受け答えが微妙にずれていて、素手で他人に触ろうとしない―そんな人物が身近に現れたら、死神かもしれません。一週間の調査ののち、対象者の死に可否の判断をくだし、翌八日目に死は実行される。クールでどこか奇妙な死神・千葉が出会う六つの人生。

---------------------------------------------------------------------------------------------

伊坂幸太郎さんの作品を読むのは久しぶりな気がします。
検索してみたら2009年3月にアヒルと鴨のコインロッカーを読んだとき以来ですか・・・。

伊坂幸太郎さんの作品は面白くオススメって、チャットでもテレビでもよく聞きます。
だから、古本屋さんでたまたま105円で売っているのを見つけたので手にしました。


あらすじにあるように受け答えが微妙にずれているところ、および死神のルールによるどんでん返しが面白い仕上がりになっています。
6つの短編ですが、千葉が過去を振り返るところシーンで、前にでてきたお話の登場人物が関わってきたりするところなど、1冊の本として伏線が貼られていたりします。



そういえば、この本で藤木一恵という登場人物が出てくるのですが、それって小西真奈美がCD出したときの芸名でしたよね。
Sunny Day(初回生産限定盤)(DVD付)
藤木一恵 小西真奈美
DefSTAR RECORDS (2008-03-19)
売り上げランキング: 79077


死神の精度が映画になったときのものだということを、初めて知りました。
関連記事


--------------------------------------------------------------------------------------

コメントの投稿

非公開コメント

このブログについて
  • 全記事一覧(時間順)
  • このブログについて
  • 私のプロフィール
  • 当ブログで扱っている動画について
  • 記事違いなコメントのお返事

  • カテゴリー
    twitter
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    Amazon
    でたらめな当ブログにぴったりな商品を自動で表示するみたいです。



    月別アーカイブ
    プロフィール

    たづみ

    Author:たづみ
    ・1981年生まれの男
    ・もう少し詳細なプロフィールはこちらで

    最新コメント
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    1109位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    会社員・OL
    236位
    アクセスランキングを見る>>