スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------------------------------------------------------------------------------------

「カンナ 戸隠の殺皆」の感想

カンナ 戸隠の殺皆
高田 崇史

カンナ 戸隠の殺皆 (講談社ノベルス)

あらすじ(裏表紙より)
諒司が残した言葉をたよりに甲斐は貴湖らと長野・戸隠にある隠岩戸宮を訪れ、宮司たちの世話になる。片や甲斐の婚約者・聡美の祖父である鍬次郎も密かに社伝の行方を追わせていた。甲斐は何者かに襲われて突然姿を消した宮司らを捜すうち、天照大神の天岩戸伝説にかかわる重大な瑕疵に思い至り、虚実を暴く。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

前作・今作と甲斐が出かけるたびに騒動に巻き込まれていく理由がだんだんと分かってきましたね。

今回は長野が舞台。
長野といえば、QED 諏訪の神霊の舞台であり、甲斐のお兄さんである??翔一が容疑者として登場した話でした。
だから、もしかしたらその辺りつながりがでてくるのかなぁ?なんて読んだのですが、まったくなかったのが残念です。
関連記事


--------------------------------------------------------------------------------------

コメントの投稿

非公開コメント

このブログについて
  • 全記事一覧(時間順)
  • このブログについて
  • 私のプロフィール
  • 当ブログで扱っている動画について
  • 記事違いなコメントのお返事

  • カテゴリー
    twitter
    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    Amazon
    でたらめな当ブログにぴったりな商品を自動で表示するみたいです。



    月別アーカイブ
    プロフィール

    たづみ

    Author:たづみ
    ・1981年生まれの男
    ・もう少し詳細なプロフィールはこちらで

    最新コメント
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    920位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    会社員・OL
    188位
    アクセスランキングを見る>>


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。