「流星の絆」の感想

流星の絆
東野圭吾

流星の絆

あらすじ(bookデータベースより)
惨殺された両親の仇討ちを流星に誓いあった三兄妹。「兄貴、妹は本気だよ。俺たちの仇の息子に惚れてるよ」14年後―彼らが仕掛けた復讐計画の最大の誤算は、妹の恋心だった。

------------------------------------------------------------------------------------

久しぶりに小説を読んでちょこっと泣いてしまいました。
仕事のお昼休みの時間に最後を読み終えて涙を出しちゃいましたし、鼻血が出ちゃうしで困ってしまいました。

さて、読んでて思ったのはゲームの名は誘拐のテンポと同じような感じっていう感想でした。
内容も結末への展開も違うものですが、そう感じました。
だから、ゲームの名は誘拐が好きなら楽しめるかと思います。


東野圭吾作品をいくつか読んでいないと分からないネタがちょこっと入っていて、東野圭吾さんの作品には珍しく遊び心がある作品でもあるかと思います。
関連記事


--------------------------------------------------------------------------------------

コメントの投稿

非公開コメント

このブログについて
  • 全記事一覧(時間順)
  • このブログについて
  • 私のプロフィール
  • 当ブログで扱っている動画について
  • 記事違いなコメントのお返事

  • カテゴリー
    twitter
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    Amazon
    でたらめな当ブログにぴったりな商品を自動で表示するみたいです。



    月別アーカイブ
    プロフィール

    たづみ

    Author:たづみ
    ・1981年生まれの男
    ・もう少し詳細なプロフィールはこちらで

    最新コメント
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    1333位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    会社員・OL
    260位
    アクセスランキングを見る>>