「交換殺人には向かない夜」の感想

交換殺人には向かない夜
東川 篤哉

交換殺人には向かない夜 (カッパノベルス)

あらすじ(裏表紙より)
浮気調査を依頼され、使用人を装って山奥の邸に潜入した私立探偵・鵜飼杜夫。ガールフレンドに誘われ、彼女の友人が持つ山荘を訪れた探偵の弟子・戸村流平。寂れた商店街の通りで起こった女性の刺殺事件の捜査をおこなう刑事たち。別々の場所で、全く無関係に夜を過ごしているはずだった彼らの周囲で、交換殺人はいかにして実行されようとしていたのか?飄々と、切れ味鋭い傑作本格推理。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

「ミステリーが好きなら東川篤哉さんの本はオススメだよ」
と勧められました。
wikipediaで調べてみると確かに面白そうなタイトルだなぁと思って、本を手にしました。

裏表紙には書かれていなかったけれど、「交換殺人には向かない夜」に出てくる登場人物は他作品にでも出ているのかな?「以前は~」みたいな内容があったので、シリーズ物なのかと思いました。。。


さて、内容は表紙の小便小僧が出ていることから分かるとおり、全編通してかなりコミカルなテイストで書かれています。
でも、結末は「あ、なるほど。そういうことだったのか」と唸らせるトリックが入っています。


推理小説といえば、探偵役が犯人に気付くというようなものが多いと思いますが、この作品はちょっと違っていました。そこがちょっと新鮮で面白かったです。

うん。しばらく自分の中で東川篤哉ブームになりそうです。
関連記事


--------------------------------------------------------------------------------------

コメントの投稿

非公開コメント

このブログについて
  • 全記事一覧(時間順)
  • このブログについて
  • 私のプロフィール
  • 当ブログで扱っている動画について
  • 記事違いなコメントのお返事

  • カテゴリー
    twitter
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    Amazon
    でたらめな当ブログにぴったりな商品を自動で表示するみたいです。



    月別アーカイブ
    プロフィール

    たづみ

    Author:たづみ
    ・1981年生まれの男
    ・もう少し詳細なプロフィールはこちらで

    最新コメント
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    1525位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    会社員・OL
    313位
    アクセスランキングを見る>>