「亡国のイージス」の感想

亡国のイージス
福井 晴敏

亡国のイージス 上 (講談社文庫)

あらすじ(裏表紙より)
在日米軍基地で発生した未曾有(みぞう)の惨事。最新のシステム護衛艦《いそかぜ》は、真相をめぐる国家間の策謀にまきこまれ暴走を始める。交わるはずのない男たちの人生が交錯し、ついに守るべき国の形を見失った《楯(イージス)》が、日本にもたらす恐怖とは。
日本推理作家協会賞を含む三賞を受賞した長編海洋冒険小説の傑作。


------------------------------------------------------------------------------------------

文庫本は上下巻で1000ページ超えの大作です。
福井晴敏さんの作品は長篇物が多いですね。
その代わり、作品数は少ないので、あとちょっとで全作品制覇することになりそうです。

船の上での事件なのに、何故こんなにもドラマがあるのだろう。
序盤の人物設定が後々重要となるしっかりとした伏線が描かれていて、上巻の後半辺りから下巻の最後までハラハラドキドキの展開が続き、「どうなっちゃうの?」って思いでひたすらページをめくり続けました。

お話の時間軸としてはTwelve Y.O.の続きということになるのでしょうか?
物語に何度もそれをうかがわせる事件が記述されていますので、まずはtwelve Y.Oを読んでから手を出すといいかも。

そういえば登場人物の「如月」って名前は6ステインにも出てきましたね。
世界観がリンクしているのかな?


この作品は映画にもなっているようなのです。
このボリュームは120分には収まるわけなく、原作ファンにはがっかりする内容そうな気がぷんぷんするので、映画は見ませんが。

亡国のイージス [DVD]

関連記事


--------------------------------------------------------------------------------------

コメントの投稿

非公開コメント

このブログについて
  • 全記事一覧(時間順)
  • このブログについて
  • 私のプロフィール
  • 当ブログで扱っている動画について
  • 記事違いなコメントのお返事

  • カテゴリー
    twitter
    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    Amazon
    でたらめな当ブログにぴったりな商品を自動で表示するみたいです。



    月別アーカイブ
    プロフィール

    たづみ

    Author:たづみ
    ・1981年生まれの男
    ・もう少し詳細なプロフィールはこちらで

    最新コメント
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    1300位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    会社員・OL
    251位
    アクセスランキングを見る>>