スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------------------------------------------------------------------------------------

「カンナ 天草の神兵」の感想

カンナ 天草の神兵
高田 崇史

カンナ 天草の神兵 (講談社ノベルス)

あらすじ(裏表紙より)
伊賀忍者の末裔で出賀茂神社の跡取りである甲斐は、日本史の常識を覆す重要な社伝を持ち去った諒司を捜して、東大生巫女の貴湖たちと九州・天草へ向かう。だが鍵を握るシスターは、何者かに殺されてしまった。事件の真相を追うなか、命の危機に直面した甲斐は、一揆軍を率いた“神の子”天草四郎の謎解きに挑む。

------------------------------------------------------------------------------------------

1月10日頃読みました。

カンナシリーズの2冊目。
今回は天草四郎のお話。

天草四郎は歴史の教科書に載っている人物で江戸時代の初期に、15、16歳くらいの年齢であるにもかかわらずキリシタンの起こした乱のリーダーとして活動した人物と習いました。
15歳ほどの少年が35,000人?程の人物を束ねるリーダーとして活動できたのは何故なのか不思議なのですが、それは当時の社会では当たり前なのかもしれないし、祀り上げられたのかもしれない。
実際のところどうなんでしょうね?


本では天草四郎は姉が二人、妹一人であるため長男なのですが、名前はなぜ「四郎」なのかという疑問と高田さんなりの答えが書いてあります。
そのお答えはちょっと強引な感じがしますが、まあ納得。
関連記事


--------------------------------------------------------------------------------------

コメントの投稿

非公開コメント

このブログについて
  • 全記事一覧(時間順)
  • このブログについて
  • 私のプロフィール
  • 当ブログで扱っている動画について
  • 記事違いなコメントのお返事

  • カテゴリー
    twitter
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    Amazon
    でたらめな当ブログにぴったりな商品を自動で表示するみたいです。



    月別アーカイブ
    プロフィール

    たづみ

    Author:たづみ
    ・1981年生まれの男
    ・もう少し詳細なプロフィールはこちらで

    最新コメント
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    985位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    会社員・OL
    203位
    アクセスランキングを見る>>


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。