「6ステイン」の感想

6ステイン
福井 晴敏

6ステイン (講談社文庫)

あらすじ(裏表紙より)
愛する男を待ち続ける女、隠居した天才的スリ、タクシー運転手として働きながら機が満ちるのを待った工作員。心に傷を持ちながら、独り誇りを抱き続けた者たちの消せない染み。あきらめることを知らない6つの魂が、薄明の世界に鮮烈な軌跡を刻む。著者が織り成す切なく熱い人間讃歌、人生を戦うすべての者へ。

--------------------------------------------------------------------------------------------

読んだのは2010年末で、感想を書くのをすっかり忘れていました。
それで、内容も・・・すっかり忘れているところがあります。

福井晴敏さんの書いた6つの短編の物語。
とはいえ、「媽媽(マーマー)」と「断ち切る」はお話がつながっているところがありますが・・・。

以前読んだTwelve Y.O.と合わせて思うに、自衛隊とかスパイといったハードボイルドな作品を書くのが福井さんは好きなのでしょうか?
まだ読んだことないけれど映画になった亡国のイージスもその手の作品だと聞いています。

私の中で6ステインのなかで一番良かったのは「920を待ちながら」ですね。
しっかりストーリーを追っていかないと、話が??となるところがありますが、ストーリー・感情・思惑が子とがっていくところが面白かったです。
関連記事


--------------------------------------------------------------------------------------

コメントの投稿

非公開コメント

このブログについて
  • 全記事一覧(時間順)
  • このブログについて
  • 私のプロフィール
  • 当ブログで扱っている動画について
  • 記事違いなコメントのお返事

  • カテゴリー
    twitter
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    Amazon
    でたらめな当ブログにぴったりな商品を自動で表示するみたいです。



    月別アーカイブ
    プロフィール

    たづみ

    Author:たづみ
    ・1981年生まれの男
    ・もう少し詳細なプロフィールはこちらで

    最新コメント
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    1109位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    会社員・OL
    236位
    アクセスランキングを見る>>