自転車ででかけよう part1

2月6日


自転車で、埼玉を脱出して、箱根を超えたいな。って思ってます。

なんだ。たいしたことないじゃん。
って思うかもしれませんけど、これは、最低でも・・・ということで、行けるところまで南のほうにいきたいなって思ってます。

ほんとにできたら鹿児島の実家までですか?

そこで・・・。

ま~どんくらいつづくのかほんとにわかりませんが、最低でも一週間は更新お休みすることになります。

途中の居場所なんですが、ケータイでBBSに書き込みする。
もしくはこのページを知ってる友人、おんちゃんにメールを送って、掲示板に書き込んでもらうなどして、一日一回居場所の報告でもしようと思ってます。

勝手に名前出してすまんね、おんちゃん→  q(o_n)p 

続き、訂正はまた今度。


--------------------------------------------------------------
 

2月12日~~
掲示板

tyari.jpg

愛車のThe4号。26型だったと思う。

The4号データ・・・。
オプション・・・荷台(1500円ほど)、ビックリマンのシール。
2000年4月購入。
パンク0回。
変速3段機能はありません。


こんな顔の人がですね、(その顔写真を無くしてしまいました2005年10月現在)
tyari2.jpg

こんなバッグを背負って、愛車で走ってます。


走るルートは国道17号のここから東京方面へ。
その後、国道1号で、箱根を越えて・・・。そのままどこか行く予定です。

目標1・・・箱根をこえる。
目標2・・・あとはてきとー。

持ち物・・・
空気入れ、パンク修理道具、地図、コンパス、寝袋、下着、カッパ、折り畳み傘、ドライバーセット、メガネ、デジカメ、ケータイ、充電器、現金、郵便局のカード。だったかな?


それでですね、泊めてもいいよっていう、心やさしい方、ケータイへメールほちい。
tazu.yukko@t3.ezweb.ne.jp→今はつながりません(5月2日現在)

居場所はケータイを利用しておんちゃんにメールを送ります。
おんちゃんが暇なとき、掲示板に報告してくれるだろうと。
勝手に名指しして、勝手に頼んでます。よろしく。おんちゃん→ q(o_n)p


--------------------------------------------------------------------------------

 

2002年3月6日



とりあえず・・・3月6日16時、埼玉に帰ってきました。

まぁ、これから、自転車で旅したことを書いていこうと思うのですが、結論を先に言わせてもらいます。

電波少年はやらせじゃなければ、本気でRマニア、及び鮒子さんを尊敬します。



--------------------------------------------------------------------------------



2002年3月10日

自転車で走っていたときの日記を・・・。
素の日記なので、まったくおもしろくないんですけど。
-------------------
以下当時の日記

2月12日16:46

「長い休みがとれたらどうするの?」
「~ん~、そうですね。自転車でたびしたいですね。」
なんて言ったのがバカだった。
心にもないことをしゃべってしまったため、今更訂正できるはずがない。
・・・・っで、ほんとに旅することになってしまいました。



朝9:00.母に起こされごはんを食べる。
心配性の母を説得するのはほんとに大変だった。

結局
○1 一日一回電話をかけること
○2 野宿はしない

という約束で、OKがでる。
そんなわけで、何か言われては「はい、はい」と受け流して9:30、昨日書いたTOPをupして、9:50出発。


ちょっと大学の友人、まっちーに用事があるため、TOPで、マピオンにリンクした国道17号をはじめから行かずに県道57を利用して大学方面へ、・・・・。
気持ちよくスタートしたのはいいんだけど、普段自転車に乗らないから、上尾市脱出まえにもうふとももが疲れ始める。。。。。。いいのか?おれ?
ペースダウンしながらも一生懸命こいでこいで・・・・・

がシャン・・・

・・・チェーンがはずれる・・・。早いよ。

30分くらいしかこいでないのに・・・・。さいさき不安・・・。
まーその後は何のトラブルもなく、まっちーの家のよーかいポストに例のブツを入れ、国道17号へ。
すぐに東京24kmの文字・・・。あ~遠いね。
チェーンが外れないようにのんびりしたペースでただひたすら17号を走る。
さいたま→戸田→川口→荒川越えて板橋区。東京都進入。
だいたい11:00ぐらいだったかな?
そのあとも17号をただひたすら走っていたんだけどハプニング。


途中トンネルがあって、自転車進入不可・・・。
しょーがないから回り道して大通りでたんだけど・・・
それは17号じゃなかった。ガビーン。
しかもそれに気づかずに30分以上走ってるし。
おかげで今現在の位置が不明になる。
どーすればいいんだ。
地図は関東全域一枚25万分の1縮尺のため、細かいところがわからない・・・。

・・・

コンパスを利用してとにかく南西へ・・・。それしか方法はないと判断。
小さな小道でもいいからとにかく南西へ・・・。
「私有地だから入らないでください」・・そんなもん気にせずGO!・・・・行き止まりだった。


どーにかして国道254号へ。
これで東京は日本橋に行けるよ~。
と思っていたら、自転車の通ることにできない交差点へ。
歩道橋を渡って反対車線に行って小道に入る。
もう254へ行くことができないと判断。
コンパスを利用してひたすら南へ。
山手通りを走ったあと、国道1号へ。

このときたしか2:00PMぐらいだったかな?
青標識の道案内に横浜24km。静岡169km・・・まじっすか。
気が早いよ国土交通省・・。
途中見つけた品川区児童公園で、持参のおにぎりを食べる。はじめての休憩。
そのあとのんびり走って横浜へ。
横浜に住んでる友人になんとか連絡をとって、泊めてもらうことに。
やったね。



 
ここまでが自転車で走っていたときの日記。



--------------------------------------------------------------------------------

 

2002年3月11日

自転車で走っていた当時の日記を・・・。
素の日記なので、まったくおもしろくないんですけど。

-----------------
以下当時の日記

2月13日22:45



横浜、国道1号はまじやばい。
もうねる。
明日、凍死していなければ日記書く。野宿




 
ここまでが当時の日記

--------------------------------------------------------------------------------

 

2002年3月12日

自転車で走っていた当時の日記を・・・。
素の日記なので、まったくおもしろくないんですけど。

------------------
以下当時の日記

2月14日8:43   静岡県清水郵便局できゅうけい

さて、昨日のことを。
わっしーくんの家を9:40ごろでて、一号に向かう。
・・・っで、一号にたどりついたのはいいんだけど、小田原方面が自転車進入禁止。
横浜新道があるからだった。
その場にいた工事のおっさんに
「箱根に行くにはどうすればいいの?」
「とりあえずそこのわき道入ったら(歩道がある)一号の行けるよ」
・・・そのわき道行ったら意味不明な小道に。
横浜の超急傾斜のわき道をひたすら進み、ときには階段を自転車かついで降り、たどりついた大通りをひたすら走る。
30分ほど走ったら青標識
・・・・・まじっすか?
kokudou16.jpg

(ちなみに上の絵はイメージ図)
磯子の方に行っちゃった。横浜市内だけどさ。
しょーがないから地図とコンパスで現在位置を確認。
とりあえず西に進めばOKと判断。
小道を西に進む。
横浜は都心はずれると田舎に変貌。
ジョーだんぬきで坂道がきつい。
小道にて西→北→東→南・・・元の場所に戻った・・・30分かけてということもあった。

それでもどーにか厚木に行く道路をハケーン。
厚木方面に行けば確実に一号とぶつかるはず。
そう考えたのだけど、途中交差点で、
atugi.jpg

とあるから、なんとなく戸塚を選ぶ。
走っていくうちに少しずつ東に行くので、これはやばいと感じ、西に行く小道へ。
これがとんでもない道で、道路幅1メートルないくらいの道をただ、ただ、ひたすら走る。

そうこうするうち、国道467にたどりつく。
江ノ島まで16km。
ひたすら南へ。
途中で国道一号とぶつかったけど一号を無視して江ノ島へ。
東に6km走ることになるけど、ひたすら走って江ノ島を観光。
そのとき14:00。
江ノ島はとにかく階段が多くてつらかったね。


そのあと国道134のすぐとなりにあった湘南のサイクリングロードへ。
海、砂浜をみながら8.4kmのコースをひたすら走る。
海岸沿いだから道が平坦なのでスイースイーと進む。
横浜のどっかとは全然違うと感じた。


そのあと国道134号をひたすら走って、国道一号とぶつかって一気に小田原へ。
そのときは16:00だったと思う。
印象的だったのは小田原城のそばの市立の小学校の屋根が瓦だったこと。


小田原ではじめて箱根12km
hakone12.jpg

を見たときは感動した。



 
ここまでが自転車で走っていたときの日記

--------------------------------------------------------------------------------

 

2002年3月12日

自転車で走っていた当時の日記を・・・。
素の日記なので、まったくおもしろくないんですけど。

---------------------
以下当時の日記


そして・・・箱根です。
hakonemati.jpg

2/13・17:16撮影

もう日が暮れかけていたけど、今日中に箱根越え。と思ったわけで、箱根口の温泉とか入りたかったけど湯冷めするだろうし。。
ひたすら1号を走る。
けど、山の登り始め。いきなり歩道がなくなる。
路側帯の幅、役50cmないと思われる超危険地帯。
そして、急な上り坂。こげなくて歩く。
めちゃめちゃこわかった。
だんだんと気温が下がる。
一歩まちがえれば足をひかれるため、対向車がきたときは立ち止まり、車が通らないうちに歩くという形をとる。
標識は追い越し禁止、Uターン禁止、速度制限40km(だったと思う)のみ。
電灯もあまりなく、ほんとに暗い中ひたすら歩く。
湯本・小田原駅行きのバスを20本ぐらいは大平台駅につくまで見てます。
あ~、大平台駅まで、ほんとになにもなかった。自販機も。
歩いている人は一人だけ見かけた。
おっさんだった。・・・いきなり吠えた。びっくりした。


大平台駅そばはちらほら店があったんだけど、そのときは19:00すぎててなにもあいてなかった。
まともな食事したかったんだけど無理だよ~・・。
ずーっとずぅ~~~と歩いておなじみの踏み切り(箱根第5区)越えたあたり、道に白い物体が。
よく見ると雪だった。
「わーい。雪だ」なんて小学生みたいにはしゃぐわけはありません。
さらに登っていくと、道路凍結してるし・・・。
すべっちゃうから小刻みに歩く。おかげでペースダウン。


この辺になると、5~10分に一台ぐらいしか車は通らない。
時間が時間とはいえ、ほんとに国道か?
ほんとに標識なくて不安になる。
立ち止まったら、ほんとに自然の音しか聞こえない。
録音したらいい音だろーな。
さらに上に登ると雪が降り始める。
一瞬にして道路が白く。
もともと凍ってた道路だから当たり前かもしれない。


途中で見つけた元箱根4kmの文字。
あと一時間歩けばつくよ・・・。
そう思いながらひたすら歩くと、冗談抜きで本降りに・・・。
つらいよ。おにいちゃん。
snow_tyari.jpg

(これは、木を撮影したもの)


 
ここまでが自転車で走っていた当時の日記



--------------------------------------------------------------------------------

2002年3月15日

自転車で走っていた当時の日記。
今思うと、明らかに違う表現(地理的、時間的)、誤字・脱字、
わかりづらい表現は加筆修正してます。

-------------------
以下当時の日記


30分ほど歩いて見つけた、国道1号最高地点。
itisaikou.jpg

2/13・21:17

ってことは、下るだけ?らくちんじゃ。
自転車にまたがって、雪ですべることも関係なしにすいーっとまったくこがずに走る、走る。
「苦労して登ったかいがあった。」
そして、見えた元箱根。
motohakone.jpg

2/13・21:35

ちらほらと売店が見えたり(もちろん閉まっていたけど)、少し下ったせいか、雪が弱くなった。
とっとと静岡県突入じゃ。


と思って自転車走らせること数分。
「あれ?上り坂があるじゃん。でも、たいしたことないね。ふふん」
ザッ、ザッっと雪の上を歩く音を今は快感に思い、カーブを曲がる。。

・・・・・すんげ~上り坂。

「国道一号最高地点通ったんだよな?」

なんども同じ自問自答を呟きながら、だんだん気分がローテンションに。

さっきの喜びはなんだったんだ?
そんなわけで、またずっとずっと上り坂を歩き、それとともに雪が強くなっていき、おなかも減っていき、あ~雪山登る人はこんな気持ちなのか?っと
たかだか800m級の場所でこんなことを考えていた自分は、今になってバカだとは思うけど、ほんとにそういう気分に。
このとき、持参していたカロリーメイトチョコレート味は神の食料だった。

そして、30分ほど歩いてみつけたちょっとした小屋?のある場所で、おんちゃんにメール。
天気予報を聞く。
( 注※このとき、自分のケータイの使い方はメールと着メロダウンロードしか知らなかった)
「今日の天気は一応くもりにはなってるよ」
ガッデムyahoo天気!
雪も道もあとどれだけ続くかわからない状態だ。
とりあえずここで野宿して朝晴れたら出発しよう。と思い寝る。22:45



 
ここまでが自転車で走っていたときの日記


--------------------------------------------------------------------------------

 

2002年3月20日

自転車で走っていた当時の日記。
今思うと、明らかに違う表現(地理的、時間的)、誤字・脱字、
わかりづらい表現は加筆修正してます。
--------------------------------------------------------------------------------
以下、当時の日記


2:00眼がさめる。生きててよかった。
まだ雪は降っている。
ふと思った。
「朝は交通量増えるだろうから今のうち箱根抜けたほうがいいんじゃないか?」
そう思い、寝袋などを片付け、自販機でホットココア購入。
暖まっていざ出発。
すると、突然雪がやむ。
ラッキーです。
神様ありがとう。
そんなわけで、道の駅箱根峠にさよならして、箱根峠843mから一気に下る。


 
ここまでが自転車で走っていた当時の日記


--------------------------------------------------------------------------------

 

2002年3月22日

自転車で走っていた当時の日記。
今思うと、明らかに違う表現(地理的、時間的)、誤字・脱字、
わかりづらい表現は加筆修正してます。
--------------------------------------------------------------------------------
以下、当時の日記

2月14日  20:08  静岡県磐田市国道1号沿いのマクドナルドにて


さて、箱根峠を下る2:40am頃。
雪はやんだとはいえ、路面は濡れてるわけだから、スリップに注意する。
ただ下るだけなので、まったくこがずに進める。
箱根を登った苦労はなんだったんだろう?
そんな気分にさせられる。
スピードがでないように常にキぃーキぃーとブレーキをかけながら。
握力がなくなったよ。
もちろん途中まで歩道なし。


下りきったところにローソンが。
弁当と地図を購入。
ペットボトルに水を入れてもらう。
3:15amごろだった。
三島市に入って、海に近いためなのか道は平坦。
歩道も出てきて安心。楽に走りながら夜明けを迎える。
途中名古屋239kmの文字。
海岸沿いの平坦な道が続けばもしかしたら一日で行けちゃうかも?・・・



ここまでが自転車で走っていた当時の日記 


--------------------------------------------------------------------------------

 

2002年3月26日

自転車で走っていた当時の日記。
今思うと、明らかに違う表現(地理的、時間的)、誤字・脱字、
わかりづらい表現は加筆修正してます。
--------------------------------------------------------------------------------
以下、当時の日記

2月14日  21:20  愛知県、名古屋市手前のうどん屋にて


右に富士山。
hujisan.jpg2/14・6:58AM

左に海の状態
tyari3.jpg

(写真は沼津あたりで、見えるのは清水市かな?2/14・7:08AM)
で楽~に清水市まで。
それから静岡に行く。
そこからが大変だった。
国道1号に歩道がないところが多い。
小道を使って1号線に沿うように走るんだけど、途中で迷子になる。
11:30~12:00ぐらい、ちょこっと公園で寝る。


迷子になりながらも再び国道1号線へ・・・がんばって島田市のところまで。
1gou200km.jpg<

(その途中の静岡県藤枝市にて、2/14・13:17)
また、自転車は通行不可のところがありだんだん腹が立ってくる。
ちょうど国道473号とぶつかったので、473を走る。
するとすぐに掛川16kmの標識がある県道が。
その県道に行くことにすると、上り坂だった。
たいしたことないだろうと思ったら、冗談抜きで長い。
・・・・・・
・・・・・・
プチ箱根と勝手に命名。
小一時間ほどで登りきって一気に下る。
そしたら、なぜか国道一号に出る。
・・・が、やっぱり自転車通行不可。
プチ箱根を逆に戻る。
その途中、西に行くわき道があったので、そっちの方に行く。
そしたら、プチ箱根よりさらに登るはめに・・・。
プチ箱根とプチ箱根2号をあわせたらどんだけ登っているんだろう?

箱根の疲れもあり、とっても精神的にやばかった。
街灯もないし、日も暮れかけ、泣きそうになる。

なんとか一番上までたどり着き、西に一気に下る。
おかげで掛川市の真ん中あたりにたどり着き、今度は歩道のある国道1号をひたすら走り、昨日日記の書いた場所まで。


マクドで一時間ほど寝て、9:30pm、磐田市を出発。
国道一号を走って浜松へ。
浜名バイパス手前で歩道がなくなり、とっても困った。
そこにあったガソリンスタンドに行ってとりあえず対策を立てるべく中に入れさせてもらう。
そこで寝る。11:30pm。

1:30am起きる。
ガソリンスタンドの店員さんに緑のたぬきをおごってもらう。
マジでうまかったです。ありがとうございます。
そこには浴室もあったのでシャワーを借りて、全身コスチュームチェンジ。

2:30am。ガソリンスタンドを出る。


 
ここまでが自転車で走っていた当時の日記

--------------------------------------------------------------------------------

 

2002年3月26日



前回の名古屋手前のうどん屋で、ペンを置いていってしまったため、ここで、日記が途切れています。
そのことに気づいたときは、もう日記についてはどうでもよくなってしまったんですね。

・・・終了。

 


--------------------------------------------------------------------------------

ここから先は、デジカメ、掲示板、メールの記録などから思い出しながら書いています
 

2002年4月8日




浜松を越えて、浜名湖を真夜中通り過ぎ、国道1号と国道301号の分かれ目にやってきました。
地図を見ると国道1号沿いは潮見バイパスとなるようで、ろくなめにあってない国道1号だから、
国道301号をちょっと走ってその後県道を走っていこうと考えました。
地図を見た感じ、東海道本線線路沿いというような感じなので迷子にはならないだろうと思っていたのですが、やっぱりそううまくいくはずがなく線路から遠ざかっていき道に迷います。
僕はつくづく方向音痴なんだなぁ。


住宅街でも、車の通る気配もないところになぜかセブンイレブンがあったので、店員さんに居場所を聞きました。
「ここはどのへんですか?」
「え~と、ちょっと待ってくださいね。・・・(店の周りの詳しい地図を持ってきて)こっちの道をこう曲がって(以下説明)」
「ありがとうございます」
と教えてもらった道を行走ること数分。
標識・・直進「浜名湖○○」を示してるじゃねーか。
それってバックってことだよね?
まぁ、そんなわけで結局コンパスを頼りに西へと進み、わけのわからないひたすらのぼりとくだりの多い坂を走りました。
そしたら、気づけば目標としていた県道にたどり着いたんですけど、幅1メートルちょこっとの踏み切りを通る道で、
縮尺26万分の1の地図にのってるのは拍子抜けです。


なんだかんだ独り言や、歌いながら(こうしないと精神が安定しなかった)日が昇りかけ、明るくなり始めた6時頃、愛知県豊橋市に侵入。
そしたら豊橋市街まで10~20kmぐらいの標識があったんですよ。
「・・・中心までそんだけあるってことははじからはじまでいくつあんだよ。」
とひとり愚痴りながらとぼとぼと自転車をこぎました。




--------------------------------------------------------------------------------

 

2002年4月8日・・・2回目更新


豊橋に入って自転車こぐこと1時間~1時間30分ぐらいでしょうか。
国道1号と再び出会いました。
まず頭によぎることは、歩道があるかどうか。これです。
無事歩道があり、国道1号を走っていると銭湯が。
「足の疲れを取るべくのんびり湯船に浸かりたい。」
しかし、朝の7時ちょい。一番風呂はできませんでした。


よく考えるとEneosにてシャワーを借りたんですが、
ほんとに浴びるだけだったので、髪を洗いたいなぁなんて思ったわけ。
これまで、
○箱根の温泉・・・余力があったりして通り過ぎた。
○静岡県の志太温泉・・・一度道を外れて片道40分くらいかけて行った温泉。しかし、「日帰り湯はできない」と言われ、むなしい気分にさせられただけ。
○静岡県の弁天島温泉・・・真夜中でどうせ開いてないだろうと思って通り過ぎた。
と各温泉を逃したので「8時開店まで待つかどうかそれが問題だ」
と考えたんですが、近くに時間をつぶせるようなお店がなかったし、外で待つのは寒いから、先に進むことにしました。


そんなこんなで20分くらい自転車こいで国道23号とぶつかります。
いままでの経験から海岸沿いは平坦で楽。・・(湘南及び由比)
ということで、かなり遠回りだけど国道23を利用して名古屋に向かうことに。


ということで国道23号に入るとすぐに銭湯を発見。
しかも開いていたので迷わず入る。
これでほんとにきれいさっぱりできっぺ。
全裸になってタオルを片手にいざ洗い場へ。
・・・シャンプー置いてねー。
今までの銭湯経験から普通、シャンプーの類は置いてあると思っていたので、究極にカルチャーショックを受けました。
あのー東海方面はシャンプーやボディーソープって持参しないといけないんですか?
しょうがないからとりあえずずっとお湯を浴びて、体はタオルをこすりつけて洗います。
そうそう、旅してからまともな睡眠をとってないんで、鏡を見ると普段からクマができている顔がさらにひどい顔になっていたのにびっくりでした。
めがねをかけなくても、くっきり見えたんでそうとうにひどかったと思います。クマ。
のんびり湯船に浸かろうとしたんですけど、お尻が痛いんですよ。
お尻を触ってみるとなんかざらざらした感触がするんです。
自転車のサドルで股ずれするなんて思ってもいませんでした。
でも我慢。足をしっかり手でマッサージして疲れを少しでもなくすようにする。
そして、風呂上りはウォーターチャージ。
ポカリスウェット水分補給はばっちりした後、待合場所に畳があったんで横になりました。
その途端、急激な眠気に襲われて、気がつけば眠っていました。
気持ちいい・・・


 

--------------------------------------------------------------------------------

 

2002年4月10日


「ちょっとあんた。いつまで寝てんの。ここは寝場所じゃないんよ。聞けばあんた朝から寝てるって言うじゃないの。まったく。迷惑なんだよ帰っておくれ」
「ふひぇ。。はぁ。すいません」
従業員のおばちゃんに追い出されました。


気づけばお昼の12時30分頃で、かなり熟睡していました。
前回、まともな睡眠をとってないと書いたんですが、今まで、

横浜の友達の家で3時間程度。
箱根で野宿1時間。
静岡の公園で30分。
磐田のマクドナルドで30分。
浜松のガソリンスタンドで1時間30分。

とすごしてきたんですよ。そりゃー眠くなるってもんですよ。
・・・熟睡したとはいえ、4時間程度。
まだまだ眠くて、精神的な疲れはとれず。。きついよ~。

そんなわけで銭湯を出たあと、国道23号、そして国道247号と海沿い平坦な道を走ったわけなんですが、この日は運が悪かったのか、とっても強烈な潮風のおかげで御津、蒲郡あたり約2時間は冗談抜きで歩いてました。
俺、何のために遠回りしてまで海沿いを選んだんだろう?
正直この思いがいっぱいに頭をよぎりました。


・・・っでここから先、ちょっと記憶がないんですが、247号はたしか一色町あたりから、お店や家が見当たらなくなり、高浜あたりまで20km近くぽつんと自転車こいだりしてました。
その時はもう20:00近くだったはずです。


それから県道59、国道366、ちょっと小道に入ったりして国道1号名古屋入りしたのは次の日になってました。

っで、その途中大府市あたりのことなんですが、あまりにも眠くなって、どこか野宿できるところはないかな~って探してたんです。


・・・「これは眠れる」って思った場所を一箇所だけ発見。
新築の展示会場でした。
自転車とめて、恐る恐る家に近づいて周りをきょろきょろ見渡して、
いかにも私、泥棒です。よろしく。
っていう感じで。
んで、やっぱり人気なくて、いざ進入。
玄関に赤外線発射装置があるのがわかって、
「これ、もしかして撮られてるかな?セコム?やばいんとちゃう?」
一気に眠気が飛びました


-------------------------------------------
この文章は2002年当時の文章です。
続編のpart2へ
関連記事


--------------------------------------------------------------------------------------

コメントの投稿

非公開コメント

このブログについて
  • 全記事一覧(時間順)
  • このブログについて
  • 私のプロフィール
  • 当ブログで扱っている動画について
  • 記事違いなコメントのお返事

  • カテゴリー
    twitter
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    Amazon
    でたらめな当ブログにぴったりな商品を自動で表示するみたいです。



    月別アーカイブ
    プロフィール

    たづみ

    Author:たづみ
    ・1981年生まれの男
    ・もう少し詳細なプロフィールはこちらで

    最新コメント
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    828位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    会社員・OL
    183位
    アクセスランキングを見る>>