「QED 河童伝説」の感想

QED 河童伝説
高田 崇史

QED 河童伝説 (講談社文庫)


あらすじ(裏表紙より)
今なお、河童伝説が残る川で、左手首が切断された死体が、続いて、左腕が切り落とされた死体が浮かぶ。一方、相馬野馬追祭を見物に出かけていた棚旗奈々たち一行は、岩手県遠野まで足を伸ばしていた桑原崇と合流。そこでまた、血なまぐさい事件が…。事件の真相と、河童にまつわる真実が解き明かされる。

---------------------------------------------------------------------------------

QEDシリーズはここ最近
朝廷に追いやられた人々・・・鉄や水銀が豊富に取れた土地の人々・・・鬼とか狐などど呼ばれる人々
というパターンが多いような気がします。
今回は河童もやっぱりそうなのよというパターンですね。
シリーズの初期は「言葉は呪」をテーマにしていたけれどね。
「ベイカー街の問題」のような変り種の謎を追った作品は出てこないのかなぁ?


私が過去思っていた河童のイメージ・知っていた知識を書いておくと
・白い皿を頭の上に載せている
・川で泳ぐ
・茨城に河童伝説の話がある
というくらいでした。

・薬の知識がある
・馬を引き連れる
・厩でいたずらをする
というのは初めて聞いたのですが、どうして河童はそのように言われているのか高田先生なりの解釈がありますよ。
関連記事


--------------------------------------------------------------------------------------

コメントの投稿

非公開コメント

このブログについて
  • 全記事一覧(時間順)
  • このブログについて
  • 私のプロフィール
  • 当ブログで扱っている動画について
  • 記事違いなコメントのお返事

  • カテゴリー
    twitter
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    Amazon
    でたらめな当ブログにぴったりな商品を自動で表示するみたいです。



    月別アーカイブ
    プロフィール

    たづみ

    Author:たづみ
    ・1981年生まれの男
    ・もう少し詳細なプロフィールはこちらで

    最新コメント
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    1340位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    会社員・OL
    270位
    アクセスランキングを見る>>