R-TYPE TACTICS2プレイ日記その109

前回のミッションで取得したトレジャーにより
・Sm_Gr_F グランビア・F
が開発可能となりました。
水専用で、海王星のミッションのみ役立つこの機体。
1機開発します。


後編ミッションNo.11 生体洞:悪魔を育む甘い水
マップサイズ 41*11
攻略ターン数 35ターン以内
バイドが棲息し、そしてそのバイドが溶け出した液体の中を進む。
勝利条件・・・相手の旗艦ユニットを撃墜する
敗北条件・・・自軍の旗艦ユニットが撃墜される


暴風の彗星 たづみ提督の航海日誌より
トリトン・グラスの水


海王星付近を航行中、海王星最大の衛星トリトンからAクラスバイドの反応があった。

バイド反応はトリトンの地下から発せられている。ここは木星の衛星エウロバ同様に地下から液体の海があるが、水質の関係からエウロバのように水資源の補給基地としては開発されていない。

バイドはトリトンの地下水域にいるものと思われる。出撃するユニットの選択には注意が必要だ。水中での移動が得意なものか、亜空間機能を持つユニットが有用だろう。

→はじめる



やはり水の中は水専用に限るということなのか?
グランビア・F強すぎ。


戦績
ミッション完了ターン 20ターン
撃破したユニット 28機
撃墜されたユニット 2機
プレイヤーの生存率 85%
敵の生存率 6%
SCORE 21947

決まり手
Rw-11B ピース・メーカーの
圧縮炸裂波動砲による
B-Brks バラカスの撃破

回収トレジャー
・バイドに関する資料B


暴風の彗星 たづみ提督の航海日誌より
トリトン地下のバイドを撃破


海王星の衛星、トリトンの地下水域に潜むバイドを撃破した。

記録では、かの若き英雄ジェイド・ロスもここトリトンのバイドを討伐したとある。その時と比べると、今回はより大型のバイドが確認されている。

もしかしたら、現在太陽系に襲来しているバイドは、「かの若き英雄」の時代のものよりも、強大になっているかもしれない。今後もバイドが強大になり続けるとしたら・・・


ここで選択肢です。
1、バイドに対抗する兵器の開発が必要
2、バイドから逃げる場所が必要
3、バイドと友好関係になることが必要


バイドとお友達になれればそれが一番だよね。3番選択。

バイドと友好関係になることが必要だ。バイドと共存できれば理想的だ。もっとも、共存のために人間がバイド化することが必要になるかも知れないが・・・。

この周辺宙域にバイド反応は無いようだ。新たなバイド反応に注意しつつ、地球を目指す。

→帰還する
関連記事


--------------------------------------------------------------------------------------

コメントの投稿

非公開コメント

このブログについて
  • 全記事一覧(時間順)
  • このブログについて
  • 私のプロフィール
  • 当ブログで扱っている動画について
  • 記事違いなコメントのお返事

  • カテゴリー
    twitter
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    Amazon
    でたらめな当ブログにぴったりな商品を自動で表示するみたいです。



    月別アーカイブ
    プロフィール

    たづみ

    Author:たづみ
    ・1981年生まれの男
    ・もう少し詳細なプロフィールはこちらで

    最新コメント
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    818位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    会社員・OL
    181位
    アクセスランキングを見る>>