スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------------------------------------------------------------------------------------

LIAR GAME 第10話の内容と感想

秋山君の必勝法とは、8人でチームを作り、各投票を半分に分かれて投票していけば、確実に誰かが勝ち残り、ドロップアウト宣言したあと、お金を分配することによって1人約4000万手に入るということであった。

ん?これよく考えてみると、私がLIAR GAMEが面白いである程度考えた内容でした。
そこでは、事務局が不正できるかどうか考えていました。
それを、プレイヤーが実践して分配すればOKということですね。

当時書いた文章を検証すると、
サクラがとりあえず半分いた場合を考えてみたとき、
カモが一番多く生き残るパターンを考えていくと、
サクラ5:6、カモ5:6→サクラ2:3カモ2:3→サクラ1:1カモ1:1→
→サクラが半分10億ゲット。

と書いてありますが、間違えてました。
サクラ1:1カモ0:2でサクラ全額ゲットですよね。
このときの間違えた検証のせいで、最低12人サクラが必要だと書いてしまいました。ガーン。

今回の内容であったように、8人がチームを作れば、のこりの人数が一番多くなる場合を考えても、
チーム4:4、カモ6:8→チーム2:2、カモ1:3→チーム1:1、カモ0:1
→チームの全額ゲット
となるので、8人いればOKですね。
この前書いた文章を書き直そうかな・・・。


さて、この作戦には少し不安があります。
それは、裏切る人が出てくるのではないか?ということである。
なので、チーム作りは本当に信頼できる人としなくてはいけません。
秋山君は特に要注意人物として、秋山君が2回戦の会場前で出会った女性を騙したXを上げていました。
その人物は、女性によると若い男だそうです。
それを聞いた直ちゃんは参加している女性5人と工場経営者のおじさんマツバラフミオを秋山君のところに連れて行きました。
この中にXはいるのか、いないのか?
また、裏切る人は出てくるのか?

マンガの展開を考えると、分配するのを信じることができない人が現れて、裏切り行為がでてこないとね。
マンガのタイトルはLIAR GAMEなんだから。
私が思う展開として、1ラウンドからいきなり裏切り行為。
この作戦なら、投票は6時間かけずに最初からすればいいわけですよね。
ですので、ゲーム開始と同時にチームの人たちが投票する中、「やっぱり投票しない」とか言い出し、裏切るというのがありそうですね。。
で、裏切りながら敗退。
他にも、「Yesに投票する予定だったけど、間違えてNOに入れちゃったから、あなた私の変わりにYesに入れてくれ」と言って裏切るなんてことも考えられますね。
このとき、チームは3人でその中に直ちゃんと秋山君と誰かがいて、他のプレイヤーが多くて7人。
必勝法は使えなくなって、秋山君・直ちゃんとxとの対決になっていくのではないでしょうか?


あと、私なりに思ったことは、8人でチーム組むわけですが、残った14人が同じように8人でチームを作るかどうか?
まぁ、ゲームがずっと続いてしまうわけですが・・・。
展開としては面白くないので却下。


もうひとつ、ちょっとささいなことなのですが、2回戦のはじまり第7話で、「ムリです」発言の14番の女の子は、今日名札が7番になってましたね。
今週の名札の違いは、来週からの連載及び、単行本2巻で校正されるでしょう。
「ムリです」は単行本1巻にすでに収録されてますから・・・。


コンビニで立ち読みしているだけですので、過去の細かい部分は覚えていません。
間違いがあったら指摘していただけると助かります。
第8話、第9話のヤンジャンをもう一度読み直したい。。
関連記事


--------------------------------------------------------------------------------------

コメントの投稿

非公開コメント

このブログについて
  • 全記事一覧(時間順)
  • このブログについて
  • 私のプロフィール
  • 当ブログで扱っている動画について
  • 記事違いなコメントのお返事

  • カテゴリー
    twitter
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    Amazon
    でたらめな当ブログにぴったりな商品を自動で表示するみたいです。



    月別アーカイブ
    プロフィール

    たづみ

    Author:たづみ
    ・1981年生まれの男
    ・もう少し詳細なプロフィールはこちらで

    最新コメント
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    906位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    会社員・OL
    179位
    アクセスランキングを見る>>


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。