R-TYPE TACTICS2プレイ日記その65

前回取得したトレジャーにより
・BXf-4 アーヴァンク
・Bg-Pf ビスタフ
・B-Btrn バタリアン
・BF-X4 スケイル・フォース
が開発できるようになりました。
バイド陣営の陸戦兵器はあまり強くない印象なので開発はお見送り。
アーヴァンクは、装甲がそれなりに固い上、自己修復機能を持っているのが魅力なのですがチャージ攻撃がなく、チャージ攻撃に変わる強い武装がないため、ちょっと使いづらいところがあります。
でも、ゲインズがいる現在、ジギタリウスの出番は少ないのでジギタリウスの代わりにアーヴァンクを投入していこうと思います。


そして、チームが増えたことによって埋まった文章は以下の通りです。
ヤハリキガツクトバイドニナツテイタソレカラワタシタチハウチユウヲ????ツヅ??イツノヒニカチキユウニモ????シン??

「やはり気がつくとバイドになっていた。それから私達は宇宙をさまよい続けた。いつの日にか地球にもどれると信じる。」
とかなぁ??


番外編ミッションNo.10 プロミネンス
マップサイズ 14*15
攻略ターン数 15ターン以内
二つの恒星の間を航行中に敵艦隊と遭遇した。吹き上げる紅炎に注意しながらの戦闘になる。
勝利条件・・・相手の旗艦ユニットを撃墜する
敗北条件・・・自軍の旗艦ユニットが撃墜される


地形に押しつぶされるものがある場合、でっかい戦艦は使いづらいんですよね。
一回それで失敗したことありましたし・・・。
でも、こんかいはマップが狭いのでコンバイラを投入しますが、動かさずに序盤の探索専用にしようと思います。


戦慄の竜 たづみの記憶の残滓より
プロミネンス


我々の前には接近した二つの恒星がある。静寂が支配する宇宙の中で、二つの太陽は活発に活動を続けている。まるでこの場所の時間だけが進んでいるかのように感じた。

そして我々の前には、時おり紅い炎の柱が立ち上る。
そのさまは獲物を狙う獰猛な野獣のようでもあり、疑うことを知らない、純真無垢な情熱のようでもあった。

見とれていると思わず吸い込まれそうになるが、巻き込まれたらひとたまりも無いだろう。

敵が現れた。戦闘文明の艦隊だ。
また戦わなければなるまい。
→はじめる



ちょこっと進んだら、いきなり敵旗艦が存在。
マップが小さいだけあります。
っが、その後ろに四十四式・五十五式がうようよいました。
それらはある程度無視して旗艦を狙い撃ち。
ゲインズの波動砲4発で仕留めました。


戦績
ミッション完了ターン 7ターン
撃破したユニット 4機
撃墜されたユニット 4機
プレイヤーの生存率 69%
敵の生存率 63%
SCORE 12088


Bhw-Gns1 ゲインズの
凝縮波動砲による
EX-CR01 兆級巡航艦の撃破


回収トレジャー
兵器運搬艇
水上生命要塞

新しいフォース用デバイス「FC:ドレ」が追加されました。


戦慄の竜 たづみの記憶の残滓より
戦闘文明の艦隊を撃退


二つの恒星の間隙を戦場として、戦闘文明の艦隊を撃退した。

彼らの攻勢は激しさを増している。我々は彼らのテリトリーに侵入しているのだろうか?それとも、彼らが太陽系へ侵攻しているのだろうか?

どちらにせよ、我々は地球を目指すのみである。
我々はこの宙域から離脱した。
→出発する
関連記事


--------------------------------------------------------------------------------------

コメントの投稿

非公開コメント

このブログについて
  • 全記事一覧(時間順)
  • このブログについて
  • 私のプロフィール
  • 当ブログで扱っている動画について
  • 記事違いなコメントのお返事

  • カテゴリー
    twitter
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    Amazon
    でたらめな当ブログにぴったりな商品を自動で表示するみたいです。



    月別アーカイブ
    プロフィール

    たづみ

    Author:たづみ
    ・1981年生まれの男
    ・もう少し詳細なプロフィールはこちらで

    最新コメント
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    828位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    会社員・OL
    183位
    アクセスランキングを見る>>