スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------------------------------------------------------------------------------------

R-TYPE TACTICS2プレイ日記その21

世の中は今頃、紅白歌合戦だったりガキの使いなどなど見ている人が多いと思いますが・・・地味~にPSPで遊んでます。


さて。
ソルモナジウムが750所持と余っていると思ったため、ウォー・ヘッドを1機開発。
前のゲイルロズ要塞の攻略で亜空間能力は役立ったので、後々必要になるとの判断してのことです。


ミッションNo.17 氷の星―冥王星
マップサイズ 19*11
攻略ターン数 25ターン以内
氷の星、天王星内部にバイド反応あり。ただちに調査に向かう。
勝利条件・・・相手の旗艦ユニットを撃墜する
敗北条件・・・自軍の旗艦ユニットが撃墜される


滑り込みバスター たづみの航海日誌より
天王星の地下

太陽系で木星、土星に次ぐ質量を持つ惑星―天王星

ガスと氷から成るこの星からバイド反応が検知されたのは、オベロンの動乱を鎮圧した後、治安の安定を見守るため上空を周回していた時だった。

艦隊を衛星オベロンの上空から天王星を周回する軌道に乗せた。その後、各種センサーで上空から天王星内部に潜むバイドについて調査を行ったのだ。

調査の結果、天王星内部にはバイドの群れが棲息することが決定的になってきた。

この調査結果を統合作戦本部に伝え、棲息すると思われるバイドの破壊を上申した。
そしてつい今しがた作戦の許可が降りたのだ。

後顧の憂いを絶つためこれより降下し、天王星内部のバイドの群れを破壊する。
→はじめる



「滑り込みバスター」となっていますが、これは前のミッションやり直しを最終ターンまでプレイしたら称号が変わってしまったからです。


出撃ユニット
・UFCS-05 ヨルムンガンド級*3
・Rwf-9Ac ウォー・ヘッド*1
・Rwf-9D2 モーニング・スター*1
・Rwf-9DH グレース・ノート*2
・Rwf-9W ワイズ・マン*1
・Rwf-9Sk1 プリンシパリティーズ*1
・R-E2 アウル・ライト*1
・Rr2o-3 工作機*1
・F-Ac スタンダード・フォースC*1
・F-AH スタンダード・フォースH*1
・F-SkFr ファイヤ・フォース*1


亜空間能力をもつ敵ユニットにものすごく翻弄させました。
ユニットを動かしたら亜空間から出てきて波動砲で殺されるパターンが何度か。
でも、最終的にはモーニング・スターの破壊力抜群な圧縮波動砲IIが決まり、勝てたからよかったけど、モーニング・スターのチャージが解除されてたら、こちらが負けていたかもしれません。


戦績
ミッション完了ターン 13ターン
撃破したユニット 14機
撃墜されたユニット 5機
プレイヤーの生存率 64%
敵の生存率 17%
SCORE 7829

決まり手
Rwf-9D2 モーニング・スターの
圧縮波動砲IIによる
B-Bld2 ボルドガングの撃破

回収トレジャー
新コクピット機構
冥王星基地攻略命令

新しい艦長「ヘンリー艦長」が配属されました
新しいチーム「シュウ隊」が配属されました


滑り込みバスター たづみの航海日誌
天王星地下のバイドを撃破

天王星の内部で遭遇したバイドの群れを撃破した。

戦果を統合作戦本部へ報告するのと前後して、私と我が艦隊に新たな任務が与えられた。

グランゼーラ革命軍は、冥王星の基地「グリトニル」を不法占拠し、軍事拠点化して兵力増強を図っている。作戦本部からの通達は次の二つである。
1)たづみ少将をグリトニル奪回作戦の総司令官に任命する。
2)書官の統括する艦隊をもって、グリトニルをグランゼーラの手から奪回せよ。

要塞ゲイルロズが陥落していたことで、弱体化したと思われていた革命軍は、太陽系の辺境の最重要拠点であるグリトニルを抑え、戦力を増強しつつあるのか?

実際、地球連合政府によって虐げられている人々は、この機会にグリトニルの革命軍の元に集結するだろう。
いずれにしろ、私達の向かうべき場所が確定した。グリトニルのある冥王星だ。

艦隊は徐々に高度を上げていく。
好転面にほぼ直交する天王星の輪が見えた。

私は次のルートを考えていた。
ここでとり得るルートは2つある。
私は・・・


ここで選択肢です。
1、最短距離で直線的に冥王星へ向かう
2、敵襲を避けて海王星の地表を通る


・・・これは難しい選択肢です。
1を選んだら、敵と遭遇するのかな?
2を選んだら、結局待ち伏せかなにかで遭遇するとは思うけど、敵の数は少なく「急がば回れ」という言葉があるように2番を選択してみます。

敵襲を避けて海王星の地表を通るのが良さそうだな。
ここは慎重に進むべきだ。

乗組員に次のルートを伝えると艦隊は徐々に向きを変える。天王星の輪が視界の外へと去っていった。
艦は出力を上げ、次の宙域へ向かった。
→帰還する
関連記事


--------------------------------------------------------------------------------------

コメントの投稿

非公開コメント

このブログについて
  • 全記事一覧(時間順)
  • このブログについて
  • 私のプロフィール
  • 当ブログで扱っている動画について
  • 記事違いなコメントのお返事

  • カテゴリー
    twitter
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    Amazon
    でたらめな当ブログにぴったりな商品を自動で表示するみたいです。



    月別アーカイブ
    プロフィール

    たづみ

    Author:たづみ
    ・1981年生まれの男
    ・もう少し詳細なプロフィールはこちらで

    最新コメント
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    978位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    会社員・OL
    185位
    アクセスランキングを見る>>


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。