「パズル自由自在」の感想

パズル自由自在
高田 崇史

パズル自由自在―千葉千波の事件日記 (講談社文庫)

あらすじ(裏表紙より)
複雑に絡み合った“脳内知恵の輪”を、貴方は解くことができるか!?待ちに待った運動会の日に、次々と起こる珍事件。“てるてる坊主”は壊され、校庭には不可解な焚き火跡…。この謎の真相解明に、天才高校生“千波くん”が挑む「徒競走協奏曲」をはじめ、書き下ろしを含む6編を収録した傑作短編集。

------------------------------------------------------

前作の「試験に出ないパズル」は浪人生活の1月で終わったので、この作品で八丁堀と慎之介はどうなっているのか気になっていました。
この作品では、過去を振り返る形で事件のことを書いてあって「あ、なるほど。その手があったかぁ」と感心してしまいました。

今回も答えが分からないパズルが1問あるので、メモしておきます。


『私の弁論術を習得すれば、決して裁判で負けるようなことはありません。1年間のコース修了後、生徒が最初に経験する裁判で、もしも負けるようなことがあれば、授業料は全額返金します』
おかげで弁論教室は大繁盛になった。やがて1年間の授業が終了した溶き、最も優秀な生徒のAが、さっそく裁判を起こした。弁論教室の教師相手に、授業料全額返還を要求したのである。Aは言った。
『もしもこの裁判で私が勝てば、裁判の「判決」によって、授業料は返還されなくてはなりません。もしも私が負ければ、入校時の「契約」によって、授業料は返還されなくてはなりません。いずれにしても、授業料は返還されなくてはなりません』
しかし教師は反論した。
『もしもきみが裁判に勝てば「契約」によって、私は授業料を返還しなくていい。もしもきみが負ければ裁判の「判決」によって、授業料は返還しなくてもいい。どちらにしても私は授業料を返還しなくてもいいわけだ』
さて、裁判所の下すべき、もっとも論理的な解決は・・・?


それにしても、毎回毎回不思議なパズルを出題してきます。
よく思いつく、もしくは調べてくるなぁと感心してしまいます。
関連記事


--------------------------------------------------------------------------------------

コメントの投稿

非公開コメント

このブログについて
  • 全記事一覧(時間順)
  • このブログについて
  • 私のプロフィール
  • 当ブログで扱っている動画について
  • 記事違いなコメントのお返事

  • カテゴリー
    twitter
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    Amazon
    でたらめな当ブログにぴったりな商品を自動で表示するみたいです。



    月別アーカイブ
    プロフィール

    たづみ

    Author:たづみ
    ・1981年生まれの男
    ・もう少し詳細なプロフィールはこちらで

    最新コメント
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    1340位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    会社員・OL
    270位
    アクセスランキングを見る>>