スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------------------------------------------------------------------------------------

R-TYPE TACTICS2プレイ日記その79

前回回収したトレジャーにより
・R-E1 ミッドナイト・アイ
が開発できるようになりました。

地球連合軍でのプレイ同様、前半戦は資源で苦しみそうなので今は開発しません。


ミッションNo.3 南の海での異変
マップサイズ 22*19
攻略ターン数 25ターン以内
かつて南の海に堕ちた宇宙都市の残骸の中を通過中、バイド反応が!そして目の前には・・・
勝利条件・・・相手の旗艦ユニットを撃墜する
敗北条件・・・自軍の旗艦ユニットが撃墜される


あれ?これは地球連合軍でもあったミッション?
地球連合軍でプレイしたときの雑記を読み直してみると「南の海での調査」というミッション名ですね。
微妙に違っていますが、内容は同じようですね。
となるとXelf-24を倒すのにフォースを押し込み倒す戦術が使えないのは・・・数で押して倒すしかないか・・・。


新米指揮官 たづみの航海日誌より
南海の波間に


重傷のホセ中尉を彼の故郷に下ろすために地球の南洋エリアに降下した。我々は地球連合軍の眼から逃れるため、南洋に点在する巨大施設の残骸の陰に隠れて進むことにした。

その時のことだ!強烈なバイド反応を確認!地球上にバイドがいるというのか?

我々は正体不明の生命体に攻撃を開始した。

→はじめる



やはり体当たりがないと、ボスに接近したときに大きなダメージを与えるのに時間がかかります。
でも、このミッションは簡単なので、問題なくクリアできました。
一度、地球連合軍で体験しているミッションですしね。


戦績
ミッション完了ターン 15ターン
撃破したユニット 14機
撃墜されたユニット 0機
プレイヤーの生存率 100%
敵の生存率 0%
SCORE 12250

決まり手
Rwf-9A アロー・ヘッドの
スタンダード波動砲による
B-Xlf24 Xelf-24の撃破

回収トレジャー
バイドに関するメモ1

新しいチーム「ホルバイン隊」が配属されました。


新米指揮官 たづみの航海日誌より
正体不明の生命体を撃破


分析の結果、正体不明の生命体はバイドであることが判明。我々はその撃破に成功した。これまで地球上でバイドが確認されたことはなかったと思う。もしかしたら、地球連合軍のバイド兵器開発が関係しているのかもしれない。

戦闘後、無事に重傷のホセ中尉を故郷に送り届けることができた。

私は、名残を惜しんでいる部下たちを見ながら考えた。さて、これからどうしたものか・・・?部下たちの命を預かった形になっている以上、宛てもない逃避行をしていても仕方がない・・・。このままでは、ずっと軍に追われることになる。そのうちに逃げ切れずに捕まり、処刑されることとなるだろう・・・。

私が悩んでいるのを察したのか、ホセ中尉がグランゼーラ革命軍に身を投じることを提案してきた。それを聞いていた部下たちには、賛同を表明するものが多数いた。私は・・・


ここで選択肢です。
1、グランゼーラ軍に入る選択肢はある
2、革命軍に入るのは気は進まないが・・・
3、捕まって処刑されるよりはマシだ
4、はたして、相手が受け入れるか?


どれも、話の流れから考えられる選択肢ですね。
1と3は身の保全を考えた内容で、2と4は前回ミッションでグランゼーラ軍の部隊を倒した経緯がありますし、もともとは地球連合軍の身でしたからね。
ここは、2番を選択してみます。

革命軍になるのは気は進まないが・・・、我々の部隊だけではいつか地球連合軍に捕まってしまうだろう。

ここで悩んでいても仕方がない。先ほどの戦闘を軍に察知されているかもしれない。とにかく、このエリアから離脱しよう。

→出発する

スポンサーサイト


--------------------------------------------------------------------------------------

「硝子のハンマー」の感想

硝子のハンマー
貴志祐介

硝子のハンマー (角川文庫 き 28-2)

あらすじ(裏表紙より)
日曜日の昼下がり、株式上場を間近に控えた介護サービス会社で、社長の撲殺死体が発見された。エレベーターには暗証番号、廊下には監視カメラ、窓には強化ガラス。オフィスは厳重なセキュリティを誇っていた。監視カメラには誰も映っておらず、続き扉の向こう側で仮眠をとっていた専務が逮捕されて・・・。弁護士・青砥純子と防犯コンサルタント・榎本径が、難攻不落の密室の謎に挑む。日本推理作家協会受賞作。

----------------------------------------------------------------

久しぶりの読書メモ。
実際には3月に小池真理子さんの「レモン・インセスト」という作品を読んだのですが、登場人物の女性にまったく共感できず、読んでてイライラし、メモする気になれなかったというのがあります。
私はどうも恋愛小説関連が苦手だということがよく分かった一冊です。


さて、本題の硝子のハンマーについて。
この本は2部構成になっていて
第1部は殺人発生及び事件の推理。
第2部は犯人視点の倒叙形式。
で描かれています。
第1部のあーでもない、こーでもないと推理するところは面白いのですが、第2部はちょっと面白みが下がります。
どうやって犯行するかが描かれていて、それは青の炎と同様緻密な考えのもと実行しているわけですが、そのトリック描写の傾向強くなりすぎて人物描写がちょっと寂しい状態になっているからです。

貴志祐介さんの作品は面白いのが多いだけにそのところがちょっと残念です。
全体を通しては面白く、これはシリーズになってもいいのではないかな?
そう思います

--------------------------------------------------------------------------------------

荒川河口まで行ってきました

ゴールデンウィーク7連休の初日はサイクリング。
ゴールデンウィークは予定がまるっきりないし、お天気がいい日が続くようなのでサイクリング三昧になりそうです。

ですので、先日御徒町の自転車屋さんでヘルメット・手袋・インナーパンツを購入。

OGK REGAS(リガス)マットガンメタ サイズS OGK PRG-2 指切りグローブ ホワイトブラック/L パールイズミ 157SMT SMTメッシュ インナーパンツ、ブラック XL

やっぱり通販の方が店頭で購入するより安いことが多いですね。
でも自転車に関しては、私はど素人ですから店員さんのアドバイスが欲しいし、店頭で見つけたものをネットで見つけられるか自信がないので仕方ありません。。
あと、サイクルウェアはまた後々購入で、今はとりあえず普段着スタイルで走っていきます。
服購入するのが苦手だから、私服そんなにないけれど(過去の雑記参照)。


さて、そんなわけで心強いヘルメットとインナーパンツを購入したのでちょこっと遠出をしようと思いまして、荒川のサイクリングロードをひたすら下って海まで行ってみることにしました。

まずは上尾から開平橋を通り、入間大橋まで。
スタート位置、荒川サイクリングロードを間違えて入間サイクリングロードに来てしまいました。
ですけど、入間川はそのうち荒川と合流するし、サイクリングロードも実際荒川サイクリングロードへと続くので、ここから本格的にサイクリング開始。
このとき07:30AM

2010_04_29_cycling01.jpg

2010_04_29_cycling02.jpg

スタート位置は海まで48.0Km。
20歳の頃、自転車で熊本まで行ったことがあります(雑記参照)。
そのときは、1時間で10Kmほどだったと思います。
20歳の時と比べて
・自転車はパワーアップしている→速度アップ
・体力は落ちている→速度ダウン
ですので、まあ同じくらいで4時間30分くらいかかるかな?
なんて思いながら走りました。

菜の花に囲まれた風景。
ゴルフ場が隣にある風景。
河川敷で少年野球をしている風景。
でっかい水門。
彩湖などなどいろいろ楽しい風景が目白押し。

サイクリングロードは今後も何かとお世話になると思います。
後々いろいろ写真を撮りに行きます。

っで、半分の24Km地点は・・・

2010_04_29_cycling03.jpg

まだ埼玉県内。
でも荒川の向こう側は板橋区になるのかな?東京のはずです。
この地点で09:00AM
24Kmを1時間30分ですね。
マラソン選手は私の自転車以上に速い速度で走るってことですね。
すごすぎマラソン選手。

さらに下って河口20Km地点あたりで東京都になりました。
このあたりで風が強烈な向かい風でなかなか前に進めない状態に。
どのくらい風が強かったかというと立っているとよろけるくらい。
0Km地点で自分撮りのため三脚を使ったのですが、三脚が風で倒れるくらいです。

足立区、葛飾区、江戸川区と少しずつ少しずつ前に進んで11:24AM、0Km地点到着。

2010_04_29_cycling04.jpg
2010_04_29_cycling05.jpg


0Km地点に公園みたいなものがあるのかな?って思っていたのですが、

2010_04_29_cycling06.jpg
2010_04_29_cycling07.jpg

なんもない。
トイレもなかったです。
ちょこっと休憩して元の道を帰るのでした。

帰りは追い風でラックラクだったのは最初の10Kmほど。
あとは風の向きが変わったこと、疲れと足に痛みが出はじめたこともあってスピードダウン。
でも3時間で48Km地点まで戻ってこれました。


今、改めて地図をみたら、川の向こう岸に行ってもう少し自転車を走らせれば葛西臨海公園があるのですね。
失敗したなぁ。。
また、そのうち河口まで走って葛西臨海公園に行きたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------------------

算数のお話

上司から
「たづみ君は数学専門なんでしょ?子供の宿題で気になることがあってちょっと聞きたいんだけど」
と算数のお話になりました。
もう大学卒業からずいぶん経ちまして、微分積分とか覚えてないですけれど・・・。


2010_04_28_math01.gif

と変形できるのはご存知でしょうか?
これは実際に計算してみればイコールが成立するのが分かるでしょう。

2010_04_28_math02.gif

分母の掛け算の数字の差が1でない場合は、引き算の結果に1/数字の差を乗じたものになります。


これをふまえて・・・

2010_04_28_math03.gif

という式は

2010_04_28_math04.gif

このように分解できるので、

2010_04_28_math05.gif

であとは引き算から逆に掛け算に変形させれば、3/16となるのは分かりますよね?


ここでこんなことを上司が言いました。

「この問題って、最初に出てきた分母の数字と、最後に出てきた分母の数字を掛けたものを分母に、でてきた分数の数を分子にすればいいのでは?」

2010_04_28_math06.gif

なるほど、確かに答えは合っていますね。
この考えって一般的に成り立つのかな?

というわけでちょっと考えてみました。

2010_04_28_math07.gif

という数列を考えます。
このとき、一般的な式は

2010_04_28_math08.gif

で分数n個足してます。
公差rの公差数列ですから、

2010_04_28_math09.gif

と変形できまして、

2010_04_28_math10.gif

と簡単になりました。

2010_04_28_math11.gif

でしたから、通分して計算すると

2010_04_28_math12.gif

これを整理すると確かに

2010_04_28_math13.gif

となるので合ってますね。
うーむ、なるほど。

確かにこう考えると、計算が速くなるかもしれません。。


数式作成は、OpenOfficeのエディタを使いました。
この雑記のためだけにインストールしてみました。
使い方がいまいち分からないですが、ちょっとした数式を書きたいときにLatexを1から勉強するよりはラクでしょうね。

--------------------------------------------------------------------------------------

給食のお話

先日、御徒町にあるお店「給食当番」に行ってきました。
何のテレビか覚えていないけど、このお店が紹介されているのをみて、前々から行ってみたいと思ったお店。


ソフトめん、甘いミルクカレー、ミートソース、揚げパンなどなどが、アルミの容器に先割れスプーンで提供。
女性の店員さんは可愛い割烹着姿。
店内には落書き用のジャポニカ学習帳
メニューは出席簿の表紙。
1年生、2年生などの表札など、面白い雰囲気たっぷりのお店でした。

写真取り忘れたけれど、スペシャル給食セットは懐かしいおいしさいっぱいで、大満足できました。

残念なのは、黒板に学習机がある部屋は4人以上の団体客でないと使えないというところ。
そのうち機会があれば、団体で行ってみたいですね。


大学4年の春、今から7年ほど前に教育実習で母校の中学校に通いました。
上尾市では中学校では珍しく?、給食を出してまして、そのとき以来の給食でした。
たしか、そのとき給食費は1食270円くらいだったかと思います。
スペシャル給食セットは給食の定番のオンパレードで1500円。
そう考えると、サービスの質や配送のコストなどが違うとはいえ、給食の調理師さん、配給センターさんは限られた予算で栄養バランスを考えた素晴らしい食事を提供するのですから、大変なんだろうなと思ってしまいました。


ここ数年、それなりにお金を稼いでいて裕福なのに、給食費を出さない家庭が多いという話を聞きます。
(参考・・・wikipedia)
年に数回PTAか何かの企画で保護者が給食を試食する会というのがあると思います。
給食の素晴らしさを確認して、給食費問題を考えてみたらどうでしょう?

--------------------------------------------------------------------------------------

このブログについて
  • 全記事一覧(時間順)
  • このブログについて
  • 私のプロフィール
  • 当ブログで扱っている動画について
  • 記事違いなコメントのお返事

  • カテゴリー
    twitter
    カレンダー
    03 | 2010/04 | 05
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    Amazon
    でたらめな当ブログにぴったりな商品を自動で表示するみたいです。



    月別アーカイブ
    プロフィール

    たづみ

    Author:たづみ
    ・1981年生まれの男
    ・もう少し詳細なプロフィールはこちらで

    最新コメント
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    921位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    会社員・OL
    200位
    アクセスランキングを見る>>


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。