R-TYPE TACTICS2プレイ日記その69

前回取得したトレジャーにより
・Bwf-3C1 セクシーダイナマイト
・Bwf-5A クロー・クロー
・F-SXY セクシー・フォース
・BF-X5A クロー・フォース
が開発できるようになりました。
FINALのときも思ったのですが、セクシーダイナマイトの「セクシー」がいまいち理解できません。
ジェル状のヌルっとしたところなんですかね?


番外編ミッションNo.14 未知の文明都市
マップサイズ 36*11
攻略ターン数 35ターン以内
巨大都市の上空で繰り広げられる戦闘。
勝利条件・・・相手の旗艦ユニットを撃墜する
敗北条件・・・自軍の旗艦ユニットが撃墜される


バイド軍になってのミッションでソルモナジウムの採掘ができるミッションは初めてではないでしょうか?
ミッション前編をプレイすればあっさり999手に入りますけど、スタートすぐに手にはいるということもあり、せっかくなので運搬しとこうと思います。


戦慄の竜 たづみの記憶の残滓より
見知らぬ街の空で


我々がこの星の地表に降下すると、そこには地球よりも遥かに高度な文明と思われる都市が広がっていた。

そびえ立つ高層建築物は地球の都市を彷彿とさせたが、私はなぜか忌避感を感じていた。

やがてその理由が分かった。
現れたこの都市の防衛艦隊は、あの戦闘文明の艦船だった。
この星は、彼らの星だったのだ。

彼らは我々に明確な攻撃意思を示している。戦いは逃れられそうに無い。
私は・・・


ここで選択肢
1、普段どおりに戦うことを考えた
2、とにかく生き残ることを考えた
3、戦闘文明を滅亡させようと考えた


戦いを仕掛けられた以上、反撃するか逃げるかして生き残ることを考えると思うので2番を選択です。

とにかく生き残ることを考えた。
こんな場所に迷い込んだ己の糞を呪いながらも、生き残れるよう、自分の運を信じた。

我々は腹を決めた。
間もなく戦闘が始まる。
→出発する



ソルモナジウムを運搬しようと思ったのですが、1ターン目から敵の攻撃が飛んできたため、工作機を修復作業に回したため、回収できなかったです。。

ミッション中盤に初登場となる戦闘文明の新戦艦。
いままでよりもさらに巨大なこの戦艦が出てくるからには、敵旗艦は強力なんだろうなぁと思っていたら、兆級巡航艦でした。
なんかがっかり。
いつものごとく、ゲインズの波動砲を使用して敵ユニットを破壊しつつじわりじわりと進んでいく作戦をとりました。
ラックチンチンに攻略。
あと1ミッションで跳躍空間∞を進んだミッションの番号も15となりますので、戦闘文明との戦いも終わりなのかな?



戦績
ミッション完了ターン 21ターン
撃破したユニット 36機
撃墜されたユニット 3機
プレイヤーの生存率 85%
敵の生存率 0%
SCORE 24150

Bh-Gns3 ゲインズ3白兵戦型の
エクスカリバーによる
EX-CR01 兆級巡航艦の撃破

回収トレジャー
原生生物


戦慄の竜 たづみの記憶の残滓より
戦闘文明の大艦隊を撃退


戦闘文明の本拠地において、その防衛艦隊を撃破した。

これに懲りて我々に攻撃を仕掛けてこなければいいが・・・。
私は、我々が侵攻の意思が無いことを示すためにも、早急にこの星から離脱することにした。
→出発する


--------------------------------------------------------------------------------------

R-TYPE TACTICS2プレイ日記その68

前回のミッションで取得したトレジャーにより
・Bh-Tb02 タブロック2改良型
・B-Urc-L Uロッチ・リングレーザー
・B-Urc-Mis Uロッチ・ミサイル
が開発できるようになりました。
ここ数ミッション、コンバイラを出撃させているために、タブロックを出撃させるスペースがないんですよね。
でも、そのうち大きなミッションに備えて1機開発しておきます。
Uロッチのシリーズは、前作では武装が名前の通りでそれ一つしかなく、使い道があまりなかった記憶があるのですが、今作では鹵獲弾がついていて、使い道ができました。
地球軍では鹵獲弾を使えるのはノーチェイサーで、攻撃後の再移動ができたから鹵獲失敗時逃げることができましたけど、Uロッチはそれができないので使いどころが難しいかもしれません。


番外編ミッションNo.13 ブラックホール
マップサイズ 30*19
攻略ターン数 30ターン以内
ブラックホールをはさんでの戦闘。
敵をシュヴァルツシルト面へと突き飛ばせれば有利に戦える。
勝利条件・・・相手の旗艦ユニットを撃墜する
敗北条件・・・自軍の旗艦ユニットが撃墜される


ブラックホールのミッションは前作にありましたね。
前作ではワープ空間を越えてバイド系にたどり着いた先のミッションで登場したと思います。
体当たりで飛ばせばたしかに一撃必殺なのですが、反撃が痛いので結局のところ普通にプレイしてもあまり変わらないかと・・・。


戦慄の竜 たづみの記憶の残滓より
ブラックホール


我々の目の前には、光をも吸い込むという、ブラックホールがその口を開けている。

我々の地球を探す旅は、航行記録をもとに進路を採ってきた。時には勘に賭けたときもあったが、我々の進路は我々で決めてきたのだ。

しかし、ブラックホールの圧倒的な存在感(あるいは虚無感)を目の当たりにすると、我々が自分の運命を決めようとどれだけ足掻いても、この全てを呑み込む黒い穴に引き寄せられていたのかもしれない・・・。
そんな気さえした。

戦闘文明の艦隊が現れた。
彼らは自分達の運命についてどう思っているのだろうか・・・。

私は皆に戦闘準備を命じた。
→はじめる



戦闘文明かぁ。
いつものごとく四十四式と五十五式、兆級巡航艦しか出てこないんだろうなぁ。
そう思っていたところ四十四式・五十五式はいつものごとくなのですが、旗艦が兆級巡航艦ではなく、さらに巨大な戦艦でした。
たくさんのユニットと旗艦の強力な攻撃により数機撃沈しましたが、問題なく攻略。
・・・そういえば、1機も体当たりでブラックホールに飛ばさなかった。。


戦績
ミッション完了ターン 18ターン
撃破したユニット 36機
撃墜されたユニット 2機
プレイヤーの生存率 91%
敵の生存率 0%
SCORE 19126

Bhw-Gns2 ゲインズ2陽電子砲型の
携行型陽電子砲による
EX-BS01 京級戦艦の撃破

回収トレジャー
爪状機体開発
攻撃性ジェル


戦慄の竜 たづみの記憶の残滓より
戦闘文明の艦隊を撃退


ブラックホール周辺宙域にて、戦闘文明の艦隊を撃退した。
戦闘文明の艦隊の残骸がブラックホールに吸い込まれていく。

この場所に長居は無用だ。
この宙域から離脱する。
→出発する


--------------------------------------------------------------------------------------

R-TYPE TACTICS2プレイ日記その67

前回のミッションで取得したトレジャーにより
・Bhw-Gns2 ゲインズ2陽電子砲型
・Bh-Gns3 ゲインズ3白兵戦型
が開発できるようになりました。
やっと、バイド軍で一番使えるユニットが開発できるようになりまして、前編ミッションに戻り捕獲弾でバイドルゲンを999手に入れてすべてゲインズシリーズ開発に注ぎ込みました。
そしたら、ゲインズ2を7機保有。


さて、ユニット名をつなげてできる文章は以下のように埋まりました
ヤハリキガツクトバイドニナツテイタソレカラワタシタチハウチユウヲサマ??ツヅ??イツノヒニカチキユウニモドレ??シン??
もうここまでくれば十分でしょう?


番外編ミッションNo.12 流星群
マップサイズ 22*11
攻略ターン数 20ターン以内
流星が降る宙域に進入した。ここでの戦闘は流星に注意しながら行わなければならない。
勝利条件・・・相手の旗艦ユニットを撃墜する
敗北条件・・・自軍の旗艦ユニットが撃墜される


戦慄の竜 たづみの記憶の残滓より
中規模流星群


この辺りには幾つもの流れ星が流れている。
ふと私は、流れ星が出現してから消滅するまでの間に、願い事をしてみようと考えた。
私は願った。

ここで久しぶりの選択肢です。
1、地球に帰ることができますように
2、人類が無事でいますように
3、もう戦いはしたくない
4、もっと強い相手と戦いたい

いままでのストーリーを考えると1~3になりますね。
だから、あえて4番をここでは選択してみます。

もっと強い相手と戦いたい・・・。
この願いは、願わずとも叶うような予感がした。

その時、流星群の向こうからバイドの群れが現れた。
私はただちに皆に戦闘準備を命じた。
→はじめる



後攻のミッションです。
1ターン目でいきなり敵ユニットが流星に巻き込まれてお亡くなりになった音が聞こえました。
そんなわけで、このミッションでは敵がおバカなのか、流星に巻き込まれることが多く、あっさり進めることができました。
ただ、コンバイラはまったく動けず・・・。


戦績
ミッション完了ターン 11ターン
撃破したユニット 18機
撃墜されたユニット 2機
プレイヤーの生存率 84%
敵の生存率 0%
SCORE 15892


Bh-Gns3 ゲインズ3白兵戦型の
エクスかリバーによる
B-Bld2 ボルドガングの撃破

回収トレジャー
汎用制圧兵器

戦慄の竜 たづみの記憶の残滓より
流星群のバイドを撃退


流星群地帯に現れたバイドの群れを撃退した。

私は戦いの中で、人類の天敵であるバイドを倒すことだけが、今の我々と地球人類とをかろうじて繋ぎとめているように思えた。
宇宙の広さが、これほどまでに我々と地球人類とを遠ざけている・・・。

これまで移動した道のりはまったく無駄では無いはずである。
(少なくとも、どこに地球がないことは分かっている)

我々は前に進んでいる。

そう信じよう。

私は流れ星に、もう一つだけ願い事をしようと思った。
とても大切なことだったと思うのだが、忘れてしまった。
→出発する


--------------------------------------------------------------------------------------

今週の気になること

バンクーバー冬季五輪の女子フィギュアスケート。

この雑記を書いている現在、すでに競技は行われていますけど。

競技前、ラジオやテレビで浅田真央選手が金メダル取れるかどうか?という報道をよく見かけました。
そしてほとんどが「浅田真央選手がノーミスの演技をし、キム・ヨナ選手がミスをしたらメダル確実」という内容だったように思います。


金メダル確実みたいな評価をされながら、相手のミスを願わないと取れないと言われる矛盾。

そんなことがちょいと気になりました。
報道ってなんなんだろ?

--------------------------------------------------------------------------------------

今週の気になること

ひんにょう。
この言葉を聞いて「あ、尿が出なくて膀胱や腎臓に負担がかかる病気・・・貧尿なんだな」とものすごい勘違いをしていました。
こんばんは、たづみです。


ひんにょうは正しくは「頻尿」で字のごとく「尿が頻繁に出る・・・トイレが近いことが多い症状」。
原因はさまざまなようで、ストレスなど精神などから起こる場合もあれば、膀胱に病気があったりする場合もあるようで、お医者さんに相談するのがいいそうです。


っで、今週の気になることなのですが、自分が「貧尿」と考えた内容。
尿が出ないという病気も世の中にはあると思うんです。
その病名ってなんなんだろう?というのが気になります。


まあ、知ったところで「ふーん」で終わっちゃうんですけど、なんか気になります。

--------------------------------------------------------------------------------------

このブログについて
  • 全記事一覧(時間順)
  • このブログについて
  • 私のプロフィール
  • 当ブログで扱っている動画について
  • 記事違いなコメントのお返事

  • カテゴリー
    twitter
    カレンダー
    01 | 2010/02 | 03
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 - - - - - -
    Amazon
    でたらめな当ブログにぴったりな商品を自動で表示するみたいです。



    月別アーカイブ
    プロフィール

    たづみ

    Author:たづみ
    ・1981年生まれの男
    ・もう少し詳細なプロフィールはこちらで

    最新コメント
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    708位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    会社員・OL
    143位
    アクセスランキングを見る>>