LIAR-GAME第18話の内容と感想

2006年5月25日木曜日、半年振りに帰ってきたLIAR-GAME。
では、まず簡単に内容を…。

2回戦が終わって1週間が経った。
ライアーゲーム3回戦に進むことになった恩人、秋山深一を心配する神崎直は今日も秋山に電話をかけるが出てくれない。
そんなとき、突然来客が。

それは、ライアーゲーム事務局の人間、直を1、2回戦へと参加するよう騙したニセ弁護士だった。
彼は直に秋山の過去を話し、直が秋山を助けたいという思いを持っていることを利用して、敗者復活戦にエントリーするよう誘う。
正直な直は、またしてもライアーゲームに参加することとなった。



とまぁ、こんな感じですかね。
さて、感想、考察です。

偽弁護士が言うには、ライアーゲーム2回戦の敗者が参加できるとのこと。
ということは、Xことフクナガユウジも再登場する可能性があったりするんでしょうかね?

1回戦の勝利は最高で1億円でした。
そして2回戦の時、満額1億を取った人は少ないということでした(第9話参照)。
といってもライアーゲームなので、第9話の1回戦で手にしたお金の話は、直が騙されている可能性もあるだろうけど、おそらくほんとのことでしょう。
ですので、敗者復活戦に参加するのは、「2回戦で少数派チームを作ってお金を分配した。」というのが無い人は現在多額の借金をかかえているわけで、そのような人たちが、「どうせ1億は生きても返せないから負けて二億になっても変わらないようなもの、勝てれば大富豪」という思いで必死に参加するのではないかと思います。
だからサングラスは参加しないだろうなぁ。

さて、秋山君をドロップアウトするには10億5000万円必要です。
もし敗者復活戦のエントリー額が1億円とすると、敗者復活戦の参加者は最低でも12人いないと直ちゃんは助けることができません。
また、秋山君を助けてさらに自分もドロップアウトする。となると、ドロップアウトのお金は賞金の半額なので、21億手にしないといけません。
偽弁護士は「秋山を助けたい」という思いを利用して直を誘ったので、それが嘘でなければ、12人はやはり参加するのではないかと思います。

次に敗者復活戦のルールについてですね。
詳細は次回に人数とともに分かると思いますが、今のところ、
・法に触れるもの以外は何でも持参OK。
・場所は廃ボウリング場。
この2点ですね。
やはり何でも持ってきてOKというのは後々、重要な要素になると思います。
直が持参したものは、「愛用の辞書・愛用の目覚し時計・愛用の電卓・愛用のクマのヌイグルミ」他にも持ってきているだろうけど、分かっているのはこの4点。
どれも使えないのではないかな?と思うのですが、1回戦、2回戦とちょっとした言葉や仕種、景色とかが重要なところもあったし、この4点のどれかを使うよう作者は考えているかもしれませんね。
私が勝手に思ったものとして、参加者の中には盗聴器をもってきている人がいるのではないかと思っています。クマのヌイグルミに付けられるし。
あとは外部への通信、携帯電話が重要になるところがあるのかな?
これは、秋山君が敗者復活線に参加する資格がないので、秋山君が登場するとしたら、電話でのアドバイスという形なのではないかと思ったからです。

今回の考察はこれくらいです。
詳細なルールが分かるであろう第19話が楽しみですね。

--------------------------------------------------------------------------------------

LIAR-GAMEが連載再開しました

2006年5月25日木曜日。
半年振りにあのマンガがヤングジャンプに帰ってきましたね。

今回も自分勝手な内容と考察を当ブログでやらさせていただきます。
もしよろしければ、皆さんが考えた考察をコメントに書いてくださいね。

前回の2回戦の連載時、私は学生でしたが、今は社会人となりまして、木曜日の夜はそんなに時間がとれそうにありません。
ですので、金曜の夜、または土曜日にじっくり考察して、更新しようと思います。


というわけで、今週の内容と考察は私の都合上、土曜日の夜にさせていただきます。よろしくお願いします。

追記)・・・すいません。出かけていたため、更新できませんでした。
とっても眠いので一眠りしてからじっくり考えて更新します。

--------------------------------------------------------------------------------------

mixiで書いていた雑記

mixiで書いていた雑記を紹介します。


------------------------------------------

2006年1月23日  今日の気になること

野良犬が寝てる場所はいったいどこなのか気になる。
猫も気になります。


注)ここだけの補足

コメントですてきなお答えを教えていただきました。

おまえ、人の家で勝手に寝るじゃん
つまり、そういうことだ


そういうことらしいです。
でも、忠犬ハチ公のドラマをみると、
ハチは人の家に、または、他犬の小屋にあがりこんでないと思うけど。


--------------------------------------------

2006年1月24日 今日の気になること

阪神大震災の被災者にとって、PS2のソフト「絶体絶命都市」はリアリティがあったと思えたのか気になる。

また、「絶体絶命都市」をプレイした後に新潟中越地震を被災した人はこのゲームで得た知識が役立ったのか気になる。


注)ここだけの補足

絶体絶命都市とはアイレムが作ったPS2のソフトで、2002年4月の作品だったと思います。

2006-05-23-1.jpg

↑こんなゲームです。

内容は、地震の被害によって本州への道がなくなり孤島となってしまった首都島から、余震や2次災害の被害を避けて、島から脱出する方法を見つける、というゲームです。
2004年9月16日にPS2Bestとして2800円で販売しています。
その約1ヵ月後に新潟中越地震があって、かなりタイムリーなときに発売したなぁと当時思いました。

また、今年の3月には絶体絶命都市2が販売されました。
絶体絶命都市2は水害をテーマにしたゲームです。

私はまだ購入していないのですが、ゲームショウでアイレムから頂いた体験版をやってみると、絶体絶命都市1と同じくスペランカーのようにあっさりお亡くなりになるシステムは健在のようで(10メートルくらい落ちれば人間死ぬから、リアルといえばリアルだなぁ)、ほっと安心しました。

さて、2004年秋でのゲームショウでは2005年発売予定となっていました。
だけど、バンピートロットとの並行開発のためか、販売が延長してしまったのはとても残念だったと思います。
2005年の夏ごろの発売なら、台風14号(NABI)の被害で水害の関心が高く、売れたのではないでしょうか?


(C)IREM SOFTWARE ENGINEERING INC. All rights reserved.
このページの画像は掲載が許可されているものです。
画像の複製・再配布を禁じます

--------------------------------------------------------------------------------------

mixiで書いていた雑記

mixiで書いていた雑記を一部紹介します。


-----------------------------------------

2006年1月21日 今日の気になること。

久しぶり、懐かしいというコトバが使われる時間はどのくらいなのか気になる。


注)ここだけの補足

mixiで頂いたコメントを一部載せさせていただきます。

2006年01月22日
01:51
YOU

それはあなたの心の時間そのものです…感じてください…えぇい!!!!
こんなんでましたけど^^

2006年01月22日
02:26
たず

こころの時間。たしかにそうですね。

考える対象によって久しぶりと思う時間は違うと思いますが、すべてを平均したらどのくらいなのかな?というわけで…。


「ぞうの時間・ねずみの時間」だったかな?
動物によって時間の感じるスピードが違うという話。
寿命の長いものは比較的ゆっくり感じるんだっけ?
寿命は心拍数が影響していて、心拍数が早いと時間を早く感じるという理論だと聞いたことありますが、読んだことはありません。
とっても読んでみたい1冊です。

2006年01月22日
03:24
よーすけ

時間の感じ方は人それぞれだからネ!!
前カイチングと話しててお互いの考え方が一致したんだけど、
僕的には時間軸は1次元ではないと思うんだよね。場所とか人とか
その空間によって1秒の進む早さって違うんじゃねぇかなぁって。。。つまんねぇ授業って聞いてる方も話してるほうも長く感じるからその教室という空間の1秒は他の1秒より長い!みたいな…
なんか言ってることずれてっかな?

2006年01月22日
04:41
たず

相対性理論で、動いてるものと動いてないものでは時間のスピードが異なるんですよね?
動いているものの中にいる人は、外の人より遅いんですよね?
物理についてはよく分からないけど。

そういう意味で空間によって進む速さが違うというのは納得できます。

感覚によって時間のスピードが違うのは、なんででしょうね?
心拍数理論だと
●たいくつ→心拍数ゆっくり→長く感じる
●興味のあること→アドレナリンドッパドパ→興奮→心拍数上昇→早く感じる
となると思います。。

次元に関しては1次元ではないというのは面白いかも…。
時間にねじれが起きたりするのかな?
ifの世界とかマンガでは時間のねじれに関する話がありますが…



あらためて、よーすけ氏の時間多次元説を考えてみようと思ったのですが、
物理が分かっていない私にはムリでした。


---------------------------------------


2006年1月23日 今日の気になること

「こちらは防災上尾、上尾市役所です。」と街全体に流れる放送のエコーが気になる。


注)ここだけの補足

町全体に放送が流れる防災上尾。
その放送の主な内容のほとんどが老人or子供が行方不明というもので、()をやまびことすると、以下のように聞こえます。

「こちらは(こちらは)防災上尾(防災上尾)上尾市役所です(上尾市役所です 上尾市役所です。上尾市役所です)。迷子のお知らせをいたします(いたします)○○さんの息子の(息子の)○○ちゃん○才が(○○ちゃん○才が)公園で遊んでからまだ帰ってません(ません。ません。ません)。
○○ちゃんの特徴は(特徴は)赤いコートに黒いズボン(黒いズボン)。心当たりのある方は、お近くの交番までお知らせください(お知らせください お知らせください)こちらは、防災上尾(防災上尾)上尾市役所です(上尾市役所です 上尾市役所です)」

あと、呼び出し音が聞こえてきます。
これが一番やまびこがすごいのだけど、それは皆さんの街でも同じだと思います。

--------------------------------------------------------------------------------------

このブログについて
  • 全記事一覧(時間順)
  • このブログについて
  • 私のプロフィール
  • 当ブログで扱っている動画について
  • 記事違いなコメントのお返事

  • カテゴリー
    twitter
    カレンダー
    04 | 2006/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    Amazon
    でたらめな当ブログにぴったりな商品を自動で表示するみたいです。



    月別アーカイブ
    プロフィール

    たづみ

    Author:たづみ
    ・1981年生まれの男
    ・もう少し詳細なプロフィールはこちらで

    最新コメント
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    1120位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    会社員・OL
    239位
    アクセスランキングを見る>>