LIAR GAME 第13話の内容と感想

前回では残った4人のうち1人が分からなかったですが、今週の連載で11番のミウラタカヨシということが分かりましたね。

先々週、私は
"直ちゃんと秋山君が離れ離れになりましたね。
LIAR GAMEは直ちゃん視点で描かれる場面が多いので、今後の描き方が気になりますね。
秋山君視点になるのかな?
"
と書きましたが、ゲームの休憩中は外部との連絡ができるということで、直ちゃんが秋山君に電話するという形で直ちゃん視点で描かれていましたね。

その電話で秋山君は「Xが何かやってきている」、「今 手を打たないと間違いなく明日の第一ゲームで俺達はやられるからね」と言います。
次の日の朝、家にいても不安な気持ちになった直ちゃんは洋館の前に来てしまいます。
秋山君に電話して1番が洋館の前にいたという報告をしました。

そして、第3ラウンドが始まります。
抽選によりミヤハラヒトミが「この4人の中で勝ち残るのは自分だ」というお題を出します。
何も不穏な動きがないまま5時間55分過ぎ、投票します。
秋山君は昨日のレロニラの開票の仕方を観察して、二つ折りや四つ折りのように大きいものは最初に、小さくたたんだ投票用紙は最後に開票するという特徴をつかんだらしく、小さく折りたたみ最後に開票されるようにしました。

ゲーム終了と同時に直ちゃんは秋山君に電話します。
秋山君は電話越しに開票結果を聞くように直ちゃんに言います。
ミウラタカヨシと15番のサングラスがNOに投票。
事前に秋山君はNoに、ヒトミはYesに入れることを知っている直ちゃんは勝利を確信し、喜びました。
そしてヒトミに電話を変わってもらい、勝利の喜びを分かち合おうとしたら、パニックに陥ります。
というのは、ヒトミは本名がフクナガユウジというニューハーフで、Xであると告白するからです。
偽名で契約書を書いたから契約書は無効、21億は自分のものと主張して今週の連載は終わりました。


今回は内容を先にば~っと書きました。
さて、感想を書きますか・・。

まず、今週の連載と今後の展開を考えるとポイントは以下のものだと思います。
その1 Xが打っていた手とは一体何か?
その2 ヒトミがXだということを秋山君はどこで気づいたか?
その3 「今 手を打たないと間違いなく明日の第一ゲームで俺達はやられるからね」と言って秋山君が打った手とはいったい何か?
その4 第4ラウンドで秋山君はどうやって他の3人から勝ち抜くのか?

まずその1ですが、Xが打っていた手とは今までの私の考察、当時の文章を引用すると、
"例えば、この8人チーム作戦を、他の人々に持ちかけたとします。
そうすると、Aのチーム7人、Bチーム7人、Cチーム7人、Xは全部のチームに所属したとします。
っで、XはYesに行くようにします。つまり
Yes AAA、BBB、CCC、X
No AAAA、BBBB、CCCC
A・B・Cのどのチームの人々もうまく少数決ができたと勘違いしたままで、どうように2ラウンド目も行えば、Xは残ります。
そうすると、最終的にはXの1人勝ちができます。
"
というものだと思います。

というのは、次のその2の考察と一緒に。
秋山君がヒトミがXだと確信したこと及び、Xの作戦を確信したのは第2ラウンド終了時で、100%確信できる出来事として直ちゃんからの電話で洋館の前に1番がいたという報告からだと思います。
完全に確信する前のところを振り返ってみると、第1ラウンドの投票が終わった第11話の最後で、秋山君は「何か変だ」という発言をします。
読み直してみれば分かりますが、負けた人々は1億の借金を負わされるので、普通なら第1回戦の藤沢先生のようにがっくりと肩を落とし絶望するでしょう。
しかし第1ラウンド終了時、そのような人がいなかったので変だったと思い、もしかしたらその1の作戦をXがしていると思ったのでしょう。
だから第12話の始めに秋山君が直ちゃんに「次のゲーム4対6の最小差で分かれるようならこの場は俺の想像する最悪のシナリオで動いている可能性が高い」と言ったのでしょう。

第12話の中盤で、ヒトミが直ちゃんに「Yesに入れようよ」と提案しました。
秋山君と一緒に行動したかった直ちゃんはそのことで秋山君に相談したとき、この作戦を提案したのは自分達だから、ここで二人で行動したら不信感を抱く可能性があるから別々に行動すること、そして、Xは思いもよらない裏技を用意している可能性があるから、何かあったときのため男と女の二人組みの方がいいという提案をしました。
そして、秋山君とヒトミがYesに入れ、直ちゃんとマツバラフミオがNoに入れるということになったシーンがありました。
たぶんヒトミがYesに入れたいというような発言をしたときに、もしかしたらXはヒトミだと秋山君は考えたのでしょう。
だから、今考えると第2ラウンドで秋山君は直ちゃんと別れるように言ったのでしょう。
そして第2ラウンド終了時も泣いたりうなだれる人がいなかったこと、最小差の4対6で分かれたことから、Xがヒトミでありその1の作戦をしていることを確信したのだろうと思います。

その3、秋山君が前日に打った手とは一体何だろうということですね。
たぶん、ミウラタカヨシとサングラスにヒトミの作戦を話したのかな?
そうすることで、二人がヒトミの術中にはまっていることを気づかせること、ヒトミを一度はめるため二人はNoに入れるように打ち合わせしたのかなと思います。

その4、第4ラウンドでどうやって秋山君は勝つのかですが、分かりません。
来週までには何か考えが浮かんだら更新します。
2週間前の考察、お金の分配で2回戦終了はやっぱりありえないでしょうね。
ところで、この考察でのお金の分配の計算間違えてますね。
訂正しませんけどね。。

--------------------------------------------------------------------------------------

日光へ観光しに行きました。

東照宮へ行く間の小道にて。
「うーん。なんかこういう道って月風魔伝のような感じだね」
「5年前鎌倉を観光したときも同じ事言ってたよ」
「俺達、まったく成長していないなぁ」
2005-10-23-getuhuu.jpg


そんなわけで昨日、日光に観光しに行きました。

--------------------------------------------------------------------------------------

LIAR GAME 2回戦のおさらい

今週は、LIAR GAMEが休載だったので、2回戦について簡単に振り返ろうと思います。

まず、2回戦の少数決のルールは

※参加者は全部で22人
※Yes、Noの2択で少数派が勝利する。
※同数の場合はやり直し。
※最終的に1人又は2人になった時点で2回戦は終了する。
※敗者は1億円借金する。
※最後に生き残ったのが1人の場合、21億円を賞金としてもらえる。最後に生き残ったのが2人の場合、それぞれが10億円ずつもらえる。
※お題は抽選で決まったプレイヤーが出す。
※投票用紙はディーラーのレロニラがあらかじめ用意した、プレイヤー番号とYes、Noの書かれた2枚の紙を使用する。よって投票を不正することは不可。
※投票はお題がでてから6時間以内に行う。その間ならいつでも投票可能。
※お題がでてから投票終了時間まで、プレイヤー全員は同じ部屋で過ごす。外部に連絡をとる手段(携帯電話など)は持つことができない。トイレに行くときなどは、事務局の人間の監視がつく。
※勝利者が3回戦に進みたくない場合、ドロップアウトのお金として、賞金の半額を事務局に渡さないといけない。
※もし、事務局が不正をしているのをプレイヤーが見つけた場合100億円の賞金(第11話では20億になっていた)をもらえる。

以上がルールでした。


次に、秋山君が考えた必勝法について
まず8人で同盟を組みます。
1ラウンドでYesに4人、Noに4人分かれます。
そのとき、他のプレイヤーが多く残るパターンで考えると4:6、4:8となる。
2ラウンド目の同様に半分ずつに分かれ、他のプレイヤーが多く残る場合2:2、2:4と分かれることになります。
そして、最後は1:0、1:2と分かれることになるので、チームの誰かが勝利することになります。
賞金21億をドロップアウトして10億5000万もらえて、チームの7人分の負債7億を支払うと残りが3億5000万。
3億5000万円を8人で分配して、一人当たり4375万円ゲットでき、なおかつドロップアウトできるというものでした。


秋山君はこの作戦の懸念材料として、秋山君がライアーゲームに参加できるきっかけとなった、タカダミチコを騙して1億奪った人物"X"の存在を挙げています。
タカダミチコによると、Xの特徴は若い男性であること。
直ちゃんは15番のサングラスの男が怪しいと考えました。

そこで、秋山君と直ちゃんは2回戦に参加していた女性5人とおじさん1人と同盟を組みました。
で、2ラウンドまで終わったところで、生き残っているのは、秋山君、ミヤハラヒトミ、15番のサングラス、あと1人、の4人となりました。
以上が先週までの内容です。


簡単に振り返りました。
私は今現在、ヒトミが実はXではないかと思っています。
っで、いろいろ考えているのですが、少なくとも先週の私の考察、お金を払うのは展開としてありえないと思いました。
自分で書いた文章だけど・・・。

で、新たに私の考えた展開予想は、投票を他の2人が行った後、秋山君がヒトミと相談したものと反対の方に投票。
そして最後のヒトミの投票で反対の方に入れたと話します(残った投票用紙を見せてもOKかな?)。
それで、ヒトミが秋山君と同じ票に入れて3ラウンドやり直しという展開になると思います。
これでヒトミはX確定と秋山君が考えます。
ヒトミはお金を独り占めしたいため秋山君を裏切ったということになりますからね。

--------------------------------------------------------------------------------------

LIAR GAME 第12話の内容と感想

何かが変である。
そう感じた秋山君は、2ラウンド目に4:6と分かれたら最悪のシナリオかもしれない、と考えます。
しかし、作戦は変えないでいくことにしました。
そして、秋山君は直ちゃんにもっと周りを観察するように言いました。

前回、私は
例えば、この8人チーム作戦を、他の人々に持ちかけたとします。
そうすると、Aのチーム7人、Bチーム7人、Cチーム7人、Xは全部のチームに所属したとします。
っで、XはYesに行くようにします。つまり
Yes AAA、BBB、CCC、X
No AAAA、BBBB、CCCC
A・B・Cのどのチームの人々もうまく少数決ができたと勘違いしたままで、どうように2ラウンド目も行えば、Xは残ります。
そうすると、最終的にはXの1人勝ちができます。

と書きました。
ほんとにこれをやっているなら、2ラウンド目終了時、
Yes A、B、C、X
No AA、BB、CC
と4:6になりますよね。
もしかしたら、これが最悪のシナリオなのかな?


2ラウンド目のお題は11番のミウラタカヨシの提案「"S"か"m"かと言ったらもちろん"S"」。
直ちゃんは"S"と"M"の意味が分からず、秋山君に尋ねます。
秋山君の答は
「"ディフェンス"か"オフェンスか"・・・って事だよ。"S"は"攻め"、"M"は"守り"・・・って思っとけ」
それを聞いた直ちゃんは、
「じゃ柳沢はSで中沢はMですね。」
というちょっとしたボケがマンガに入っていました。
ライアーゲームの連載でこんな感じのボケは初めて入ったのかな?

直ちゃんは秋山君の言うとおり、観察することにしました。
しかしそのとき、ミヤハラヒトミが直ちゃんに、
「この6時間 アンタ徹底的に15番をマークしな。私は他のメンバーに探りいれるからさ」
そして、直ちゃんは15番のサングラスを観察したけど、特に変わったところを見つけられずに5時間経過します。
そしてヒトミが直に話し掛けてきます。
Yes、NOのどちらに票を入れるか相談し、直ちゃんと一緒にYesに入れるように提案します。

もし、ヒトミがXで、私が思ったことをやっていると仮定すると、ヒトミが直ちゃんに15番を観察するように言ったのは、他チームとの打ち合わせをすることを気づかれないためかもしれませんね。
さらに、直ちゃんにYesに入れるように提案したのは、バカ正直な直ちゃんは騙しやすいと思ったからかもしれません。


秋山君と一緒に行動したい直ちゃんは、秋山君と相談。
秋山君は直ちゃんと一緒に行動しないと言います。
というのは、この作戦を提案したのは自分達だから、ここで二人で行動したら不信感を抱く可能性があるからです。
そして、Xは思いもよらない裏技を用意している可能性があるから、何かあったときのため男と女の二人組みの方がいい、といいます。
これによって、秋山君とヒトミがYesに、直ちゃんとマツバラフミオはNoに投票することになりました。

投票の結果、4:6でYesの勝ち。
秋山君はXが何かやってきてる、と思うが、それが何かはつかめていない様子。
直ちゃんは退場間際、生き残ってる15番のサングラスにぞっとしました。


というのが、今週の内容でした。
ホントに私が思ったことが最悪のシナリオなのかな?


直ちゃんと秋山君が離れ離れになりましたね。
LIAR GAMEは直ちゃん視点で描かれる場面が多いので、今後の描き方が気になりますね。
秋山君視点になるのかな?


ヒトミがXだとすると、3ラウンドに秋山君は何としてでも勝たなくてはいけません。
ということは、15番ともう1人(誰だかわからない)を騙して、もしくは1億の負債を負わなくてすむように約束するなどして勝たなくてはいけません。

15番ともう1人に1億の負債を負わせないという約束をするとします。
秋山君とヒトミはチームの作戦上、確実に分かれるようになっています。
ですのでが秋山君が勝つようにすると、(ヒトミには払わないとして)賞金を10人で分配することになります。
ドロップアウトを宣言したら10億5000万ゲットで、各自9人分の借金1億を払うため1億5000万が残るわけですよね。
始めに各自に4375万を分配すると約束しているので、4375万×9=3億9375万円を支払います。
まあ、正直な直ちゃんはお金を要らない。
と言ったとしても3億5000万円支払います。
3ラウンドで1億負債を負わなくて済むようにしただけ+直ちゃんに支払わなくていいとしても、2億6250万必要となります。
ドロップアウトしたら1億5000万しか手に入らないので、お金が足りなくなります。
ですのでドロップアウトせずに支払い。3回戦に進出かな?
または、各自が秋山君の言うことを信じてくれるならば、ドロップアウトでゲットした1億5000万を10人で分配、各自1500万分配して終了。


上記のような場合で無いときは・・・。
2回戦の3ラウンドで秋山君が負けたら連載終了だろうし、勝ったとしてもLIAR GAME3回戦に直ちゃんが進まない(と思われる)ので、連載は終わってしまうのかな?
または、直ちゃんはもう出てこないで秋山君が主人公として3回戦が連載されるかもしれません。
うーん、もしかしたら敗者復活戦ということで直ちゃんが登場するかもしれませんね。


まあとにかく、2回戦は3ラウンドで決着がつくでしょうから、あと2~3週で終わりそうです。
1ラウンド、2ラウンドと駆け引きがなかったので3ラウンドは期待します。

来週は作者の取材のため休載です。

--------------------------------------------------------------------------------------

紫禁城の基本事項

十字ボタン・・・キャラクターの移動。
Aボタン・・・1手戻す
Bボタン・・・メニュー


--------------------------------------------------------------------------------

基本的なルール

● 扉に入ればクリア。
● 数牌は動かすことができるが、字牌は動かすことができない。
● 数牌を字牌の隣に動かすと、数牌は字牌となる。
shikinjo-001.jpg

shikinjo-rule1.jpg


● 数牌を動かして、同じ数牌を隣同士にすると、数牌が消える。
shikinjo-rule2.jpg

shikinjo-rule3.jpg


● 数牌を動かす場所の隣に、同じ数牌と字牌があった場合、数牌は消えず、字牌となる
shikinjo-rule4.jpg

shikinjo-rule5.jpg


● 牌(又は、扉、アイテム)の上に別の牌があるものが存在する。
  見た目では区別できないが、その牌を動かしたとき、通常とは違う音を出す。
  また、その牌を一度動かすと下の牌(又は扉、アイテム)は無くなる。
  動かさずに上の牌を消すと、下の牌(又は扉、アイテム)が現れる。

● 落とし穴の上に一度でも牌を動かして乗せると、落とし穴は消え、自由に通過できる。

● つるはしは、1つだけどんな牌も壊すことができる。つるはしをとったとき、キャラクターは点滅する。

● ワープ扉に入ると、ある場所にワープする。つるはしを取った状態でもワープ可能。

-----------------------------------------------------------

virtuaNES0.92用の全stage攻略ムービーを用意してあります。
Stage001~Stage040
Stage041~Stage080
Stage081~Stage120
Stage121~Stage150
ファイルをダウンロード→名前の変更で.mp3の部分を消す→zipファイルとなるので解凍



以下、各STAGEの紹介です。
紫禁城 Stage150
紫禁城 Stage149
紫禁城 Stage148
紫禁城 Stage147
紫禁城 Stage146 ・・・2008年12月30日解決。
紫禁城 Stage145
紫禁城 Stage144
紫禁城 Stage143
紫禁城 Stage142
紫禁城 Stage141
紫禁城 Stage140
紫禁城 Stage139
紫禁城 Stage138
紫禁城 Stage137
紫禁城 Stage136
紫禁城 Stage135
紫禁城 Stage134
紫禁城 Stage133
紫禁城 Stage132
紫禁城 Stage131
紫禁城 Stage130
紫禁城 Stage129
紫禁城 Stage128
紫禁城 Stage127
紫禁城 Stage126
紫禁城 Stage125
紫禁城 Stage124
紫禁城 Stage123
紫禁城 Stage122
紫禁城 Stage121
紫禁城 Stage120
紫禁城 Stage119
紫禁城 Stage118
紫禁城 Stage117
紫禁城 Stage116
紫禁城 Stage115
紫禁城 Stage114
紫禁城 Stage113
紫禁城 Stage112
紫禁城 Stage111
紫禁城 Stage110
紫禁城 Stage109
紫禁城 Stage108
紫禁城 Stage107
紫禁城 Stage106
紫禁城 Stage105
紫禁城 Stage104
紫禁城 Stage103
紫禁城 Stage102
紫禁城 Stage101
紫禁城 Stage100
紫禁城 Stage099
紫禁城 Stage098
紫禁城 Stage097
紫禁城 Stage096
紫禁城 Stage095
紫禁城 Stage094
紫禁城 Stage093
紫禁城 Stage092
紫禁城 Stage091
紫禁城 Stage090
紫禁城 Stage089
紫禁城 Stage088
紫禁城 Stage087
紫禁城 Stage086
紫禁城 Stage085
紫禁城 Stage083
紫禁城 Stage082
紫禁城 Stage081
紫禁城 Stage080
紫禁城 Stage079
紫禁城 Stage078
紫禁城 Stage077
紫禁城 Stage076
紫禁城 Stage075
紫禁城 Stage074
紫禁城 Stage073
紫禁城 Stage072
紫禁城 Stage071
紫禁城 Stage070
紫禁城 Stage069
紫禁城 Stage068
紫禁城 Stage067
紫禁城 Stage066
紫禁城 Stage065
紫禁城 Stage064
紫禁城 Stage063
紫禁城 Stage062
紫禁城 Stage061
紫禁城 Stage060
紫禁城 Stage059
紫禁城 Stage058
紫禁城 Stage057
紫禁城 Stage056
紫禁城 Stage055
紫禁城 Stage054
紫禁城 Stage053
紫禁城 Stage052
紫禁城 Stage051
紫禁城 Stage050
紫禁城 Stage049
紫禁城 Stage048
紫禁城 Stage047
紫禁城 Stage046
紫禁城 Stage045
紫禁城 Stage044
紫禁城 Stage043
紫禁城 Stage042
紫禁城 Stage041
紫禁城 Stage040
紫禁城 Stage039
紫禁城 Stage038
紫禁城 Stage037
紫禁城 Stage036
紫禁城 Stage035
紫禁城 Stage034
紫禁城 Stage033
紫禁城 Stage032
紫禁城 Stage031
紫禁城 Stage030
紫禁城 Stage029
紫禁城 Stage028
紫禁城 Stage027
紫禁城 Stage026
紫禁城 Stage025
紫禁城 Stage024
紫禁城 Stage023
紫禁城 Stage022
紫禁城 Stage021
紫禁城 Stage020
紫禁城 Stage019
紫禁城 Stage018
紫禁城 Stage017
紫禁城 Stage016
紫禁城 Stage015
紫禁城 Stage014
紫禁城 Stage013
紫禁城 Stage012
紫禁城 Stage011
紫禁城 Stage010
紫禁城 Stage009
紫禁城 Stage008
紫禁城 Stage007
紫禁城 Stage006
紫禁城 Stage005
紫禁城 Stage004
紫禁城 Stage003
紫禁城 Stage002
紫禁城 Stage001

--------------------------------------------------------------------------------------

このブログについて
  • 全記事一覧(時間順)
  • このブログについて
  • 私のプロフィール
  • 当ブログで扱っている動画について
  • 記事違いなコメントのお返事

  • カテゴリー
    twitter
    カレンダー
    09 | 2005/10 | 11
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    Amazon
    でたらめな当ブログにぴったりな商品を自動で表示するみたいです。



    月別アーカイブ
    プロフィール

    たづみ

    Author:たづみ
    ・1981年生まれの男
    ・もう少し詳細なプロフィールはこちらで

    最新コメント
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    975位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    会社員・OL
    192位
    アクセスランキングを見る>>