ドラゴンクエスト1を装備なしでプレイする

なんとなくFC版ドラクエ1をやってます。

このゲームは常に勇者が欽ちゃん走りしているような感じで移動。
それは別にいいんですけど。

えーと、このゲームはラダトーム王の部屋からはじまります。
dorakue1-2.jpg


王様に呼ばれた主人公。
勇者は王様に、「竜王を倒して光の玉を取り返して」くれと頼まれます。
そして、お話が終わって部屋から出ようとすると、
dorakue1-3.jpg


扉が閉まっています。
呼ばれて来たのに出れないじゃないか・・・。
ま、町の人に聞かれないようにするためかもしれません。
だけどさ、
dorakue1-4.jpg


鍵を宝箱から手に入れるのはどうかと思う。いくらなんでも。

ということをどこかのサイトの掲示板に書き込みしたら
「ゲームシステムを理解させるためじゃないか?」
という意見がありました。
そうなると、電源を入れなおすとふつうの扉は復活するのに、
ここの扉だけ復活しないのは、
ちょっとゲームシステムの理解に苦しむような気がします。

んで、今現在の強さはこんな感じです。
dorakue1.jpg


何も装備しない・竜のうろこも手に入れないで、
すっぽんぽんクリアしようとがんばっているのですが、
このレベルでも油断するとリカント(序盤・リムルダールの街周辺)に殺られます。
ドラクエ1は勇者はレベル30までしか上がらないので、
ほんとに竜王を退治できるのか疑問です。

このレベル、普通に装備していたらもうメルキド行けるくらいですよね?
装備の偉大さが分かります。

ちなみにドラクエ1は勝手に武器・防具が装備され、はずすことが不可能。
レベル上げがマジできついです。

------------------------------------------------------------

それから一週間。。

レベル13にてロトのしるしをとり、
レベル14にて虹のしずくをとり、
レベル16にてゴーレムを撃破。

そして、やっと竜王のところへ・・・。
dorakue1-5.jpg


いざ、勝負。
dorakue1-6.jpg


・・・
こうなったらMPつきるまでべギラマで攻撃だ・・・。
dorakue1-7.jpg


あなたはしにました。チーン。

----------------------------------------------------------

それから3日後

レベル25にして、一回の攻撃でダメージ2与えました。

あと、少しレベル上げればなんとか勝てそうです。


勇者わんこの今現在の状態は・・・。

りえぢみや ぢみのももれぎ
ごそけつぜ ぢめび

なんですよ。
ぜひぜひ入力して確かめてくださいね。

-------------------------------------------------------------

それから4日後


dorakue1-9.jpg

dorakue1-8.jpg


レベル30.装備なし。なんとか勝てました。
もう、やる気しないな・・・。


--------------------------------------------------------------

補足
これは、2002年9月頃、ホームページで公開したネタです。

--------------------------------------------------------------------------------------

カップめんのお湯を入れに行こう part2

前回は回転寿司でやったのだが、結局、お湯を入れてもらうのではなく、自分でお湯を入れたので、今回はちゃんといれてもらうべく実験を敢行。

今回は、もともと実験する気はなかったのだが、地元の友人、しんちゃんと成人式の時、
「たずくんさ~普段何やってんの?」
「すし屋でカップめん食った(1年前のことだけど)」
「じゃぁ、今度いっしょにやろうよ」
ということで、なぜか今日、久々に会うことになったので、この約束を果たすべく、普段利用しないファミレスにて行うことになった。

まず、二人でシミュレーション。

パターン1
「いらっしゃいませ。」
・・といわれたらすぐに
「お湯ください」
「はい、かしこまりました・・・・」

パターン2
「いらっしゃいませ」
といわれたらすぐに
「お湯ください」
「申し訳ございませんが当店ではそのようなサービスはございません」
「じゃぁ、ほっとコーヒーでいれてください」
「かしこましました」

パターン3
「いらっしゃいませ」
といわれたらすぐに
「お湯ください」
「申し訳ございませんが当店ではそのようなサービスはございません」
「じゃぁ、ほっとコーヒーでいれてください」
「それも無理です。帰ってください」
「じゃぁ、普通にほっとコーヒーください」
とりあえず、席につき、コーヒーが出てくる。
それをカップめんに入れて3分待って食べる。

・・・・3つのパターンを考えて、いざファミレスにGO!



↓地元のデニーズ
ch13_1.gif

「打ち合わせどおりに入って
キンコ~ン。。いらっしゃいませ。。ってなったらすぐに、
「カップめん出してお湯ください。。でいくよ」
「OK」

心の準備をして、いざとびらをあける


キンコ~ン。。

って音がなんね~~よ。

まぁ、そんなことは関係ナッシング。
そしたらすぐに店員さんが

現れない・・・・。

もうでだしから、計画どおりいきません。


一分くらいたって、やっと店員さんがこちらに気づく・・。
「いらっしゃいませ、2名様でよろしいですね」
「あ・・・はい」
「おい」
やべ~~~完全にミスっった~~~。
なんのためのシミュレーションだったのかまったくわかりません。
シミュレーションを、30分以上考えたのが、たったの2分ほどで終わってしまいました。

こうなったらとりあえず、席についてカップめんを出して、お湯くださいっていうことに小耳で打ち合わせ。

「ではご注文がお決まりになりましたらおよびください」

速攻で店員さんひっこんじゃったよ~~
完全にもう計画は役に立たなくなってしまいました。


とりあえず、メニューを見ながら・・というよりメニューを見るふりをしながらどうするか相談。
「どうしよっか?」
「もうこうなったら成り行きで行くしかないでしょ」
当たり前のことしか言わず、なんもいいアイディアが出てきません。

「ご注文はお決まりになりましたか」

きた~~。どうしよどうしよ。。覚悟を決めて

「じゃあ~~(カップめんを手にとり)お湯ください」

めっちゃはずかしいっす。
笑わないとなんかその場にいることができないよ。
「俺もお湯ください」
「以上でよろしいですか?ご注文は?」
「とりあえず食べたら考えます」
「はい、かしこまりました」
うお~~やったよ。
しんちゃんと握手。男の友情。


調理場が見えるんですけど、
やっぱりというか、当然のことだけど、こっちを見ながら笑ってます。
え~そういうの覚悟でやってるんです。

というか、
笑ってくれないとこっちがむなしくなるんです。

「はい、ではこちら、お湯入れてきました。
 それで~、あのですね。
 4時から上の者がくるので、早く食べて片付けてください。
 そうしないと怒られるんで」

ちょ~やさしいです。店員さん(しぶやさん)。
ちゃんと割り箸も用意してくれました。
こんな馬鹿な客を相手にしてくれてありがとうございます。

↓一番右にあるものはデニーズのメニュー表
ch13_3.jpg

アツアツのカップめんを食べるんだけど、そのせいで汗をかくのか、いろんな意味での冷や汗なのかもうわけがわかりません。

「なんかさ~、とっても申し訳ないことしてるから一品頼んで帰ろうか?」
「そうだね。」

本来、何も頼まずお店に入って出ていったら犯罪になるということを聞いたことがありますし・・。(迷惑防止条例かな?)

そんなわけで、一品頼もうと頼もうとするんですが、店員さんを呼ぶボタンがないので、
「すいません」
と声をかけても店員さんがこっちに来てくれません。

・・・そんなにうちらはやばい存在なんですか?


念力を送ること2分ほど、やっと店員さん(しぶやさん)が来てくれました。
しぶやさん・・ほんと優しすぎ。
快く対応してくれました。


桃のシャーベットを二つ頼んで、さっさと食べて、即630円払ってとっとと撤収。

お店の入り口にあったゴミ箱にカップめんの容器を捨てて何もなかったように街に消えていった たずとしんちゃんでした・・・。


結論
1.普段行かないファミレスに行くべし。
2.普段行く場所の場合、やさしい(やさしそうな)店員さんに声をかけるべし。
3.普段行く場所の場合、ギャグの通じる店員さんに声をかけるべし。
4.中途半端なシミュレーションは人間相手にはやっても無駄。


しんちゃんが最後に一言。
「今度はラーメン屋でやってみよう」
「たずはそのカップめんの汁で替え玉ね」



-----------------------------------------------------

後日談

この文章は2002年2月6日に書いたものです。
これも、前回のものと同様に、Internet Archiveに保存されていたものから移しました。

一緒にカップめんを食べたしんちゃんとは、このとき以来一緒に遊んでいません。
替え玉をやろうと誘わなかったからなのか、もともとこういうくだらないことをやりたくなかったのに、無理やりやらせたからなのか?
理由はわかりませんが、お互い気まずくなってしまい、連絡をとることは無くなってしまいました。

--------------------------------------------------------------------------------------

カップめんのお湯を入れに行こう

今日のバイトが終り、家に帰る。
「あ~、腹減った」
冷蔵庫を開けてもなんにもない。
食材はカップ麺だけであった。
「お湯入れるか。」
と思った時、
「そうだ、どこのお店だったらお湯がもらえるのか調べてみよう」なんて考え、やってみる事にした。

6:00PM 土曜日ということもあり、お客さんが多いと思われる時間帯。
協力者いないかな~?って考え、地元の友人に電話。
出ない。。ほとんどが浪人生だからな~。しょうがない1人で実行だ。

まず、お湯がもらえそうなお店を考え、自転車をこいでると、ある建物に目が奪われた。。
「おおお。回転寿司ならお湯は自分で手に入るじゃん。」
よし、ちょっと、ぬるいけど、初めてだしいいか。ここに決定。

さっそくドアを開けると。
店員「いらっしゃいませ~~~」「らっしゃいませ~~~」
店員「何名さまですか~~?1名でよろしいですか~~」
自分「は、はい」
ヤベ~~。ここから出たいけど出れない雰囲気。。
もう、ここまで来たからやるしかない。
店員「こちらの席どうぞ~。」
うう、お店の奥のほう。となりにはだれもいない。。
これじゃあ、カップ麺食べても、だれも気付かないんじゃないか?
せっかくだから、店員や周りのお客の反応をチェックしたかったのに。

なんて言ってる余裕はなんてはっきりいってなかった。
席に座って4,5分、ただボケーっとメニューを見ているだけだった。
「いきなりカップ麺を食べるのもなぁ」
1皿とって寿司を食べる。。。「何やってんだ、俺」
2皿目を食べている時、ついにとなりに2人組のお客さんがきた。
目が合っちゃった。

自分「どうも」
となり「こんにちは」
2人組のお客は持ちかえりの寿司をつめるため来店しているようだ。
まぁ、僕にはそんなこと関係ないか。。。。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・「よし、決行だ。」
バッグからカップ麺を取りだし、お湯in。
・・・だけど、となりのお客反応なし。
「3分も待ってられるか。いきなりGOでしょ」
なんて食べ始める。わざと熱そうにフーフーしながら食べてみるけど、
2人組は詰める事に夢中で、やっぱり反応なし。

ここまで来ると、もうどうでもよくなってきた。「さっさと食べよう。」
なんて食べているうちに、気付いたのか、
となり「それってメニューにあるの?」
自分「いや、持込です。」
となり「あ、そう」・・・・・・それだけかい。
こいつは変な奴とでも思ったのか、もう話しかけてこなかったし、こっちを見ようともしなかった。

食べてる途中、家族連れの客が来て、小3ぐらいのガキが、となりに座った。
不思議そうに、僕のほう、というよりカップ麺を見てる。
その目の奥には「こいつ、ばかなんじゃないの」というのがはっきり見えた。

・・・・。そんでもってカップ麺を食べ終わり、もう一皿寿司食って、
自分「会計お願いします」
店員「は~い、おあいそで~す」

女性の店員さん「100円1枚、150円2枚ですね。はいどうぞ。」
伝票をもらった。
「さっさとレジに行こう」
レジ店員「420円です」「はい。520円のお返しです。」

さっさと外に出て店内を覗いてみる。
伝票を書いてもらった店員さんの方を見ると、片付けていた。
カップ麺の処理に困っているようだ。
そして、レジ店員のところに行って、笑いながら話しかけていた。

「さっきのお客さん、カップ麺食べてんの。おかしいんじゃないの。」
とでも、話しているんだろうなぁ~~。確かにおいらはばかだもん。



--------------------------------------------------
後日談

この文章は2001.01.06書いたものです。
企画もの?の記念すべき一回目の文章です。
デジカメ持参でカップめんを食べてる写真を撮ったのですが、いざ、文章を書こうとしたとき、記録メディアが逝ってしまったため、文章のみです。

これ、コンビニでバイトして、コンビニネタのページを作っていて、そこでは「こんな客がきたよ。なんじゃおめーは!!」という内容のエピソードを書いていたのに、コンビニではないけど、自分がその「こんな客ががきたよ。なんじゃおめーは」な人になってますね。

マクドナルドでハンバーガー100個と違って、混雑している時間帯にお店にとっては営業妨害なことをやっているだけなので(ハンバーガーも迷惑だっただろうけど)、途中でPCに保存していたhtmlを削除して公開しないようにしていました。

ですけど、Internet Archiveに以前作っていたページって保存されているのかな?
と思って検索してみたときこの文章が見つかったので、せっかくだからということで移してきました。
ちなみに、セブンイレブンの記述も残っていました。
URLは教えませんが、もし見つけたよって方いましたらメールをください。
どうやって検索して知ったのか知りたいので・・・。

--------------------------------------------------------------------------------------

自転車ででかけよう part5(最後です)

まずは、part1part2part3part4を読んでくださいな。


自転車旅行、簡単なおさらい


2月12日・・・埼玉県上尾市9:50amごろ出発。神奈川県の横浜駅に16:30ごろ到着。横浜に住んでる友達の家で一泊。

2月13日・・・9:40am頃出発。14:00頃江ノ島を観光した後、神奈川県の道の駅箱根峠にて22:45頃野宿

2月14日・・・2:40amごろ出発。20:08頃に静岡県磐田市のマクドナルドで30分ほど寝る。23:30頃、浜松市の国道1号沿いのEneosにてちょとっこ寝させてもらう。

2月15日・・・2:30am頃出発。夜明け頃愛知県豊橋へ。その後、銭湯で少し眠り、日付が変わるころには名古屋にいました。

2月16日・・・某ファミレスでちょこっと眠り、公園で野宿したり。5:00AMごろ名古屋を出発四日市、鈴鹿峠を越えて、土山のバス停でお休み。

2月17日・・・5:00amごろ起床。16:30ごろ大阪の親戚の家に到着。泊めてもらう。

2月18日・・・13:00ごろ出発。姫路に着く頃、日付が変わる。

2月19日・・・国道2号の途中にある食堂で眠り、8:00amごろ起きて出発岡山の親戚の家に14:00ごろ到着。一泊させてもらう。

2月20日・・・10:00AM頃出発。20:00ごろ尾道でラーメンを食べる。国道185号を走って呉に向かう途中日付が変わる。

2月21日・・・呉にあるすき家のカウンターでちょこっと眠る。5:30ごろまた出発して、9:30ごろ広島市へ。その後山口県下松市のコインランドリーにて一泊。

2月22日・・・起床は9:00AMぐらいだったと思います。22:30頃、関門トンネルにつくが、閉まっている為、下関のファミレスで一夜過ごすことに。

2月23日・・・5:00AMごろ、関門トンネルを通り、九州に・・・


----------------------------------------------------------------------

2002年12月2日

 


kanmon4.jpg

関門トンネルをでて、まず写真をとりました。
mojiminato.jpg

2/23、5:24AM

これは、何を写したかったのか今思い出せないんですけど、
門司に来てすぐに撮った写真です。
鳥居の向こうが海だったと思います。
そして、行こうとしているのは熊本県の長洲という場所で、とりあえず熊本県に入るために、国道3号を利用しようということで、ちょこっと南、東、南へと進んでいきました。
すると、
2gousaigo.jpg

2/23、5:39AM

国道2号が終わりまして、3号になりました。


途中にあったポプラにて、肉まんを購入。
肉まんに酢じょうゆがついてきた。感動。
そう、関西方面では酢じょうゆをつけて食べるのが一般的らしく、実際、九州に住んでいた友人が言うには、
「こっちで肉まん買った時、酢じょうゆがついていないのはおかしい。あれは肉まんじゃない」
と言っていたので、ふーん。なんて思っていました。
で、実際酢じょうゆつけて食べたんですけど、酢じょうゆのおかげでちょっと肉まんが冷たくなるのを差し引いても、酢じょうゆをつけるほうがおいしいです。
各コンビニはもっと酢じょうゆ広めてほしいものです。


そして、日が昇ったころ、あまりにも眠くなったのでガストへ。
モーニングセットの和風ハンバーグの朝定食を注文。
注文してから来るまで、とにかく睡眠をとり、食べたあとはそれでまた、睡眠をとります。いつもと同じです。
お店にはそれなりにお客さんがいたのですが、眠りかけていた時、店員さんがそばにいて、
「あの~眠たいのでしたらごゆっくりお眠りください。かまわないですよ」
と言ってくれました。・・・いままでなかったぞ。こんなファミレス。
遠慮なく寝かせていただき、そろそろランチタイムになろうとする10:30頃、お店を出ました。
ほんとにとっても感謝しています。ビバ。そのガスト。


そして、小倉駅手前あたりで国道3号と、国道199?をまちがえました。
そのおかげで、途中右手にスペースワールドというテーマパークがありました。
はい、実物見てはじめてその名前を聞きました。
中に入っていないのですが、おもしろそうな場所です。
今度九州に行く時は、行ってみたい場所のひとつです(だけどひとりはいやだなぁ)。


また、国道3号と合流。
遠賀川というところ過ぎたあたりに親戚のとっこおばちゃんの家がありまして、連絡をとりまして、寝かせていただくことになりました。
それが13:00ぐらいだったと思います。


とっこおばちゃん宅でお昼ご飯をご馳走になりました。
「昨日の残り物だけど・・・。昨日たずくんがうちに来ると思って一生懸命作ったんだけど・・・。味がちょっと落ちてるけどいいよね?」
いえいえ、とってもおいしかったですよ。

とっこおばちゃんは、母の姉にあたる人で、母と12~5歳くらい離れているんですね。
兄弟姉妹が多いため、とっこおばちゃんはよく母の面倒をみていたそうです。
それで、僕に母に関するお話をいろいろしてくれました。
その中で、印象深かったのがひとつあります。
とっこおばちゃんが中学生の時、生徒会長をしていたそうです。
ある時、他校の運動会に生徒会役員がゲストに呼ばれて、とっこおばちゃんはその学校に行くことになりました。
そのとき、どうしても家が忙しいということで、当時赤ん坊だった母を連れて行くことに。
一緒にいた生徒会の人たちと、母を交代交代あやしながら、学校に向かいます。
ど田舎のため交通機関もなく、ひたすら歩いて学校についたら運動会は終わっていて。
なにもすることなくまた帰っていったというお話でした・・・。

ごめんさい。このお話、親戚の人以外読んでもおもしろくないよね・・・。


 

---------------------------------------------------------------------- 


 
2002年12月9日
 


お昼ごはんを頂いて、とっこおばちゃんとお話したあと、お風呂に入って15:00ごろにはお布団のなかで夢を見に行きました。
夕方にちょこっと起きて夕飯をいただいたあと、またトークタイム。
そういえばこの一日前(2002年2月22日です)に、鹿児島本線でイノシシと電車が正面衝突したという事故がありましたけど、(参考はこちら)
これ、おばちゃんの家からけっこう近い場所なんですよ。それで、
「このへんってイノシシ出るんですか?僕の住んでいるところだと考えられないですよ」
「ま、田舎だからね。しょっちゅうだよ」
・・・そうなんですか?うーん。日本はまだまだ広いです。


そんなわけで、22:00ぐらいには就寝。
次の日にはぎりぎり着くのかな?なんて思いながら・・・。




------------------------------------------------------------------------ 


 
2002年12月9日
 


お昼も夜もぐっすり眠っていたため、完全復活。
朝8:00ごろ起きて、朝食をご馳走になりました。
さらにお昼のお弁当も作ってくださいました。ありがとう。とっこおばちゃん。


そして、9:00ごろだったと思います。おばちゃんが国道3号まで見送りに。
手袋を持ってないことを知ったおばちゃんがそのときはめていた軍手をくれました。
gunte.jpg

↑これがもらった軍手

この日だけ使って以来、一度も使わず今でも大事に保存しています。


出発。
・・・お尻に痛みがない。ジャージだからなのかな?
アザどころか、すれて昨日まで血が出ていたのに全然平気。
ジーンズだったのがここ3日間お尻の痛みの原因だったようです。
結論。ジーンズは自転車こぐのに向かない。


そして、国道3号をずっと走ると・・・
25jikan.jpg

2/24、11:29AM

25時間営業だそうです。あやしいです。
このお店の周囲だけ時間軸がずれているのでしょうか?
詳しく調べてみると、あるサイトにて
>店舗によって同じメニューでも素材が違うなど、チェーン店としてはアバウトな面もある。
というチェーン店としてそれはやばいんじゃないの?という素晴らしいお店だそうです。

・・・入ってみればよかった・・・。

そういえば、黒田屋についたころ、コンパスを無くしてしまいました。
conpus.jpg

↑出発前に撮ったコンパス(車に取り付けるタイプ、480円)
方角がわからないのはちょっと厳しい。
静岡みたいに国道3号を通ることができなくなったらどうしよう。
途中、国道3号から国道209号に変わるけど、209号が通れないような場合、どうしよう。
そんなことを考えるけれど、もうしょうがない。
このまま行くしかない・・・。




--------------------------------------------------------------------------

 

 
2002年12月10日
 

『無題』
たず 2002年2月24日(日)12:19:22
福岡・・博多でラーメン食べるぞ。


そのとき、見つけた電気屋さんにて掲示板に書き込みました。
国道3号をずっと走っていると、博多駅が近くにあるということで寄り道。
hakata.jpg

↑2/24、12:47
髪の毛ぼっさぼさ。通りすがりのお兄さんに写真を撮ってもらいました。
せっかくだから博多ラーメンでも食べたいな・・・。
そう思ったけど、自転車止める場所さがすのが面倒だし、
広島みたいなことはもうごめんだし、おばちゃんからもらったお弁当もあるし、また国道3号に行くことに。
写真撮るために寄ったようなものです。博多駅。

福岡空港のそばを通って、大きな飛行機が飛んでいる姿を見て、
あ~、アレに乗れたら数時間で家まで戻れるわ~。
なんて考えてり。
高速道路と3号が一緒になっている場所のどこかで、ちょっとした畑があったんですね。
排ガス臭くなかったので、そこにちょこっと自転車止めてお弁当タイム。
梅干しとおかかのおにぎりとから揚げ。あとは煮物だったと思います。
食べながら、
「こうして食事するのもこれで最後なのかな?」
今までコンビニでお弁当買って寒い中ひとりで食べる。
寂しさを紛らわすため、できるだけ考え事をしながら。
そんなことも、今となってはいい思い出となって浮かんできました。


そして大宰府のそばを通った時は、
「電波少年で、坂本ちゃんの相方は東京、大宰府を自転車で一ヶ月で往復したんだよな~。僕が埼玉からここまで約2週間でこれたので、筋肉痛のこととか考えると妥当なのかな?」
なんて考えました。
 


------------------------------------------------------------------------




2002年12月11日


筑紫野市を通過して、鳥栖市。佐賀県突入。
あれ、鳥栖って佐賀県だったんだ・・・。ずっと熊本県だと思ってた。
地図を見ると鳥栖のところ、東にちょこっと出っ張っているんだよね。
そして、鳥栖もすーっと通過。
その途中にみつけた門司から110kmの印。
moji_110k.jpg

↑2/24、15:22
そして、もう一度福岡県。久留米市に入ります。
kurume.jpg

↑2/24 15:29
久留米市も同様に今までずっと熊本県だと思っていました。
さらに南に大牟田市(これは福岡県と知っていた)があるのに・・・。
僕が目指している熊本県の長洲という場所は、大牟田の南にあたるところなんですね。
それで、ここに来て、柳川、大牟田方面の青い標識があったので、国道3号とさようなら。
3goulast.jpg

↑2/24、15:36
国道209を通ることになりました。
そして、順調に筑後市に。


ここで、持参の地図が終わってしまいました。
あとは、標識を頼りに大牟田に行って、そして長洲に向かうことに。
ところが、このまま209号を突っ走っていけばたどりつくと思っていたのですが、国道443号とぶつかるところで、道を間違えました。

「あれ、俺国道209号走ってたのに、いつ間違えたんだ?ここはどこだろう?とりあえず場所を確認しなくちゃ」
とりあえず、国道443を走りながらコンビニ、本屋を探しました。
そして、途中で見つけたコンビニで場所を確認しようとしたのですが、
「俺はいったいどこにいるんだろう?」
完全に迷子になってしまいました。




------------------------------------------------------------------------
 

 
2002年12月13日


「線路・・・鹿児島本線に沿って走れば長洲に着くはず」
日が落ち始める。それは西の方角を表していて、長洲は港がある場所だし、家も海の近くだし。
とりあえず、こっちに行けばOKだろう。
うーん、まぶしい。
ぶ~~~~ん。のぉわ。
真正面からバイクがきたので、とっさによけたらころんで畑の中を突っ込みました。
う~ん。怖い。「死ぬかと思った」はこの旅何度目のことだろう?


そして、太陽の方角作戦は、見事に正解。
oomuta.jpg

2/24、17:02
うまく、福岡県の最後大牟田市に入って、国道208号を発見。
「だけど、地図今ないし、208をずっと走るより、常に線路が見える場所を走ったほうが確実だ」
そして、大牟田、荒尾、南荒尾駅を通過。
気がついたら、いつ長洲に入ったのだろう?
長洲中学校を発見。
父が通っていた学校。
ゴールまでほんとにあとわずか・・。
途中で見つけた喫茶店で道を聞きます、
「長洲小学校ってどこですか?」
行こうとしている家は、小学校まで行けば分かるので、尋ねてみました。
「この道をね、こうまっすぐ行って信号を曲がって・・・」
もちろん言われたとおりに走ります。
「・・・ここどこ?」
気がつくと、長洲の港にでてしまいます。
たしかに海から家は近いけど、
うみはひろい~なおおき~な~
と童謡にもあるように、広い。

分かるわけがない。
そこで、いったんもとの道を戻ってみると、歩いている人発見。
「小学校までどういけばいいのですか?」
「なんでそんなこと知りたいの?」
「近くに親戚の家があるんです。」
「誰の?」
「たずですけど」
「たずさん。じゃあ、あなたは誰の子供」
「父はさとるです。」
「あ~さとるさん。懐かしい響きだね~。私がまだ若かった頃・・・・・」
なかなか道を教えてくれないおばあさん。
・・・5分くらいはお話したあと、やっと道を教えてくれました。


そして4年前に見たことのある風景。
玄関前、自転車を止めて
「たずです。ただいま、到着しました。」
ビールで乾杯。
こうして自転車の旅は終わりを迎えたのでした・・・。



--------------------------------------------------------------


後日談

part1からpart5まで、2002年に約9ヶ月かけて書いたものです。
懐かしいです。
自転車で走った日々から10ヶ月で書き上げたということですね。

自転車で走り始めたのが2月12日で熊本県のじいさん・ばあさんの家についてのが2月24日、12日間走っていたことになります。

さて、この後どうやって埼玉に帰ったのかと言うと、青春18切符で鈍行3日間で帰りました。
っで、自転車は宅急便で埼玉へ。

途中下車でいろいろと面白いことがあったのですが、そのエピソードを載せようとした矢先に、PCが動かなくなってOSの再インストールをしまして、デジカメの画像がすべて消えてしまいました。
ですので、思い出はココロの中にしまっておきます。

自転車で走った日々に関して、しばらくの間親戚にネタにされたり、私自身もいろいろな場面でお話してます。
例えば、
「あそこまでだったら自転車で何日で行けるからヨユーだよ」
という感じで使ってます。


あと、載せていないエピソードとして・・・。。
箱根を上っている途中の大平台駅付近で、友人であり、ホームページ作りの師匠であるにゃつ君の誕生日を祝ってなかったことを思い出したんですね。
そのときには彼女(にゃつ君は女の子です)の誕生日から10日ほど過ぎていたのですが、こういう旅をしているわけだから、何か送りましょと思ったわけです。
箱根にいたときには夜でしたからお店は閉まっていたので、九州につくまでにどこか途中で名産が買えるだろうと思っていたわけです。

彼女にメールで連絡し住所を教えてもらい、清水市(現在、静岡市)の郵便局ではがきを買って、
「誕生日遅くなってごめんなさい」
と送ったあと、本格的にお土産品を探すことにしました。

しかし、有名な都市に着いたときは
静岡・・・迷子
浜松・・・深夜
名古屋・・深夜
と何も買えず、京都まで自転車で走ってしまいました。

そして、国道1号沿い、京都市に入る手前に、八ッ橋の工場を見つけたので、そこでのんびりお茶をいただき、試食の八ッ橋をいただいた後、八ッ橋一箱を彼女に送りました。
今までのパターンを思い出すと、この機会を逃したら何も買えそうになかったので・・・。

そして、数日後、彼女からメールがあり、その一番始めには
「何故八ッ橋?」
と贈り物のセンスについて問われる一文がありました。

ちなみに彼女から返信が来たのは、尾道を過ぎて見つけたSATYでパンと牛乳を購入して、自転車を走らせた時でした。
1人で孤独に走っている私にとって、このちょっとしたメールでも励ましになり、何度も読み返し寂しさを紛らしていました。

--------------------------------------------------------------------------------------

自転車ででかけよう part4

まずは、part1part2part3を読んでくれるとうれしいなぁ


簡単なおさらい

2月12日・・・埼玉県上尾市9:50amごろ出発。神奈川県の横浜駅に16:30ごろ到着。横浜に住んでる友達の家で一泊。

2月13日・・・9:40am頃出発。14:00頃江ノ島を観光した後、神奈川県の道の駅箱根峠にて22:45頃野宿

2月14日・・・2:40amごろ出発。20:08頃に静岡県磐田市のマクドナルドで30分ほど寝る。23:30頃、浜松市の国道1号沿いのEneosにてちょとっこ寝させてもらう。

2月15日・・・2:30am頃出発。夜明け頃愛知県豊橋へ。その後、銭湯で少し眠り、日付が変わるころには名古屋にいました。

2月16日・・・某ファミレスでちょこっと眠り、公園で野宿したり。5:00AMごろ名古屋を出発四日市、鈴鹿峠を越えて、土山のバス停でお休み。

2月17日・・・5:00amごろ起床。16:30ごろ大阪の親戚の家に到着。泊めてもらう。

2月18日・・・13:00ごろ出発。姫路に着く頃、日付が変わる。

2月19日・・・国道2号の途中にある食堂で眠り、8:00amごろ起きて出発岡山の親戚の家に14:00ごろ到着。


-------------------------------------------------------------

2002年4月22日



岡山に住んでるおばちゃん曰く、
「うちでは遠慮しなくていいからね。そのかわり私も遠慮しないから」
ということだったんですが、やっぱり遠慮しちゃいますよ。
昔、訪れた記憶があるようなないような、あったとしたら15年くらい前でそのころは幼稚園でしたし・・。


っで、おばちゃんが埼玉に遊びにきたんですよ。
自転車旅行から帰ってきて四日後ぐらいに。
おばちゃんは優しさからなのか、ほんとに遠慮しないからなのか、我が家を掃除したり、洗濯したり、ご飯作ったり・・。
遊びに来たんだからのんびりすればいいのに。
でも、なんとなくその気持ちはわかるんですけどね。


岡山でテレビを見させてもらったとき、はじめて、鈴木宗男がしゃべっているのを見たんですよ。
その時、宗男さんは何をした人なのかまったく理解できず、国会中継が終わってしまったんですけど・・。
ほんとに何をした人なんですか?
ムネオハウスの意味が今でもわかってません。


そう、いとこのアッキーに親戚関係について教えてもらう。
僕の母方のほうのいとこだけで、約20人ほど、そのうち子供がいるのが半分以上と聞きました。
母方のほうのいとこだと、僕が一番年下らしい。
一番年上のいとこの子供が中学生ぐらいだったかな?
そう聞かされるととっても変な気分になります。
だって、そうじゃない。
いとこって離れても10歳ぐらいって思うじゃないですか。
それがねー、中学生のこどもがいるってなるとね。
母と母の一番上の兄との差が20歳だからそう考えると納得はするけど、なんか感覚は納得しない。
言いたいこと分かりますか?
 


 


--------------------------------------------------------------------------------

 

2002年4月22日



突然の訪問からなのか、岡山の親戚の家の近所に住んでる、いとこのにーちゃんが遊びにきました。
「自転車で走ると大変でしょ。最近は物騒な事件が多いからね。田舎だからってバカにはできないよ。この辺だって暴走族は走ってるし、実際絡まれそうになったことあるし。
 最近は、昔と違って24時間開いてる店あるでしょ。そこをうまく利用して過ごさないとね。吉野家はね、深夜は絶対寝れるから。俺、寝たことあるし」

・・吉野家は

Uの字テーブルの向かいに座った奴といつ喧嘩が始まってもおかしくない、
刺すか刺されるか、そんな雰囲気

だと思っていたので、これはとってもいい情報でした。
ありがとうございます。



ところで、みなさん吉野家の牛丼ってどう食べてますか?
個人的なお奨めは、味噌汁と一緒に注文して、味噌汁を牛丼にかけて食べるんですよ。
これは、静岡県の吉野家に入った時やったんです。さいこー。
ちなみに、お茶をいれてお茶漬けにするのはお奨めしません。(大津でやってみた)


 


--------------------------------------------------------------------------------

 

2002年4月23日



そんなわけで次の日の朝10時くらいだったでしょうか?
出発しました。
国道2号を走って倉敷へ。
tohirosima.jpg

2/20・12:21

瀬戸大橋を渡ろうかな?とも考えたのですが、四国に入ってそのあと九州にいくにはフェリーに乗らないといけないんですよ。
なんかそれは邪道だな。ってなわけで、結局そのまま国道2号を走ります。

岡山は交差点が複雑なのが多いと。
とくに左折可能が多かったような気がします。
なんども轢かれそうになったんですよ。。

そして、国道2号も大阪から200km地点に。
okaya200.jpg

2/20・13:31

 


--------------------------------------------------------------------------------

 

2002年4月23日



そして、特にエピソードもなく16:00前後、広島県に。
福山市にあったファミレスに入り、少し休憩。
そこで、広島県出身の友人にメールを送りました。


広島県まで来たんだけど、名物って何?
自転車で行ける観光地も教えてほしいっす

広島のどこなの?
中心地にいるの?
どこに行きたいかにも寄るけど。

今、福山市。国道2号に沿って自転車こいでます。
明日には広島市に着くと思うんだけど。

大変だね。
途中の尾道でラーメンは食べな。
広島は平和公園にはいっとけば?原爆ドームもかな。
宮島もありかな。
宮島のフェリー乗り場のとこにあなご飯しか売ってないとこがあるんだけど
そこのあなご飯はまじでうまいよ。

ラーメン大好き。
夕飯はそれで。
ありがとね。

牡蛎とお好み焼きも忘れるなよ!


カレーを食べ、少し眠り、17:00ごろ、夕飯に尾道ラーメンを食べるべく、出発です。
ちょっとしたのぼり坂の国道2号を走りに走り、トンネルを越えると、尾道市へ。
そして、歩道がなくなりわき道を通ることになりました。
そして、いつものように迷子になるわけです。
・・・もう19:30。やべーよ。このままじゃラーメン食えねーよ。


とりあえず、南にいけば海の方でOKなんですが、道は北の方しかないわけで、南に行く=来た道を戻るってことだよな~。
とか考える。
あれ~。もともと来た道が正しかったのか?
とかわけわからない考えになる。つくづくバカ。
たぶん方向音痴の方々は共感していただけると思っているんですが、どうなんですか?


そして、最終的に出した結論は、
「下り坂をとにかく進めば海のほうに出るのが自然の法則だ。」
そんなわけで、コンパスをポッケに入れて、ブレーキをキーキーかけながら下っていきました。
そしたら下っりきった先がちょうど尾道駅の前。
ラッキー。


 


--------------------------------------------------------------------------------

 

2002年4月23日


尾道駅前の商店街はどこも閉まっていました。
がら―んと人がいない。
アメ横の深夜みたいな感じに見えました。
そんな中、ひとりのおばちゃんが歩いていたので、
「すいません。この辺でおいしいラーメン屋はありますか?」
「あっちのほうに行けばあるんじゃない」
ということで、そっちのほうに行ってみるんですが、よくわからん。


ってなわけで、自力で探してみること30分。
尾道ラーメンと書いてある幟を見つけたので、小さなお店に入ることにしました。
店内はカウンター席が6つほど、座敷が1つという、ほんとに個人経営なお店。
そこで元祖尾道らーめん500円を注文。

「尾道だからラーメンなのかい?」
「はい、広島出身の友達が尾道行ったらラーメン食べろって。あとは、広島でお好み焼きと牡蛎ですね」
「どこから?」
「埼玉から、自転車で・・。これから九州に行こうと」
「そういえば昔ね、四国からしまなみ海道でここまで自転車で来た人いたんだよ。その人は8時間って言ってたかな?」

やっぱり、全国は広い。
旅をする人って多いんですね。


デジカメで撮った画像を見せたら、おばちゃんにせっかくここまで来たんだから。
ということで、ごはんとおしんこをサービスで頂きました。
ありがとうございます。


そういえば、おばちゃんの息子さんがお店でごはん食べていたんです。
髪の毛を尖らせている、ちょっとゴツイ人だったんですよ。
「うちの息子、何してる人だと思う?」
「・・バイクいじってそうですよね?」
ちょっと失礼なことを言ったかもしれません。
いや、整備士みたいな感じに見えたんですよ。
かっこよかったんですよ。


実際は美容師さんだそうで、上司のお姉さんにもいろいろ失礼なこと言ってしまったかもしれません。
あ、お2人お似合いだと思うんですよね。

「あと広島・山口だから本州もあとちょっとだね。広島の市街まで車で4~5時間だから自転車だったら半日くらいでいけるんじゃないかな?」
「そうなんですか。だったら、今から自転車こげばちょうど広島でお好み焼き食べれますね。」

と、そんなわけで、尾道を出発。
あ、そうそう。尾道ラーメンはおいしいですよ。

 


 


--------------------------------------------------------------------------------

 

2002年4月23日

onomithista.jpg

2/20・20:38.尾道駅にて・・。


SATYの食品売り場でなんとなく牛乳を購入。
夜遅くまで開いているのって素敵。
カルシウム不足はよくないもんね。

自転車こいでる時に思ったことなんですけど、お店って
「夜○○まで営業」
という幟があったり、看板があったりして、仕事帰りでも気軽に買い物できますよ。
ってアピールしてるところは多いけど、
「朝○○から開店」
ってアピールしているお店はあまり見かけないのか。
そんなに朝って重要じゃないんですか?
「何時から開店」っていうのも、知ってもらったほうがお店にとってもプラスになると思うんですけど・・。素人的発想でしょうか?



広島まで80kmぐらいの標識がありました。
そして、1つの交差点にぶつかります。
国道2号を走るべきか、国道185号を走るべきか?
地図を見ると、国道2号のほうが広島に近い。
だけど、内陸っぽいので坂道が多そう。
一方国道185号は海岸沿い、平坦っぽい。
だけど、明らかに遠回り。
愛知県で同じような場面があり、海岸沿いを選んだら潮風がすごかった(part1・2を参照してね)。
という経験があっただけに、非常に迷う。
だけど、今は夜だし、ここでは風は全然ないし、ちょっと遠回りでもいいから海岸沿いだよな~。
という判断から国道185を選ぶ。
交差点を曲がるとすぐに、呉70kmの文字が。
70kmで呉か・・一時間10kmで7時間ってとこだな。

 


--------------------------------------------------------------------------------

 

2002年4月24日



国道185号は一度東に2Kmぐらい走ってからぐるっと筆影山を回って海岸沿い。西へ進路をとります。
国道2号を曲がってすぐに、街灯がまったくない暗い道。
そのかわり、自転車のライトの明かりと弱い月の光が道を照らしてくれる。
車がまったく通らないから、自転車をこがないと道が見えない状態なのです。
そして、歩道はまったくなくて、海岸側はコンクリートやガードレールによる落下防止がない。
そのため、車が進行側と対向側同時に来るさい、海に落ちそうになったりします。
だってできるだけ自転車は左側走らなきゃいけないじゃない。
そうすると、海側を走るわけで、ちょいと恐いんですよ。
足元が自転車の明かりだけだから。


片側は海、もう一方はちょっとした山。
街灯がまったくない、歩道がまったくない道にお店があるわけがない。
⇒休憩不可能。
そして、ほんとに明かりがないからこぎ続けないといけない。
止まってなんかいられねーぞ。こんな道。
70Km一晩で越えちゃうないと。。
本気でそう思っていた。



狙いどおり、風は少なく平坦な道が続く。
一部だけ、海岸沿いを離れたら両側ちょっとした山になっているところもありましたが、30分歩いたか歩いてないかくらいの距離でした。
ずーとずーと孤独との戦い。
国道の脇に呉まで○○kmっていうのが1kmずつ減っていくのにとっても時間がかかっているように感じる。
 


 


--------------------------------------------------------------------------------

 

2002年4月25日



呉まで50km地点あたりで、ちょっとした公園みたいな場所があったので、休憩。
自販機はない。
景色は海と山。
まっくらで何にも見えない。
さびしい明かりの下でボケ―っとベンチに座る。
「ここだったら寝れるかも」
だけど、今日中に185を制覇するって決めたんだよな~。
と、こんなバカらしいことで悩む。

決めた。今晩中に呉まで行こう。

そして、少しずつ自転車を走らせる。

 広島・・70km
 呉・・・50km

ぐらいの標識を見つける。
そっか。国道2号と比べて20km近く遠回りしているのか。。
うーん。
改めてこの道えらんで、正解なのか不正解なのか?
そんなことを考え始めるけど、答えを出せるわけがない。
だけど、
当時はこっちは不正解だよな。
って思ったりしていた。


コンビニが全然見当たらない。
呉まで70kmの間、見かけたコンビニの数は10件もないと思う。
国道185号はJR呉線のそばなので、駅前に通じる道では、本当にちょっとだけお店がありましたがもちろん真夜中なので閉まっています。


そして、だんだんと呉に近づくにつれて牡蛎販売所を多く見かけました。
今、ちょっと調べたら牡蛎の旬の時期は12月~3月ぐらいで、ぎりぎりおいしい時期だったようです。
だけど、当時は牡蛎の食べごろの時期はわからず、「こんなにたくさん販売所ならんでいて、買いに来る人はそんなにいるんだろうか?」
と思っていました。
・・・雑学は知ってて損はしない。
っていうのは本当ですね。
 


 


--------------------------------------------------------------------------------

 

2002年5月2日



そんなわけで、呉市に到着。
kure.jpg

2/21・2:50AM

呉市に入ると、今まで何にもなかったような場所から一気に都会へ・・。



もう、眠くなったので、岡山で教わった教訓、「深夜だったら吉野家で寝ることは可能」を実践するため、吉野家へ行きたかったんですけど、見当たらないのですき家へ。
カウンターに座って、牛丼セット注文。
食べたら即、寝ました。
何にも文句は言われませんでした。
さすが、某ファミレスとは違います。(名古屋での記述参照)
ま、心の奥では何言ってるか分からないですけど。


そして、5時ごろ起きて、トイレ借りて歯を磨いたりしたあと出発。
国道185号は、途中で工事中の部分があり、クルっと遠回りするところがあるんです。(語弊、本来はクルット回るのが185号)
そこが、かなりの上り坂。
初めてコンビニのCocoを見たりしながら、
coco.jpg

2/21・5:47AM
30分くらい歩いきました。
そして、6時半ごろ呉駅に到着しました。
kuresta.jpg

2/21・6:29AM




ところで、ココストアへ。
イメージキャラクターにココリコを使うのはベタすぎるんじゃないんですか?
ポスターを初めて見たとき、僕の中にむなしさが漂ってました。
 


--------------------------------------------------------------------------------

 

2002年5月2日



呉駅の近くで、国道185号は終わり、国道31号を使って広島市へ向かいます。
国道31号は海沿いの部分もあり、呉線に沿いながら走ったり、国道185号と違うのは、コンビニたくさんあるってことです。
ま、日が昇って明るいから、安心して走れたのでゆとりいっぱい。
さささ、っと自転車こいで、呉ポートピアに着きました。
この辺の駅は、自転車無料で止めることができるようですね。うらやましい。



で、呉ポートピアなんですけど、どんな施設かまったくわからなかったし、朝早いわけだし、トイレだけ、拝借しました。
トイレの落書きってついつい見ちゃいますよね。
特に大きいほうをしている時。
そこのトイレに書いてあった落書きは、
「僕はフェラが好きな高校生の男子です。」
みたいな内容と、妙に上手な絵でした。
健全な子供のためにもポートピアさん。消してくださいね。


そして、国道31号は海田大橋を越えると同時に?国道2号とぶつかり、国道2号を走ることになりました。
そして、そのまま広島市へ・・。


 


--------------------------------------------------------------------------------

 

2002年5月3日


国道2号を走り、広島市の中心街(と言えばいいのかな?)にたどり着きます。
まず路面電車を見て感動。
広島出身の友人に言われたことだし、自分でも食べたいと思っていた広島風お好み焼き。
お店を探すため広島駅の方に行きました。
その時、9:30AMごろ。
商店街には、たくさんのおたふくソースの幟とともに、お好み焼き屋がたくさんありました。
だけど、どこも開いていないんですよ。
「時間ちょっと早いのかな?」
と思ったんですが、10:00AMごろには開くでしょ。
って思って、のんびりおいしそうな場所を探したんです。

だけど、10:00AMになっても開かない。
営業時間をしっかり見ると、どこも夕方からなんです。
・・・・呉でのんびりすればよかった・・。
6時間も広島でボケ-っとするんだったらさっさと山口県のほうに行ったほうがいいよな~。
と思いつつ、ふと考える。
「デパートの上なら開いているだろ。」
ってなわけで、SOGOだったかな?に行くことに。
SOGOでは駐輪に金200円回収されるらしいし、商店街は自転車置く場所がない。(有料はある)
無料で自転車を置く場所を探すため、ひたすら歩く。
そしたら、自転車の前輪がパンク。
・・・素直に駐輪場払っとけばよかった・・。


とにかく自転車を置く場所を探すこと30分ほど。
図書館を発見したので、そこに止めて、SOGOの中に。
フロア案内を見ると、しっかりお好み焼き屋が。
さっそくエレベータでレストラン街へ。
待ちに待ったお好み焼きが食べられる。
っと思ったら、営業時間はこれまた夕方から・・・。
店内で、「いらっしゃいませ」の練習してるところを目撃しただけだった。
広島市、最悪。何もいいことね~。

 


--------------------------------------------------------------------------------

 

2002年5月3日


パンクを修理しなくてはいけません。
よかった。パンク修理セットと空気入れ持ってきてる。
kuuki.jpg

(↑空気入れ。長さ20cmくらい。)
俺って準備いいね。
と、思ったわけですが、持ってきたパンク修理アイテムは、ガス注入で直すタイプのものではなく、普通にチューブはずして、ゴムのりくっつけて、シールみたいなもの貼るやつだった。
・・・バケツと水がないと修理できないじゃん。
どーしようもないので、自転車屋を探すことに。
岡山あたりでも書いたことだけど、ど田舎な道でパンクしなくてよかったと思う。


広島市の中心街では、自転車乗ってる人少ないんです。
だから、駅前すぐには自転車屋はないだろう。
ということで、とりあえず国道2号に向かって歩くと、原爆ドームにたどり着きました。
genbaku.jpg

2/21・11:09AM

原爆による悲劇はいったいどれだけあるのだろう?
花が添えられていたり、修学旅行の学生さんが真剣に見ていたり。
数々の話がここで生まれたのでしょう。そしてそれが伝わっていくことを願っています。


平和記念公園でそうじをしていたおばちゃんに自転車屋のある場所を聞いてみることに。
「この辺に自転車屋なんてないよ」
・・あんたその自転車はどこで買ったんですか?
と問い詰めたい気分になりましたが、ぐっとこらえて
「わざわざすいません。ありがとうございました」
とお礼を言って国道2号へ。
山口の方に歩いていけばそのうち見つかる。
 


--------------------------------------------------------------------------------

 

2002年5月3日



国道2号を歩くこと10分くらい。
二輪と自転車を扱ってるお店を発見。
さっそく中に入って修理をしてもらうことに。
「おにいさん。パンク。いいよ。ちょっと待っててね」
店員さんは見た目35歳くらいのお姉さん。
作業服が似合う方でした。
手際よくチューブを外して、パンクしている穴を見つけ、ゴムのりくっつけてドライヤーで乾かす。
・・・こういう女性ってかっこよくて、ちょっとセクシーですよね。

「おにいさん。パンクした時はね、まずタイヤに何かめり込んでないか見るんだよ。ほら、ガラスの破片があるでしょ。
 こういうのはパンクしたら真っ先にチェックして取り除かないと余計ひどくなるかもしれないよ」

とのことです。
言われてみれば、あたりまえのことかもしれませんが、素手でガラスの破片を取ろうとするのは危ないんじゃないかな?
と思ったりもします。


「おにいさん。そんなかっこでどこから来たの?
 ・・・
 へー埼玉から、こんな自転車で?どこまで行くの?
 ・・・
 九州まで行くの?それは大変だね。
 ・・・
 じゃあちょっと待ってて。
 ・・・
 これ、持っていきなよ。チョコレート。ちょっとでもカロリーあるもの食べたほうがいいだろうし。頑張ってね。」

ということで、ちょっと遅いバレンタインをもらいました。
おいしく頂きました。ありがとうございました。

 


--------------------------------------------------------------------------------

 

2002年5月3日



そして、国道2号を走ろうと思ったわけですが、交差点に行くと自転車は通ることができないようなので、小さな道を走ることに。
山陽本線と広島電鉄に沿って自転車こぐと、おこのみソースの幟を発見。
しかもお店開いてる。
もちろん入ってGO!です。
「いらっしゃい」
おばさんがバンダナ巻いて一生懸命作っていました。
そして、おじさんが新聞を真剣に読んでいるんですよ。
とりあえず、席に座って荷物を置くと、おじさんが「肉球っていうのは普通の。ちゃんぽんはそばとうどんが入っている奴ね。」
と説明しながら、ウーロン茶を出してくれました。
2Lペットボトルをコップに移してですけど・・。

どうどうとペットボトルを見せるところが家庭的雰囲気だしてます。
何にしようか迷ったあげく、ちゃんぽん600円に。
「はいよ」
と、おばさんが薄く生地をのばし、キャベツ大量にのせて、お肉のせて、生卵をのせて、そばとうどんは炒めたあとのせたのかな?
順番は自信ないけどそんな感じで迫力、ボリューム満点。
味ももちろん最高。
600円は正直安い。
お好み焼き最高。絶対広島行ったらお好み焼き食べましょう。
おばさんが注文されたものをすべて作り終わったら、タバコを吸いながらおじさんと家族の話をしていました。
ほんと、こういう個人のお店ってほのぼのしていていいですね。
 


--------------------------------------------------------------------------------

 

2002年5月4日



また、広島電鉄に沿って走ると、国道2号へと・・
歩道はちゃんとありました。
すると、SATYを発見。
中に入ると暖かい。
さっそくベンチに座り、寝ました。
まともに寝てませんでしたから。
どのくらい眠ったか覚えていないんですが、かなりリフレッシュしました。
そして、出発しようと自転車に乗ってこぐこと2分。
・・・手袋が無い。
おかしい。昨日まではちゃんとあったよな~。
と、SATYに戻って、探してみても見つからず、
サービスカウンターに聞いても見つからず。
どうしよう?
たしかに九州に近づいてるし、春に近づいているとはいえ、まだまだ寒いわけです。
「見つかったらお電話しましょうか?」
「いえ、いいです。もうここにはたぶん一生こないと思うので」
というわけで、あきらめて自転車こぐことに。


ちょっとSATYと順番が逆かもしれませんが、株式会社コンパイルの看板を発見。
「お~。ぷよぷよ作ったとこだ」
とってもかわいいイメージが勝手に僕の中にあったんですけど予想以上に外見がボロかったような・・・。
そういえば、昔つぶれそうになったっていう話をきいたことあるけど(昔の関連ニュース)。
コンパイルのホームページを見ると、今は本拠地を埼玉県の所沢にしているようですね。知らなかった。
そしてなんとなく納得。ボロい理由。
 


--------------------------------------------------------------------------------

 

2002年5月4日



宮島が見えました。
miyajima.jpg

2/21・16:56
フェリー乗り場もあり、友人によると、ここのあなごご飯が最高においしいという話だったのですが、お好み焼きでまだまだおなかいっぱいだったので、あきらめて先に進むことにしました。


そして、大竹市につきます。
大竹のYou Me Town(ゆめタウン)にちょっと寄りました。
You Me Townとは、簡単に言えばショッピングモールのようですね。
デオデオがそこにあったからなんですが、ネット接続しているPCがなかったんですよ。残念。
とりあえず、You Me Townにてパンを購入。
そして、ベンチで寝ましたよ。


しばらくして出発。
もう日は沈み、真っ暗。
そのまま大竹市も過ぎて、ついに本州最後の山口県へ。
この辺で下関まで150kmぐらいの標識が・・・。
もう、ここまで来たらそんな距離はたいしたことない。
そう信じて自転車をこいでいきました。
 


--------------------------------------------------------------------------------

 

2002年5月4日



遠回りでいいから海沿いを行くか、ちょっと上り坂の道があるけど近い道を行くか。
愛知、広島とこの選択は遠回りだけど海沿いを選んだので、今回は上り坂があるけど近い道を選ぶことに。
そんなわけで、国道188号を選ばず、国道2号を走ることに。
地図を見ていただければわかると思いますが、ここのセブンイレブンを逃したらしばらく店はないだろうな。
と判断。
お弁当を購入して食べました。
それが、見事に当たっていて、バイパスとなり、ガソリンスタンドだらけになります。


20:30頃、公衆電話をみつけたので(たぶんここ)、ここで久しぶりにq(o_n)pちゃんに連絡をしてみました。
「久しぶりだね。死んだかと思ったよ」
あっさり言わないでよ~。
そのあと、q(o_n)pちゃんの書き込み
『たず君』
q(o_n)p 2002年2月21日(木)22:14:32 削除・編集 スレッドの一覧・返信
 現在山口県だそうです。もう少しで九州に到達出来そう
です。私は九州までチャリでなんて無理だろうと思ってい
たけど、たず君やってくれそうです。


というのを書いていただきました。ありがと。


 


--------------------------------------------------------------------------------

2002年5月4日



自転車こいで、上り坂は歩いてなんとか廿木峠にたどり着きました。
確か、高さは100m前後だったと思います。
そこから一気に下ろうとすると、山賊のお城がありました。
sanzoku.jpg

2/21・21:39

何にもないのどかなところにとっても明るい照明があり、とてつもない迫力にびっくりしました。
とりあえず、ちょっと寄って休憩。
僕が訪れた時は、ひな祭りに関する催しがあったらしく、雛人形がたくさん飾られていました。
hina.jpg

2/21・21:42
名物は山賊焼きというものらしいです。
お疲れドライバーにお奨めの休憩場所ですので、夜はとってもきれいだから寄ってみましょう。


そして、坂を下りきると、県道15号とぶつかり、レンタルビデオ屋など、ちょっと都会チックに・・。
2gou400.jpg

2/21・21:58
(↑その辺りで見つけた国道2号400km地点)

ホッと一息。
というのもつかの間というもので、またバイパス状態。ガソリンスタンドと上り坂と・・・
ひたすら歩いてましたね。
浜松の時みたいに、ガソリンスタンドに交渉して休ませてもらおうと思ったのですが、なんか店員さんと目をあわすタイミングとか合わなくて、結局一回も話しかけずに歩きます。


そして雨が降り始めました。
ほんとに泊まる場所探さないと・・。


そう、この辺でですね、ちょっと暴走気味のトラックと乗用車が接触をして火花をちらし、乗用車が中央の植木などに思いっきりダイブして、ぺしゃんこになるのを目撃。
そして、トラックは何事も無かったように走り去ったという事故がありました。
乗用車の人は無事だったのかな?
乗用車をバックさせて、安全な位置に動かしていたから多分大丈夫だとは思うんですけど・・・
僕は何にもしないで素通りしました。
今思うと、僕はひどい人。見て見ないふりです。
雨が降っていたからというのもありますが、一番は、他人の出来事に関わりたくないという心理が働いてしまいました。
もしあの場所に残っていたら、携帯を利用していち早く警察に連絡したら、カツ丼が食べれたかも・・・
当事者さんの事情は変わったかもしれません。(保険とか)
・・・あの~もし、当事者さまがここを見ることはないと思いますが、僕は正直あの事故はトラックが悪い。
と思います。
こんな形ですいません。
 


--------------------------------------------------------------------------------

 

2002年5月11日



日付が変わっても雨は降り、歩いたり、こいだりの繰り返しで自転車こいでいると24時間開いているコインランドリーを発見しました。
ちょうど雨宿りにも最適だし、ここで一休みしよう。
そんなわけで、中に入ります。
よかった・・・管理人もお客さんもいない。
テレビがあったので、ちょっとつけてみたらめちゃ×2イケてるやってたんですよ。
山崎邦正さんが、ミリオネア風のコント?に出ていたんですが・・・

そんな時間帯です。
(時間の記憶はないのですが、テレビ山口では、深夜24時30に放送しているようなので、番組改変されていなければたぶんその辺の時間だと思います)
カメラはあったけど椅子に座ってテーブルに頭を乗せてお休み・・・。
・・・暖房は効いているけど、服が濡れているから寒い。
ということで、寝袋出して寝ました。
ZZZ・・・


ふにゃ?
1つ洗濯機が回ってる。
誰かいる?
でも眠い。
そこで、
寝袋からちょこっとだけ顔を出してみる。
・・
「すいません・・・雨は降ってますか?」
とっても眠い声、顔で話かけてみました。
とっても失礼な感じです。僕。
「ん・・止んでるよ。」
「そうですか。。。ありがとうございます」
ちょっと眠いけど雨が止んだということで起きることに。
寝袋をたたんでいると・・。
「何やってるの?」
「あ・・自転車で旅しててそれで雨降ったから雨宿りする場所探したらここ見つけてそれで・・できるだけお金使いたくなくて・・」
「あ、そうなんだ・・。うんホテルに泊まったりしたら雰囲気壊しちゃう。ロマンなんかないよね。」
お~。この人分かってくれてる。
「それで、今日の天気ってわかりますか?」
「たしか午後から雨って言ってたよ。」
そう言ったあとお兄さんは携帯を取り出しました。
「あ、曇りだね。下関の方は晴れるようだよ」

お兄さんやさし~。
「今日で下関までいけますかね?
「うん何とか行けるんじゃない?100kmちょっとだと思うから。」
「そうですか。じゃぁ、夜には着きそうですね。ところで、山口の名産ってなんですか」
「そうだね。特にというのはないけど、ふぐはわりと有名だよ。」
「ふぐですか・・それはちょっと金銭面で難しいです」
こんな会話しながら、自販機でジュースを買って、パンと一緒に朝ごはん。
そして、出発。
お兄さんは僕が見えなくなるまでずっと見送ってくれました。
とっても嬉しかったです。

 


--------------------------------------------------------------------------------

 

2002年5月19日



コインランドリーを出発してすぐに、下り坂が終わり、吉野家を発見したので、朝食を。
ちょっと曖昧なんですが、市松市だったような気がします。
・・・吉野家のページ見て、確認したら市松市だった。
そっか、コインランドリーで寝たときは、もうそんな場所にいたのか・・・。
よく歩いたな~。ほんとに。


そして、バイパスと、ガソリンスタンドだらけだった記憶の国道2号は、市松市→徳山市の街並みに溶け込みます。
そこの国道2号は両サイド歩道が工事中だったと思います。
一応、歩行者、自転車は通れるスペースがあり、走ってOKだったのですが、1km以上工事で、しかもそのためか砂利。
おけつが痛い。

 


--------------------------------------------------------------------------------

 

2002年7月9日



前回は徳山市に入ったところまででしたね。
徳山市に入ってもひたすら西へ、西へと進みます。
tokuyama.jpg

・・・2/22・11:12AM

写真を見ていただければわかると思いますが、歩道も大きく、それなりに車も通っているのですが、のほほんとしている国道2号。
そして、徳山市を抜け出して新南陽市へ。
難なく国道2号を走っていると、かなり自分の目を疑う物が・・・。
「ここから先は徳山市です」
・・・はぁ??だって徳山市ってさっきいたところですぜ。
慌てて方角を確認。
間違ってないよな~。
地図をしっかり見てみると
yamaguchiken.jpg

(マピオンより)
となっているんです。徳山に囲まれているんですね。
さらに、徳山をはさんで新南陽市があるのがわかります。
どうしてこのような形になっているのでしょうか?
行政とかってどうするんでしょうね?謎です。

徳山市を抜けて、今度は防府市に・・。


国道2号と県道58が交わるところ
国道2号のトンネルをくぐるのは危なそうな気がしたので、県道58へ。
そっちの方が、地図上でも近道ですし。
そして、山陽本線の近くを走りながら、途中にあったスーパーでパンと牛乳を購入。
少し自転車こいだ後、腰ぐらいの高さのブロック塀があったのでそこで休憩です。
 


 


--------------------------------------------------------------------------------

 

2002年7月13日


『無題』
たず 2002年2月22日(金)14:1:57

今、山口県の防府というところにつきました。
下関まで76kmらしいです。
あとちょっとで本州脱出。


どこかの標識を見た後に、電気屋さんを見つけてこれを書きこみました。
時間の前後はもう覚えていないのですが、たしかこの後に佐波川を越えて再び国道2号に。
その辺で15:00までのランチサービス終了前にちゃんぽんを食べた記憶があります。
そして、国道2号を走るわけなのですが、歩道の隣にサイクリングロードがありまして、じゃ、せっかくだからサイクリングロード走るか・・。
というわけで、その道を走ります。
山陽本線を渡って畑に囲まれたり、かなりのどかな道を走り気づけば山口市。
そして、どんどん走っていくうちに国道2号とだんだん離れていきます。
う~ん。このままじゃ迷子になっちゃうな。。
そう思いながらサイクリングロードを走っていると、中途半端なところでサイクリングロードが終わり、北へ北へ走って国道2号に戻るのでした。





--------------------------------------------------------------------------------

 

2002年7月14日



国道9号と京都以来の再開します。
国道2号の歩道がなくなり、その隣にあるアップダウンの多いわき道を上りは歩き、下りはスーッと楽に走ります。
yamagutiup.jpg

2002・2/22。16:04
んで、歩道があるときは初めて見るコンビニの写真を撮ったりしました。
convini2.jpg

2002・2/22・16:58
そんな前後で宇部市に突入。
でも気にしないで自転車こいでると、不思議な光が。
aosign.jpg

2002・2/22。17:33
真ん中に青信号とはどういうことなのでしょうか?
というか、「予告信号」って何?
地図だとここの信号だったと思います。
そして、この信号の先、すぐに歩道がなくなり、さらに国道2号の脇を走る道もない。
でも、いままでの経験ではそれでも先にすすめる場合もあったのですが、新幹線とぶつかるところで冗談抜きで危険と感じ断念。
ちょっとバックしたあと、国道2号とさよならする形で、厚東川に沿って南へと自転車をこいでいきました。


 


--------------------------------------------------------------------------------

 

2002年7月15日

 

その道には、噂で聞いたことのある、山口県特有の黄色のガードレールを見物。
yellowgard.jpg

2002・2/22.17:56
前回の写真では白いガードレールが写っていることから、黄色くするには何かしら理由があるんじゃないでしょうか?

地図とコンパスから、この道は宇部駅に向かっているんじゃないかと判断。
それがずばり当たり、山陽本線の線路とぶつかり駅を発見。
いままでの田舎道から一転。
駅前商店街はかなりの人でにぎわっていました。
・・・という印象があります。

それから地図を検討して、県道29を利用して小野田駅に向かい、すぐそばの国道190号を利用して西に行こうと判断。
だけど、どれが県道29かわからず、陽もすっかり暮れて、あまり街灯のない道をコンパスを頼りに西へと進みます。
途中で道に迷子になって気づく。
「ふつうに線路沿いに走ればいいじゃん」
・・そんなわけでなんとか小野田駅に到着。
onodasta.jpg

2002・2/22。18:40
ちょっとゴミを捨てたくて、ゴミ箱を探す。
駅の外を見回してもゴミ箱はないので、駅の中に入ろうとしました。
そうすると当然、自転車を置く場所を探さなくてはいけないのですが、それも見つからず、仕方ないので自転車を押したまま駅構内に侵入。
すぐにゴミ箱を発見したのですが、駅員に
「(怒)自転車のまま駅の中に入らないでください!!」
(しかたないだろボケェ)と言いたくなったのですが、ぐっとこらえて
「すいません」
とあやまり、先へと進んでいくのでありました。
でも、今思うとあの格好だと不審者だもんな~。
怒られて当然かもしれないな。

 


--------------------------------------------------------------------------------

 

2002年7月17日
 

国道190号は車の通りが2号と比べると少なめで、それなりに広い道だったので、たしか?歩道がなくても安全に走ることができました。
いちおう海の側なのですが、かなりの坂道がありのんびり歩いたりしながら、進んでいきました。
そして、国道2号とぶつかり、頑張って自転車こぎます。
ちょっとおなかが減ったということもあり、某ファミレスlへ。
そこで初めて、某ファミレスは朝、全メニュー2割引ということを知りました。
広島県福山市で利用した時はそんなことやってなかったぞ。
ってことはたった2日でそんなキャンペーンが発足したのかな。
ま、いいけど。
もう疲れていたのでのんびり休憩。
何食べたか覚えていないんですが。
1時間くらいボケーっとしながら食事しました。


そして、自転車に乗って、潮の匂いがほのかにすると、すぐそこには下関市。
simonoseki.jpg

2002年2/22。20:43
これを見て、そういえば
「山口県の特産はふぐだよ。」
とコインランドリーで教えてもらったことを思い出しました。
そして、もう本州最後だぁ~と思いました。
・・・っで、市街地まで20kmぐらいという標識があり、
「はぁ、下関ってでかいのね」と思ったり。


下関市に入るとすぐに自転車で国道2号を走ることができなくなり、
お隣の暗い道を頑張ってこぎます。
だけど、その暗い道ですら行き止まり。
ちっちゃな砂利道を走り、国道2号が見えなくなると、山陽本線の踏み切り。
その先に国道491号に出て改めて自転車こぎこぎ。
山陽本線の白い車両に「下関」の字を見たりして感動しながら、再び国道2号へ。
こんどはちゃんと歩道もあり、そして
kyuusyuudou.jpg

2002。2/22。21:45
九州道ももう目の前に。
しかし、うはうは気分で自転車こぐと、
kyuusyuutyari.jpg

2002.2/22.21:46
あれ?道が違うじゃん。
地図を見ると国道2号に橋があるように見えるんだけど、
「こっちは国道2号だぞ?大丈夫かな?」
なんて思いながら、自転車用の道があることを信じてあと6km頑張って自転車こぐことに力を入れる。


 


--------------------------------------------------------------------------------

 

2002年9月15日
 
 

海にたどり着きました。
海の向こうにある明かり・・・九州?
その予測を決定付けた、空に浮かぶ光の道。


関門橋の下に近づいたら、関門トンネル人道入口がありました。
kanmon1.jpg

2/22・22:27
kanmon2.jpg


本州と九州を結ぶところなのに人気がない・・・。
本当にここが九州へ行く道なのかな?

おそるおそる近づいてみます。
え?どういうこと?
kanmon3.jpg

2/22・22:27

シャッター落ちてます。
え、何で?何で?
周りを見渡すと案内が。

AM6:00~PM10:00まで


Nooooooooooooooooo

まじっすか。まじですか。
今22:30ですよ。わたくしにいったい何をしろと言うのですか?


 


--------------------------------------------------------------------------------

 

2002年9月15日
 

下関手前のファミレスでのんびりしてるんじゃなかったー。
と、ひたすら後悔。
どうしようもないので、この旅行の協力者、q(o_n)pに電話をしてみる。
「たずだけど、今ね下関について、九州に行くためのトンネルまでたどり着いたんだけど、入り口閉まってて6時まで動けないんだ。どうしよう。」
「はは、これまで野宿したりしてたんだから何とかなるでしょ。ま、気をつけな」

・・・そうですね。思えば雪降ってる時に野宿したもんね。


さて、8時間も時間があるので、下関を観光でもしようかな。
そんなわけで、下関駅へ行ってみることにしました。
トンネルから駅まで2kmくらい。のんびりこいで駅につきました。
もう、何も感動するわけなく、むなしく感じました。

駅前の交差点の青標識に彦島の文字が。
あ~そういえば、ロンドンブーツ1号2号の淳さんは下関の彦島出身だったっけ?
そんなことを思って彦島いこうかな。
って考えたんですけど、観光よりもとにかく寝たいわけで・・・。
野宿ポイントを探そうとしました。


 


--------------------------------------------------------------------------------

 

2002年9月19日
 

下関駅前は都会チックで、いい具合に眠れそうな場所が見つからない。
というか恐い。怖い。
というわけで、人道トンネルに行く途中で見つけたコインランドリーで寝ようかな?
って考えたんですけど、今から行くのにかなり時間がかかるからあきらめ、海沿いのベンチや、人道トンネルのベンチで寝ようかな?
とも考えたんですけど、名古屋みたいに運良く何もないとは限らないし・・・。
結局、ファミレスを見つけてとにかく粘りながら寝ることに。



「こちらの席へどうぞ~」
お冷をもらって、地図を見て、今後どうするか検討。
名古屋手前から何も書かれていない日記帳を開き、途中で買ったボールペンに今までの総括を書いたりして、注文せずに一時間なんとか過ごしました。

「まだ1時だよ・・・」

飲食店で寝るのはもう何度もやっているのですが、6時間はさすがにやっていないので、いつ追い出されるか不安でいっぱい。
ここでさすがに注文をとることに。
「ミックスベリーのヨーグルトサンデーください」
注文がくるまで寝ました。
「お客さま、起きてください。ご注文の・・・。以上でよろしいでしょうか?」
とりあえず食べながら、あと数時間どうしようか考えました。
ここから出てもしょうがないし、寒いしやっぱりここに6時手前までいるほうがいいな。


ぼーと意識が飛び始めると、店員さんが掃除をやりはじめたんです。
僕の座っている席は、込まない限りお客さんを入れないようにしているようでした。
僕の付近にはだれもお客さんはいないのに、ちょっと離れた場所に5組くらいいて、
そして、僕の座っている席に行くための通路にチェーンをかけていたのでした。
遠まわしに「お前邪魔だから出て行けよ」というジェスチャーだよ。
だけど、それにもめげず、
「お客さん、店内で眠らないでください」
と何度起こされても店内に居残り5時間経過。
「もう5時だし、もしかしたら早めに開くかも」
そして、お金を支払い、また人道トンネルへと行くのでした。


------------------------------------------

この文章は2002年に書いたものです。
続きはこちら


--------------------------------------------------------------------------------------

このブログについて
  • 全記事一覧(時間順)
  • このブログについて
  • 私のプロフィール
  • 当ブログで扱っている動画について
  • 記事違いなコメントのお返事

  • カテゴリー
    twitter
    カレンダー
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    Amazon
    でたらめな当ブログにぴったりな商品を自動で表示するみたいです。



    月別アーカイブ
    プロフィール

    たづみ

    Author:たづみ
    ・1981年生まれの男
    ・もう少し詳細なプロフィールはこちらで

    最新コメント
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    975位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    会社員・OL
    192位
    アクセスランキングを見る>>