R-TYPE TACTICS2プレイ日記一覧

地球連合軍、グランゼーラ革命軍でプレイした日記をまとめておきます。


グランゼーラ革命軍・番外編
番外編ミッションNo.23
番外編ミッションNo.22
番外編ミッションNo.21
番外編ミッションNo.20
番外編ミッションNo.19
番外編ミッションNo.18
番外編ミッションNo.17
番外編ミッションNo.16
番外編ミッションNo.15
番外編ミッションNo.14
番外編ミッションNo.13
番外編ミッションNo.12
番外編ミッションNo.11
番外編ミッションNo.10
番外編ミッションNo.9
番外編ミッションNo.8
番外編ミッションNo.7
番外編ミッションNo.6
番外編ミッションNo.5
番外編ミッションNo.4
番外編ミッションNo.3
番外編ミッションNo.2
番外編ミッションNo.1
番外編ミッションスタート


グランゼーラ革命軍・後編
後編ミッションNo.19
後編ミッションNo.10
後編ミッションNo.4
後編ミッションNo.22
後編ミッションNo.21
後編ミッションNo.20
後編ミッションNo.18
後編ミッションNo.17
後編ミッションNo.16
後編ミッションNo.15
後編ミッションNo.14
後編ミッションNo.13
後編ミッションNo.12
後編ミッションNo.11
後編ミッションNo.9
後編ミッションNo.8
後編ミッションNo.7
後編ミッションNo.6
後編ミッションNo.5
後編ミッションNo.3
後編ミッションNo.2
後編ミッションNo.1
後編ミッションスタート


グランゼーラ革命軍・前編
前編ミッションNo.20
前編ミッションNo.19
前編ミッションNo.23
前編ミッションNo.22
前編ミッションNo.21
前編ミッションNo.18
前編ミッションNo.17
前編ミッションNo.16
前編ミッションNo.15
前編ミッションNo.14
前編ミッションNo.13
前編ミッションNo.12
前編ミッションNo.11
前編ミッションNo.10
前編ミッションNo.9
前編ミッションNo.8
前編ミッションNo.7
前編ミッションNo.6
前編ミッションNo.5
前編ミッションNo.4
前編ミッションNo.3
前編ミッションNo.2
前編ミッションNo.1
前編ミッションスタート


地球連合軍・番外編
番外編ミッションNo.23
番外編ミッションNo.22
番外編ミッションNo.21
番外編ミッションNo.20
番外編ミッションNo.19
番外編ミッションNo.15
番外編ミッションNo.14
番外編ミッションNo.13
番外編ミッションNo.12
番外編ミッションNo.11
番外編ミッションNo.10
番外編ミッションNo.9
番外編ミッションNo.8
番外編ミッションNo.7
番外編ミッションNo.19
番外編ミッションNo.18
番外編ミッションNo.17
番外編ミッションNo.16
番外編ミッションNo.6
番外編ミッションNo.5
番外編ミッションNo.4
番外編ミッションNo.3
番外編ミッションNo.2
番外編ミッションNo.1
番外編ミッションスタート


地球連合軍・後編
後編ミッションNo.18
後編ミッションNo.11
後編ミッションNo.4
後編ミッションNo.22
後編ミッションNo.21
後編ミッションNo.20
後編ミッションNo.19
後編ミッションNo.17
後編ミッションNo.16
後編ミッションNo.15
後編ミッションNo.14
後編ミッションNo.13
後編ミッションNo.12
後編ミッションNo.10
後編ミッションNo.9
後編ミッションNo.8
後編ミッションNo.7
後編ミッションNo.6
後編ミッションNo.5
後編ミッションNo.3
後編ミッションNo.2
後編ミッションNo.1
後編ミッションスタート


地球連合軍・前編
前編ミッションNo.21
前編ミッションNo.18
前編ミッションNo.23
前編ミッションNo.22
前編ミッションNo.20
前編ミッションNo.19
前編ミッションNo.17
前編ミッションNo.16
前編ミッションNo.15
前編ミッションNo.14
前編ミッションNo.13
前編ミッションNo.12
前編ミッションNo.11
前編ミッションNo.10
前編ミッションNo.9
前編ミッションNo.8
前編ミッションNo.7
前編ミッションNo.6
前編ミッションNo.5
前編ミッションNo.4
前編ミッションNo.3
前編ミッションNo.2
前編ミッションNo.1
前編ミッションスタート


プレイ前
オープニングムービー
説明書
購入

--------------------------------------------------------------------------------------

R-TYPE TACTICS2プレイ日記その146

前回のミッションで回収したトレジャーにより、
・B-Blmt2 ベルメイトベルル
・Bwf-1Dγ バイド・システムγ
・Bwf-1C3 アンフィビアン3
・Bwf-1A3 ジギタリウス3
・Bwf-3C2 セクシーダイナマイト2
・Bwf-3A2 ミスティー・レディ2
・Bwf-1B2 マッド・フォレスト2
・B-Gup2 ガウパー2
が開発できるようになりました。

どれも資源がなくて開発できないです。
でも今回は最終ミッションであまりにも難しく、全滅により一度資源を回収してベルメイトベルルを開発することになりそうです。


番外編ミッションNo.23 太陽に身を焦がす
マップサイズ 26*17
攻略ターン数 35ターン以内
恒星の中に進入。そこには今までの敵とは別の「何か」が待っていた。
勝利条件・・・相手の旗艦ユニットを撃墜する
敗北条件・・・自軍の旗艦ユニットが撃墜される


戦慄の死神 たづみの記憶の残滓より
帰結・太陽

我々はこの星系の中心である恒星に接近した。

なぜだか分からないが、ここには我々を待っている存在がいるように感じたのだ。

我々は引き寄せられるまま、恒星の中に突入した。

私が今感じているのは、
 恐怖か?
  期待か?
   それとも・・・?

→はじめる



ベルメイト本体でも踏ん張ってなんとか序盤はしのげました。
しかし、亜空間能力を持つユニットを出撃し忘れ、太陽ノ使者にやられてしまいました。
結局、その後ユニット強化のため資源回収し、ベルメイトベルルを作成。
さささっと進めました。


戦績
ミッション完了ターン 20ターン
撃破したユニット 65機
撃墜されたユニット 0機
プレイヤーの生存率 100%
敵の生存率 0%
SCORE 23500

決まり手
Bhw-Gns2 ゲインズ2陽電子砲型の
携行型陽電子砲による
!!!! 太陽ノ使者の撃破


回収トレジャー
終結の予感
本質と使者


戦慄の死神 たづみの記憶の残滓より
帰結・了


戦いは終わった。


我々は生き残っている。

我々を待っていたのは、光だった。

しかし、それは我々に何ももたらさなかった。

我々は生きている。


我々の悪夢は終わらない。

→そっと目を閉じる・・・そして開く


--------------------------------------------------------------------------------------

R-TYPE TACTICS2プレイ日記その145

前回取得したトレジャーにより
・Bh-Tb03 タブロック3高機動型
が開発できるようになりました。

タブロックって出撃をちょこっとさせてみたけど、活躍しなかったなぁ。。
ミッションは残り二つですね。
足の指を骨折してから怒涛のスピードでプレイしている気がする。


番外編ミッションNo.22 雨上がりの山岳地帯
マップサイズ 25*11
攻略ターン数 30ターン以内
ある星の空を進む。そこには雨上がりの美しい空間があった。しかし目前には敵、敵、敵がいる。
勝利条件・・・相手の旗艦ユニットを撃墜する
敗北条件・・・自軍の旗艦ユニットが撃墜される


戦慄の死神 たづみの記憶の残滓より
雨上がりの森


我々は超攻撃的文明の星にいる。彼らの武装は脅威だが、この星の風景は我々の心に安らぎを与えてくれるような気がしたのだ。

この星の大気が作り出した雲の合間から、この星系の中心である恒星の光が降り注ぎ、大地を照らしている。

我々はいつまでもその様子を見つめていた。

そうしていると、雲間から超攻撃的文明の艦隊が現れた。不本意ながら、その姿に神々しさを感じた。

私は皆に戦闘準備を命じた。

さあ、行こうか。

→はじめる



序盤のエクリプス強化仕様型の大群は、ゲインズ2の波動砲でさっさと倒しました。
後半のスレイプニルの大群によるバルムンクでいくつかユニットが亡くなったけれど、そこは仕方がないですな。


戦績
ミッション完了ターン 20ターン
撃破したユニット 46機
撃墜されたユニット 3機
プレイヤーの生存率 76%
敵の生存率 4%
SCORE 16871

決まり手
F-MST ミスト・フォースの
フォースシュートによる
UFCS-05 ヨルムンダンド級の撃破

回収トレジャー
生命の源


戦慄の死神 たづみの記憶の残滓より
雨上がりの森上空戦勝利


超攻撃的文明の艦隊を撃退した。

勝利を掴んだのは我々だった。敵の強大な艦隊に勝つことができ、私は・・・


ここで選択肢です。
1、誇らしかった
2、虚しかった
3、悲しかった
4、笑いが止まらなかった


地球連合軍でプレイしたときは4番を選んだので、今回は1番を選んでみます。

誇らしかった。我々の勝利は地球人類の勝利だ。それが嬉しかった。

地球へ向かおう。我々の還るべき場所へ・・・。

→出発する


--------------------------------------------------------------------------------------

R-TYPE TACTICS2プレイ日記その144

前回のミッションで取得したトレジャーにより
・Bwf-1A2 ジキタリウス2
・Bwf-1B マッド・フォレスト
・F-IVY アイビー・フォース
が開発できるようになりました。

マッド・フォレストの波動砲って意外と威力があるのですね。
開発しようかなって思ったのですが、資源の関係上・・・。


番外編ミッションNo.21 文明の跡?
マップサイズ 40*11
攻略ターン数 30ターン以内
風化しつつある建造物が立ち並ぶ都市。それはかつて反映を謳歌した者たちの夢の跡か・・・
勝利条件・・・相手の旗艦ユニットを撃墜する
敗北条件・・・自軍の旗艦ユニットが撃墜される

ラスト・ダンサーが押し寄せてくるミッションですね。
亜空間を使ってくるので、ベルメイト本体の亜空間バスターが活躍しそうです。
また、ラスト・ダンサーは亜空間を使っているがゆえの燃料不足により、鹵獲ができる可能性が大きいです。
ですので、亜空間から現れたユニットは積極的に鹵獲していく作戦を取ります。


戦慄の死神 たづみの記憶の残滓より
文明の跡


ある星に降下した。眼下には知的生命が住んでいたであろう都市の廃墟が広がっている。今は誰も住んでいないようだ。何者かに侵略を受けたのだろうか・・・?

そう考えている間に、以前遭遇した超攻撃的文明の艦隊が現れた。どうやらこの星は彼らのテリトリーのようだ。我々を侵略者だとでも思っているのだろう。私は、彼らの圧倒的な武器と排他的な態度を見ていると、彼らが極めて傲慢な存在に思えて仕方がなかった。

戦いが始まる。いいだろう。受けて立とうではないか!

→はじめる



鹵獲がなかなかできなかった。
燃料少ないユニットより、機数が少ないユニットの方が鹵獲しやすいみたいですね。

あと、亜空間バスターはかなり活躍しました。
ベルメイト本体とミッドを前線に出す作戦は成功。
そのわりには撃墜された数が多いのは、ラストダンサー軍団以降に油断してやられたからです。


戦績
ミッション完了ターン 28ターン
撃破したユニット 68機
撃墜されたユニット 8機
プレイヤーの生存率 69%
敵の生存率 2%
SCORE 9569

決まり手
Bwf-1C2 アンフィビアン2の
バイドスピリット砲による
UFBS-AE3 ニヴルヘイム級の撃破

回収トレジャー
・高速起動システム


戦慄の死神 たづみの記憶の残滓より
超攻撃的文明の艦隊を撃退


超攻撃的文明の艦隊を撃退した。我々の勝利だ。

我々の前から超攻撃的文明の艦船はいなくなった。遠巻きに偵察機らしきものが飛んでいる。どうやら、こちらの出方を伺っているようだ。今現在は攻撃の意思が無いとみてよいだろう。

私は今のうちにこの場所を離れることにした。

→出発する


--------------------------------------------------------------------------------------

R-TYPE TACTICS2プレイ日記その143

前回のミッションで取得したトレジャーにより
・B-Mur ムーラ
が開発できるようになりました。
もちろん、開発はしません。


番外編ミッションNo.20 眠らぬ研究所施設跡
マップサイズ 40*11
攻略ターン数 35ターン以内
大昔の研究施設跡を訪れる。ここで一体何の研究をしていたのか?
勝利条件・・・相手の旗艦ユニットを撃墜する
敗北条件・・・自軍の旗艦ユニットが撃墜される


ドプケラちゃんとの対決ミッション。
しっかりジャミングしないとあっさり全滅するミッションですので、気を引き締めたいと思います。


戦慄の死神 たづみの記憶の残滓より
ベストラとメカドプケラ


ある宙域に、遥か昔に放棄されたような、朽ち果てた施設を発見した。

放棄されて長い時間が経っているようだったが、施設を管理制御するシステムは動いていた。どこにも知的生命体の存在は見当たらず、ひっそりとしていて、時が止まっているかのようだ。ただ一つの場所を除いては。

建造物の最深部に、巨大なバイド反応がある。普通に考えればバイドが施設を侵食しているはずだ。だが、私は・・・


ここで選択肢です
1、いや、ここはバイド育成施設だ
2、やはりバイドが施設を侵食している
3、私は判断がつかない


前回は1番を選択しているので、今回は2番を選択します。

やはりバイドがこの施設を侵食していると考えた。バイドの生態から考えれば、最も自然だ。

さらに情報が入った。施設内には以前遭遇した超攻撃的文明のものらしき戦闘兵器がいるとのこと。これもバイドに侵食されているのだろうか?それとも・・・?

いずれにせよ、地球に災いをもたらす可能性はある。巨大バイドを撃破しなければなるまい。

→はじめる



アンチェインドサイレンスを鹵獲するなどして、徹底的にジャミングしたつもりだったのですが、ドプケラのしっぽに触れていたユニットがあったようで、ドプケラ幼体からの砲撃をくらい、部隊が壊滅状態に。
しかも同じことを3回くらいやっちゃったし。

むきーっとなって電源を落としてはやり直しました。

最終的にはやっぱりドプケラ幼体に部隊がほぼ壊滅状態になりましたが、亜空間にいたため逃れたアンフィビアン*2とビーストフォース*2、それと壊滅部隊とは離れていたため助かったゲインズ3、鹵獲したナルキッソス、ミスト・フォースでドプケラをぎりぎり叩くことができました。


戦績
ミッション完了ターン 29ターン
撃破したユニット 39機
撃墜されたユニット 11機
プレイヤーの生存率 38%
敵の生存率 2%
SCORE 12727

決まり手
TL-3N ナルキッソスの
ビームラッシュ・必殺制裁による
B-D.Grd ドプケラドプスの培養炉の撃破

回収トレジャー
・棘状組成

新しいチーム「teamケタ」が配属されました
新しいフォース用デバイス「FC:ジテ」が追加されました


戦慄の死神 たづみの記憶の残滓より
施設内の巨大バイドを撃破


巨大バイドを撃破した。調査の結果、巨大バイドはこの施設によって育成されていたことが分かった。あの戦闘兵器も、バイドに侵食されていなかったようだ。

凶悪なバイドヲ飼い馴らそうというのか・・・?その目的は、「戦うため」であるに違いない。私はバイドよりも、戦いへの際限の無い貪欲な追求心を持った知的生命体が存在することの方が恐ろしかった。

バイドをも利用する文明だ。地球人類を戦いのために支配・利用しようという発想は当然考えられる・・・。

私は育成されていた巨大バイドの姿を思い出すと、他人事のように思えなかった。

→出発する


--------------------------------------------------------------------------------------

このブログについて
  • 全記事一覧(時間順)
  • このブログについて
  • 私のプロフィール
  • 当ブログで扱っている動画について
  • 記事違いなコメントのお返事

  • カテゴリー
    twitter
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    Amazon
    でたらめな当ブログにぴったりな商品を自動で表示するみたいです。



    月別アーカイブ
    プロフィール

    たづみ

    Author:たづみ
    ・1981年生まれの男
    ・もう少し詳細なプロフィールはこちらで

    最新コメント
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    1120位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    会社員・OL
    239位
    アクセスランキングを見る>>